医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

義足の理学療法士福辺節子さんの笑顔義足の理学療法士福辺節子さんの笑顔

第2回はじめての職場での気づき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

私が理学療法士になった頃は、介護保険はもちろん、地域で障がい者や高齢者を支えようという発想などはまったくない時代でした。
「プラトーに達した対象者は早く退院させて理学療法から卒業してもらいなさい」「維持期の対象者はよくならない。変化がないし、理学療法をする必要はない」教師からそのように習うのですから、教育においても、地域リハビリテーションや維持期の対象者に対するアプローチの授業などはもちろん皆無でした。

全国の理学療法士を集めても1万人いない時代に、維持期の対象者をみようというセラピストはほぼいませんでしたが、私は「維持期の対象者も変化できるに違いない」と思っていました。むしろ、誰がみてもよくなっていく回復期よりは維持期のほうがやりがいがある、と思ったのです。

そこで私は就職先として、ある自治体が運営している障がい者向けの通所リハビリテーション施設を選びました。対象は子どもから高齢者まで。小児の理学療法にも興味をもっていた私には格好の職場でした。その施設で働いた7年の間に私はいくつかのことを学びました。


まず、新人PTの私にとっての最初のショックは、「私たちセラピストは病院で何をやっていたのだろう!?」ということでした。
私が担当し始めた対象者さんたちは、歩くことはできても寝返りや起き上がり、移乗動作が一人でできないのです。そのために更衣や入浴、トイレ動作も困難になり、ご家族は毎回大変な思いで介護をしていました。

対象者さんたちが入院している間にPTやOTが基本動作の練習やADL指導をし、寝返り、起き上がり、トイレや入浴も家庭でできるようになって退院してもらったはずなのに、数年の間にできなくなってしまって多くの方が寝たきり状態になっているのです。
どうしてなのでしょうか? 家庭ではこれらの動作やADLをご家族に手伝ってもらえるため、対象者さんが自分ではやらなくなってしまったからです。

子どもたちのほうはもっと深刻でした。
私が担当していた小学校高学年や、中学、高校卒業後の子どもたちは、変形や拘縮によって、立位や座位だけでなく摂食や呼吸も難しくなっていました。「小学校低学年のときは歩けていたのにねえ」と、子どもたちを連れてくるお母さん方は嘆きました。
セラピストが小児の施設で子どもたちや、そのご家族に対して行ってきたセラピー・家族指導には、いったいどんな意味があったのでしょう。セラピストは自分が担当した子どもたちが、このような未来を迎えたことを知っているのでしょうか。

私は「リハビリテーションとは何なのだろう」と考え始めました。セラピストが理学療法や作業療法を行う意味も考え直しました。このとき初めて、意味など考えたこともなかったことに気づいたと言ってもいいかもしれません。

生まれたときから障がいを持ち、将来自分で自立した生活はもちろん、座位や立位も困難な子どもたちに、私たちは何のためにリハをするのでしょう。
施設に入所して、家に戻りたくても戻れないお年寄りに、何を目的にして自力でトイレに行く練習をしてもらうのでしょう。
練習すれば自分で歩けるようになる認知症のお年寄りのご家族から「転んだら困るので、もう歩かせないでほしい」と言われたら、セラピストとして私は何と答えればよいのでしょう。

もし、皆さんのなかに今の自分の仕事に疑問を感じていたり、やりがいを感じられなくなったりしている人がいたら、もう一度「リハビリテーションとは何か」「私たちが対象者に訓練を受けてもらう意味」「何故、自立したりADLを上げていくことが必要なのか」を根本から考えてみてほしいと思います。すぐに教科書や本の答えを探すのではなく、自分の考えを底の底まで掘り下げ、本音で納得できる一人ひとりの答えを出してみてください。

「リハビリテーション」「障がい」「自由・自立」――これらについて自分自身の答えを見出せたとき、セラピストとしてぶれない軸をもてるようになります。そしてこの仕事のやりがいや楽しさ面白さに気づけるはずです。

福辺 節子

福辺 節子 (ふくべ せつこ)

理学療法士・医科学修士・介護支援専門員
一般社会法人白新会 Natural being代表理事
新潟医療福祉大学 非常勤講師
八尾市立障害者総合福祉センター 理事
厚生労働省老健局 参与(介護ロボット開発・普及担当)
一般社団法人 ヘルスケア人材教育協会 理事

大学在学中に事故により左下肢を切断、義足となる。その後、理学療法士の資格を取り、92年よりフリーの理学療法士として地域リハ活動をスタート。「障がいのために訓練や介助がやりにくいと思ったことは一度もない。介護に力は必要ない」が持論。現在、看護・介護・医療職などの専門職に加え、家族など一般の人も対象とした「もう一歩踏み出すための介助セミナー」を各地で開催。講習会・講演会のほか、施設や家庭での介助・リハビリテーション指導も行っている。

<著書>
イラスト・写真でよくわかる 力の要らない介助術/ナツメ社(2020)
生きる力を引き出す!福辺流 奇跡の介助/海竜社(2020)
マンガでわかる 無理をしない介護/誠文堂新光社(2019)
福辺流力と意欲を引き出す介助術/中央法規出版(2017)


    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

コラム 記事一覧

人気ランキング

おすすめ

TOPへ