医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

キャリア

現役PTコラム

急性期セラピストの「やりがい」と「今後」とは?

皆さんはじめまして。理学療法士の吉倉孝則と申します。 私は急性期病院で理学療法士として働いています。これか...

スキルアップ

リハビリに取り入れたい舌筋トレーニング! 手軽に使える「あいうべ体操」とは

高齢の患者さんに特に多い口呼吸。これは舌筋低下による影響が考えられます。口呼吸は免疫低下につながるため、予...

コミュニケーション

セラピストとして身につけておきたい「おもてなし」の技術とは

対人サービス業のひとつでもある医療現場。患者さんがいつも心地よく過ごせるよう心がけたいものです。そこで身に...

コミュニケーション

リハビリにエンターテイメントを。作業療法士が取り入れる「ゲーム」とは?

患者さんの生活を向上させるため、さまざまな取り組みが行われる作業療法。患者さんがリハビリへの意欲を高められ...

スキルアップ

その姿勢で大丈夫? 理学療法士による摂食・嚥下時のポジショニング介入

高齢化が進むにつれ、摂食・嚥下障害を抱える患者さんが増えています。加齢による歯の欠損や舌の運動機能・咀嚼能...

お役立ち

自己管理は基本中の基本! 説得力のあるセラピストであるために

リハビリの現場では、セラピストが患者さんのお手本。患者さんのリハビリを行うにあたって、セラピスト自身が生活...

スキルアップ

腎臓リハビリテーションとは?(後編) 人工透析患者さんへの運動療法を考える

腎臓リハビリテーション(以下、腎臓リハビリ)は腎不全の患者さんに対して、運動療法、教育、食事療法、精神的ケ...

スキルアップ

腎臓リハビリテーションとは?(前編) 腎疾患の患者さんへ、運動時の注意と必要性

運動器や脳血管疾患、呼吸器や心大血管疾患のリハビリテーションはよく知られていますが、近年注目されはじめてい...

スキルアップ

患者さんへの質問でわかる! 問診で機能診断をする方法

リハビリは1単位20分。限られた時間のなかでも評価の時間はできるだけ短くして、リハビリを長く行いたいもの。実際...

スキルアップ

芸術の秋! 作業療法士だからこそできる絵画療法を取り入れよう

芸術の秋。いつものリハビリに、アートを使ったプラスαの楽しみ方を取り入れてみてはいかがでしょうか。芸術といっ...

スキルアップ

患者さんに価値あるリハビリを! 「生活行為向上マネジメント」を活用しよう

近年、認知度が高まりつつある「生活行為向上マネジメント」。一般の人や患者さんに向けて、作業療法士が進める支...

スキルアップ

リハビリで即実践! 骨盤底筋運動療法による尿失禁へのアプローチ

加齢や肥満、出産などの影響で起こりやすくなる尿失禁。くしゃみや咳をしたり、物を持ち上げたりして力んだときな...

スキルアップ

緩和ケアにどう活かす? 補完代替療法の意義とは

がん治療に伴う身体的、精神的な苦痛を和らげる緩和ケアにおいて、補完代替療法は治療を補完するものとして認知さ...

お役立ち

さまざまな場で活躍! 言語聴覚士の1日に密着

言語聴覚士がかかわる患者さんの対象年齢は幅広く、活躍の場も医療から介護、福祉、教育分野など多岐にわたります...

スキルアップ

理学療法士として知っておきたい「天気痛」のメカニズムと対処法

理学療法を受ける患者さんのなかには、その日によって体調が変わる人も少なくありません。外部からさまざまな影響...

スキルアップ

車椅子座位のずれを防ぐ! 理学療法士なら身につけたいシーティングのコツ

臨床の現場でよく目にする、車椅子に座った患者さん。そのなかに、骨盤が後方へ倒れ、臀部が前方へ滑った、いわゆ...

コミュニケーション

中堅理学療法士だから気になる……職場で円滑な人間関係を築くには?

理学療法士のニーズが広がるなか、同じ施設内に有資格者が複数在籍している職場も増えてきました。同じ理学療法士...

スキルアップ

ぬいぐるみでコミュニケーション力アップ! 作業療法にぬいぐるみを使う効果とは

作業療法の領域は、身体障害だけでなく、精神疾患や発達障害など多岐にわたります。担当する患者さんに作業内容を...

スキルアップ

理学療法士だからこそ磨いておきたい「伝える力」

理学療法士が対象とする患者さんは、さまざまな疾患を抱えています。個別の症状を考慮したうえで、会話を進めなけ...

スキルアップ

夏の屋外歩行訓練はNG? やるべきリハビリを安全に進めるために

実用歩行を獲得するために行いたい屋外歩行訓練。とはいえ、夏の日差しのなかで、本当に実施すべきか悩んでしまう...

トップへ戻る

TOPへ