医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

キャリア

国試過去問ドリル

記憶障害の原因に応じたリハビリ方法とは?

はじめまして。東京都言語聴覚士会所属の新井慎です。大学卒業後、回復期病院を経て、現在は訪問看護ステーション...

現役PTコラム

2020年 東京オリンピック・パラリンピックがやってくる(3)

いよいよ2年後に開催される東京オリンピック・パラリンピック! 前回は、リハビリセラピストの方にも、「障害者ス...

介助術コラム

理学療法士として、効果につなげる評価をしよう

前回の「セラピストの評価の効率的な進め方」では、以下の2つが重要なポイントであることをお伝えしました。 1.対...

国試過去問ドリル

心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)の基本ケアと作業療法

心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)、いわゆるPTSD。生死にかかわるような強い恐怖感が記...

現役PTコラム

2020年 東京オリンピック・パラリンピックがやってくる(2)

いよいよ2年後に開催される東京オリンピック・パラリンピック! 前回は、リハビリセラピストとして東京オリンピッ...

コミュニケーション

訪問リハビリ前に身に付けておきたい、フィジカルアセスメントとは?

地域包括ケアの一環として、ますます需要が高まる訪問リハビリ。作業療法においても、今後ますます自宅や地域への...

国試過去問ドリル

医療・介護・リハビリでの検査・測定データの読み方~尤度比とは

臨床では、診断のためにいろいろな検査・測定が行われ、そのデータがカットオフ値(病態識別値)に対して陽性か陰...

現役PTコラム

2020年 東京オリンピック・パラリンピックがやってくる(1)

いよいよ2年後に開催される東京オリンピック・パラリンピック! 楽しみにしているリハビリセラピストの方も多いの...

スキルアップ

理学療法士の求人は飽和状態!? 培った知識と技術を活かせる転職について

以前には、引く手あまたであった理学療法士の就職先。しかし、資格保有者数は増加の一途を辿り、医療機関での求人...

コミュニケーション

多職種と連携強化を! 職種別、上手なつき合い方とは

患者さんの日常生活動作(ADL)の向上や早期退院には、リハビリ時間以外の関わり方がとても重要です。患者さんを共...

現役PTコラム

地域包括ケアってなんだ?(9)まとめ

第17回から8回にわたり「地域包括ケアってなんだ?」について書いてきました。今回はその全体を振り返りながら、ま...

国試過去問ドリル

NG法?PEG?OE法? 知っておきたい嚥下障害における栄養管理

こんにちは、東京都言語聴覚士会の近藤晴彦です。養成校を卒業後、回復期リハビリテーション病院に十数年ほど勤務...

介助術コラム

PT・OT ~セラピストの評価の効率的な進め方

セラピストにまず要求される能力は、評価であるといえます。評価とは、対象者が「どんな人なのか」「どのような援...

現役PTコラム

地域包括ケアってなんだ?(8)平成30年度介護報酬改定からみえるセラピストの役割(後編)

前回、平成30年度介護報酬改定では、自立支援を強化させるような内容が多く、その中で「生活機能向上連携加算」に...

現役PTコラム

地域包括ケアってなんだ?(7)平成30年度介護報酬改定からみえるセラピストの役割(前編)

前回まで平成30年度診療報酬改定について述べてきましたが、以前にも書いたように平成30年度は診療報酬改定と介護...

国試過去問ドリル

パーキンソン、筋萎縮性側索硬化症…疾患に合った作業療法を選択しよう

なぜこの作業を行うのか。この作業がどんな結果をもたらし、将来の生活にどうつながっていくのか。私たち作業療法...

現役PTコラム

地域包括ケアってなんだ?(6)平成30年度診療報酬改定からみえるセラピストの役割(後編)

前回は、診療報酬の構造と、主に急性期の入院料についてお話しました。 今回は回復期について見てみましょう。   ...

スキルアップ

年々増加中!「起業」している理学療法士

理学療法士が、「医療」の現場で働いている中で「転職」を考え始めたとき、同じような臨床現場で再就職先を考える...

お役立ち

ガチガチに固まった筋肉をやわらげる! 4-7-8呼吸法とは

関節可動域の改善を目指してリハビリを行いたくても、体の痛みや、慣れない入院生活のストレスが原因で、患者さん...

国試過去問ドリル

フレイル早期発見のポイントと介入の方法

日本はすでに高齢社会になっており、内閣府の「高齢社会白書(平成29年度版)」によると、平成28年10月1日現在、6...

トップへ戻る

人気ランキング

おすすめ

TOPへ