リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

マイナビコメディカルコンテンツサイト セラピストプラス

スキルアップ

スキルアップ
今すぐ実践可能 変形性膝関節症 TKA術後のリハビリ
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 病院に勤務する理学療法士は、手術前後の...

スキルアップ
セラピスト500人に聞きました
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が職場や仕事に不満を感じるとき
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 医療機関に従事し、誇りを持って毎日を過...

スキルアップ
今すぐ実践可能 変形性膝関節症のリハビリ
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 理学療法士が担当する患者さんの症状は多...

スキルアップ
理学療法士として働く女性の現状・割合と転職の進め方
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人   地域医療連繋団体.Needs 代表理事 近年、養成校の増加に伴...

スキルアップ
今、理学療法士が起業し地域活動するために必要なこと (2)
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 私は福岡県で理学療法士として活動、臨床...

スキルアップ
今、理学療法士が起業し地域活動するために必要なこと (1)
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 リハビリテーション専門職と呼ばれる理学...

スキルアップ
理学療法士の求人は飽和状態!? 培った知識と技術を活かせる転職について
以前には、引く手あまたであった理学療法士の就職先。しかし、資格保有者数は増加の一途を辿り、医療機関での求人...

スキルアップ
年々増加中!「起業」している理学療法士
理学療法士が、「医療」の現場で働いている中で「転職」を考え始めたとき、同じような臨床現場で再就職先を考える...

スキルアップ
フレイル予防のカギはここにあり! 「柏スタディー」の大規模研究をさぐる
「フレイル」とは、日本老年医学会が提唱する高齢者の「虚弱」について表す言葉。「虚弱・弱さ」を意味する「frail...

スキルアップ
言語障害をもつ子どもへの理想的なリハビリとは?
子どものリハビリは、人格形成にもつながる大切なアプローチ。とはいえ、子どもがリハビリを嫌がることもあり、悩...

スキルアップ
リハビリ拒否!? 意欲が低下した患者さんへの効果的なアプローチについて
患者さんをベッドサイドへ迎えに行ったものの、リハビリを断られた経験はありませんか? どんなに優秀なセラピス...

スキルアップ
関節拘縮は防げる! 明日から使える「効果的な予防法」とは?
疾患や意識レベルの低下など、さまざまな要因から自己による体動が困難となり、発生する関節の拘縮(こうしゅく)...

スキルアップ
患者さんのQOL向上に働きかける「化粧療法」のススメ
認知症や高齢となった女性の患者さんは、身だしなみを整えることができない人も少なくありません。身なりから自信...

スキルアップ
推定患者数は200万人! 全身に強い痛みが起こる線維筋痛症とは?
「線維筋痛症」という疾患をご存知でしょうか。全身に強い痛みが起こるにもかかわらず、はっきりとした病因が不明...

スキルアップ
大腿骨頚部骨折への手術方法の違いによるリスク、注意点とは?
理学療法士として担当する症例のなかでも、よく目にするもののひとつが「大腿骨頚部骨折(だいたいこつけいぶこっ...

スキルアップ
なぜリハがうまくいかないの? 患者さんとの関係が見えてくる“ゲーム分析”
どんな患者さんであっても、自身が治療の担当となれば最善を尽くすのがプロの仕事。しかし場合によっては、どうし...

スキルアップ
ポジショニングで褥瘡予防! 体位別アプローチのコツ
どんなに注意していたつもりでも、慢性化しやすい「褥瘡(じょくそう)」。患者さんの基礎疾患と合わせて、さらな...

スキルアップ
セラピストに広まる新しい働き方! 「パラレルキャリア」ってなに?
セラピストとしてキャリアアップを目指すなら、働き方を見直してみるのもひとつの手。なかでもおすすめしたいのが...

スキルアップ
心因性嚥下障害を通してさぐる、言語聴覚士ができる心のケアとは?
嚥下がうまくいかない患者さんの多くには、機能的な障害があります。しかし、一部の患者さんは、不安や恐怖などの...

スキルアップ
どんな場面で活用する? 精神科作業療法に取り入れたい「歌」
合唱やカラオケなど、作業療法のひとつとして活用される「歌」。多くの効果を考えると精神科の患者さんにもぴった...

トップへ戻る

TOPへ