医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

スキルアップ

スキルアップ

理学療法士・作業療法士の転職に生かせるスキル・資格とは?

文:田口 昇平(作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級) 理学療法士・作業療法士のなかにはスキルアップしたい...

スキルアップ

「今すぐ実践可能なリハビリ」〜呼吸器疾患編〜

実践リハビリシリーズです。前回までは急性期から回復期などの脳疾患に対するリハビリテーションでした。今回のテ...

スキルアップ

今すぐ実践可能なリハビリ〜脳疾患編〜 小脳梗塞

今すぐ実践で使えるリハビリのポイントシリーズ。前回までは、脳梗塞編として急性期と回復期に対するリハビリテー...

スキルアップ

作業療法士の転職入門 ~作業療法士を辞めたい時に考えること~

作業療法士を辞めたいと思うことがあるかもしれません。しかし、職種を変えてしまうような転職は、キャリアパスに...

スキルアップ

今すぐ実践可能なリハビリ〜脳疾患編〜 急性期 脳梗塞

今すぐ実践で使えるリハビリのポイントを紹介します。今回は脳疾患に対する急性期のリハビリについてまとめました...

スキルアップ

今すぐ実践可能なリハビリ〜整形外科編〜 腰部疾患 脊柱管狭窄症

今すぐ実践に使えるリハビリのポイントをご紹介。今回は整形外科分野で対応することの多い腰部疾患の「脊柱管狭窄...

スキルアップ

作業療法士の転職入門 ~面接・服装編~

作業療法士の転職を成功させるために。「施設見学編」「志望動機・書類作成編」に続く第3弾。準備、志望動機や転職...

スキルアップ

作業療法士の転職入門 ~書類・志望動機~

転職の際に必ず聞かれる志望動機。作業療法士の転職においても重要です。作業療法士の志望動機について、抑えるべ...

スキルアップ

理学療法士の仕事:地域のデイサービス等での働き方とは

理学療法士による地域での活動とは?理学療法士でNPO法人 地域医療連携繫団体.Needs 代表理事の伊東さんが解説。地...

スキルアップ

病院で理学療法士が勉強会を開催するための7つのポイント。
根回し・必要事項とは

学び続けて成長が必要な理学療法士。スタッフや管理者のスキルアップのためには勉強会やセミナーが最適です。今回...

スキルアップ

理学療法士になるには?方法、受験資格、大学と専門学校の違いと費用

理学療法士になるには国家資格を取得する必要があります。学生・社会人から目指す3つの方法、大学と専門学校の違い...

スキルアップ

今すぐ実践可能 腰部疾患 ヘルニアのリハビリ

整形外科で良く見かける腰部疾患。腰椎椎間板ヘルニアのリハビリについて理学療法士・NPO団体理事伊東浩樹さんが解...

スキルアップ

理学療法士におすすめの副業8選!収入とやりがいがアップする働き方とは?

働き方改革で理学療法士も副業がしやすくなってきました。ではどんな副業だと本業と両立しながら年収がアップした...

スキルアップ

今すぐ実践可能 THA術後のリハビリ(変形性股関節症)

今回は、全人工股関節置換術とは何か、変形性股関節症のTHA(全人工股関節置換術)手術後のリハビリについて、運動...

スキルアップ

今すぐ実践可能 変形性股関節症のリハビリ

前回お伝えした変形性膝関節症同様に、リハビリ介入が多いのが変形性股関節症です。変形性股関節症とは何か、理学...

スキルアップ

作業療法士の転職入門 ~見ているつもりが見られている!施設見学~

作業療法部門の役職者を務めた筆者が人事担当者の視点から、転職に成功するセラピストの特徴を解説。今回は「求職...

スキルアップ

転職に成功する理学療法士の特徴4つとそれより大事な基本とは

転職に成功しやすい理学療法士の4つの特徴と、それのベースとして必要不可欠な資質について解説します。専門性があ...

スキルアップ

今すぐ実践可能 変形性膝関節症 TKA術後のリハビリ

文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 病院に勤務する理学療法士は、手術前後の...

スキルアップ

セラピスト500人に聞きました
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が職場や仕事に不満を感じるとき

文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 医療機関に従事し、誇りを持って毎日を過...

スキルアップ

今すぐ実践可能 変形性膝関節症のリハビリ

文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 理学療法士が担当する患者さんの症状は多...

トップへ戻る

人気ランキング

おすすめ

TOPへ