医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

第60回病院見学の髪型・服装マナーは?スーツ・靴・持ち物にも注意

公開日:2021.10.14 更新日:2021.10.15

文:村尾 孝子
薬剤師/医療接遇コミュニケーションコンサルタント

前回まで「病院見学の申し込みマナー」「病院見学のお礼状のマナー」「病院見学後に送るお礼メールのマナー」と続けてご紹介しました。今回は「病院見学に行く際の服装マナー」について考えてみます。

病院見学(施設見学)が決まったら、直前に慌てることがないように、見学当日の服装マナーや持ち物について早めに確認しておきましょう。申し込みの際、担当者から服装や持ち物の指示がない場合は、あらかじめ問い合わせておくことをおすすめします。

病院見学の服装はスーツ着用が基本

「面接ではないし、病院見学だからラフな服装で大丈夫だろう」と思う人がいるかもしれませんね。しかし、病院見学では面接と同じように、担当者が見学者のことをよく見ています。「どうせ見学だけだから…」などと油断することがないように気を付けましょう。

病院見学(施設見学)の服装マナー

病院見学の際の服装は面接時と同様、スーツ着用が基本です。見学申し込み時にスーツ着用を指示された場合はもちろんですが、「私服でお越しください」「見学にふさわしい格好でお越しください」などの指示がある場合も、具体的な服装の指示がない場合も、スーツを着用するのが無難でしょう。

ラフや派手な服装はNG!スーツを持ってないときはジャケットで

スーツを持っていない場合は、紺やダークグレー、黒のジャケットに、パンツやスカートを着用するといいでしょう。私服可だからとラフなTシャツやデニム、ミニスカートや派手な服装を選ぶのはNG。

インナーを選ぶときのポイント

どんな色のジャケットにも合い、清潔感があって顔色を明るく見せる白がいいでしょう。

秋冬にコートを着用するときのポイント

コートを着る場合は、スーツに合うものを選びましょう。黒・グレー・ネイビー・ベージュのトレンチコートなどがおすすめです。

スーツやジャケットなど、着用するものは前日までに確認を

また、体型とスーツのサイズが合っていないとだらしなく見えますから、久しぶりに着るスーツの場合などは、事前に試着してフィット感を確認しましょう。

担当者はTPOやマナーをわきまえているかを見ていますし、医療現場では清潔感が第一です。「スーツやシャツにシワや汚れがある」「髪型が寝ぐせで乱れている」「目の下にクマがある」「汗やたばこのにおいがする」などはNGです。出かける前に自身の姿を確認する余裕を持ちましょう。

また、病院見学では服装だけでなく、靴にも注意が必要です。

病院見学では歩いても音が出ない靴を選ぼう

院内を歩きまわるので疲れにくい靴を履くのはもちろんのこと、歩く際に音が出ない靴を選びましょう。パンプスを履く場合、歩行時にコツコツとヒールの音が出ないものを選びます。

靴底がゴム素材などのナースシューズや白系のスニーカーであれば安心です。

病院見学(施設見学)に適した靴は白いスニーカー

あらかじめ上記のような靴を履いて行くか、院内を見学する前に持参した靴に履き替えるといいでしょう。

髪型は清潔感を意識して

髪型は、髪が目や眉にできるだけかからないようにピンなどで留め、長い髪はまとめます。清潔感と健康感のある薄めの化粧を施し、爪を短く整えます。マニキュアやネイル、長い爪はNGです。

病院見学(施設見学)に適した髪型のイラスト

アクセサリー類は基本的に着けません。香水やたばこの匂いもNGです。

病院見学で必要なものは?当日の持ち物リスト

事前に病院から持参するものを指定されることがあります。あらかじめホームページ等を確認したうえで分からないことがあれば、担当者に確認するといいでしょう。特に指定が無い場合、準備するといいものを以下にまとめます。

病院見学(施設見学)当日の持ち物リスト

A4サイズの書類が入る自立できるカバン

黒や茶色のA4サイズの書類を折らずに収納できるものを用意します。最近はスーツにリュックという通勤スタイルが当たり前のようになっていますが、病院見学ではリュックはカジュアルすぎるため、ビジネスバッグを用意するのが無難でしょう。

メモ帳・筆記用具

見学中は院内を移動しながら説明を受けるため、ポケットに入るサイズで出し入れしやすいメモ帳を用意します。筆記具は書面にサインする場合に備えて、黒インクのボールペンがいいでしょう。

白いマスク

院内感染予防のため、マスク着用が必須の病院は少なくありません。清潔感のある白いマスクを忘れずに持参しましょう。

病院見学に必要なものは前日までに確認しておき、当日の朝は時間に余裕をもって落ち着いて出発できるよう準備することが大切です。万全の準備を整え、病院見学の機会を有効に活用してほしいと思います。

>>【全国どこでも電話・メール・WEB相談OK】セラピストの無料転職サポートに申し込む

関連記事

>>【例文付き】病院見学の流れと申し込みのマナー(電話/メール)
>>【例文あり】病院見学(施設見学)のお礼状・封筒の書き方とマナー
>>【例文あり】病院見学後に送るお礼メールのマナー

▶▶理学療法士(PT)の転職における事前見学のポイント|マイナビコメディカル

村尾 孝子(むらお たかこ)

薬剤師、医療接遇コミュニケーションコンサルタント。
株式会社スマイル・ガーデン代表取締役。
薬剤師として総合病院薬剤部、漢方調剤薬局、調剤薬局で20年以上にわたり調剤、患者応対を経験。管理薬剤師として社員の人材育成に注力する。
現在は医療現場経験を活かし、医療接遇コミュニケーションコンサルタントとして活躍中。

マイナビ薬剤師・連載コラムが書籍化された、
「患者さん対応のプロをめざす! 『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」が
2017年7月19日 同文舘出版より発売。

株式会社スマイル・ガーデン : https://smile-garden.jp/
ブログ「いつもワクワク Always Smiling!」: https://smilegrdn.exblog.jp/


    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

他の記事も読む

おすすめ

TOPへ