医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

休みは自宅でゆっくりと リラックスできる過ごし方3選

公開日:2015.09.14 更新日:2015.09.29

人に接する機会の多いセラピストにとって、休暇は自分のために使える貴重な時間。お出かけもいいけれど、自宅でゆったりとしたお休みを過ごしませんか? 今回は、お休みの過ごし方として、自宅でできるリラックス法を紹介します。

自由に過ごしてリフレッシュ! 自宅でゆっくりと

セラピストの仕事は神経を使うもの。患者さんをサポートする毎日に疲れてしまうときもありますよね。気分転換のためにも、休暇はリラックスして過ごしましょう! フリーになれる充電期間を有効に過ごすことで、連休明けには最高の笑顔で患者さんと向き合えるはずです。
連休を自宅で過ごしていると、外に出かけないともったいないような気分になるかもしれません。しかし実は、さまざまなアンケート結果によると、休暇の過ごし方は「自宅でゆっくり」という人がもっとも多いのだとか。前向きな気持ちで自宅にこもり、楽しく過ごしましょう!

おしゃれなカフェ風パンケーキを作ろう

出勤前の朝食はササッと済ませてしまいがち。連休中は朝食にも少し手をかけてカフェ風パンケーキを作ってみましょう。市販のホットケーキミックスを使えば、簡単にできます。パッケージに記載された作り方に従ってパンケーキを焼き上げたら、たっぷりとココナッツオイルとハチミツをかけるだけ。
ココナッツオイルは、エネルギー効率がよく太りにくいといわれる中鎖脂肪酸や抗酸化作用が期待できるビタミンEを豊富に含んでいます。カットしたイチゴやバナナ、ブルーベリーなどを添えれば、彩りも美しく仕上がります。

青春時代の思い出の曲や映画に浸る

時間がたっぷりあるときは、懐かしい思い出に浸ってみるのもおすすめです。青春時代の甘酸っぱい感情が湧き出るような映画やドラマ、音楽は、何年経っても色あせないもの。心の琴線に触れた作品を探し出し、その世界に浸ってみましょう。

2000年代

サザンオールスターズの『TSUNAMI』、福山雅治さんの『桜坂』など大ヒット曲が誕生した時代。映画では『世界の中心で、愛をさけぶ』や『いま、会いにゆきます』などのラブストーリーが人気でした。テレビドラマでは、『HERO』『ビューティフルライフ』など、木村拓哉さんの主演作品が高視聴率を連発。世界的名作となった『ハリー・ポッター』シリーズも2000年代に映画化されています。

1990年代

globeや華原朋美さんなど小室哲哉さんプロデュースの楽曲が連続してミリオンヒットとなった時代。邦画では『もののけ姫』『おもひでぽろぽろ』などのスタジオジブリ作品がトップを飾り、洋画では『タイタニック』『アルマゲドン』のような大作が公開されています。テレビドラマでは『高校教師』『家なき子』『ずっとあなたが好きだった』などの作品が話題になりました。

1980年代

「花の82年組」と呼ばれるスーパーアイドルが続々と輩出されたアイドル黄金期。中森明菜さんや松田聖子さん、チェッカーズなどの楽曲がランキング上位を独占していました。洋画では今も語り継がれる人気作の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『E.T.』、邦画では『南極物語』などがヒット。テレビドラマでは『3年B組金八先生』シリーズ、『積木くずし』などが高視聴率を獲得しました。

ホームエステや筋トレで自分磨き

忙しい毎日のなかで、美容の時間を確保するのは大変。連休だからこそたっぷりと時間をかけて、スキンケアやマッサージに励んでみてはいかが? いつもよりワンランク上の基礎化粧品を購入したり、美顔器を用意したりしてもいいですね。見た目を磨くことで、心にもゆとりが持てるようになるでしょう。つい食が進みやすくなる休日は、自主的に筋トレを行って、すっきりと体を引き締めるのもおすすめ。自宅でゆっくりと過ごすなかに、自分を磨く時間をつくってポジティブな気分で過ごしましょう。

時間を有効に使ってお盆を充実させよう

連休はあっという間に終わるもの。ゆっくりと過ごすことは大切ですが、ダラダラと過ごしていては後悔することも。日頃の疲れを癒しながらも、そのなかに楽しみを見出すことで、自宅でも充実した休暇を過ごすことができます。今回紹介した過ごし方もぜひ取り入れてみてくださいね。

 

【参考URL】

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

他の記事も読む

おすすめ

TOPへ