医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

思わす笑える コミックあるあるセラピスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

医療介護の現場では、常に凛としていたいセラピスト。でもやっぱりみんなあるんです。
謎の習性、患者さん、叫びたくなる失敗談! びっくりも失敗も、まとめてみんなで笑ってなごんで明日に備えましょう。

セラピストあるある15

絵:ひぐらしカンナ

患者さんがムササビに!

退院されて、自宅に戻られた患者さん。当院ではその後の様子を見るため、患者さんの自宅を理学療法士が訪れます。やっと杖を使って歩けるようになり、通院となった患者さんのお宅に伺いました。
台所兼お居間のテーブルで向かい合わせに座っていた所、患者さんがやおら立ち上がり、杖を置いたまま「書類持ってくるわね」と歩いていこうとします。また転んで骨折したら大変と焦った私は「Aさん、杖を、杖を忘れてます!!」と慌てて杖を持って追いかけようとしました。
しかしAさんはテーブルの端、カップボードの端、戸口の出っ張り、棚の一部、と様々な場所をつかんで軽やかに移動して行きました。まるでムササビのように!!
杓子定規にならずとも、ご自宅では色々な動線の確保の仕方があるのかな、と勉強になりました。

セラピスト(PT・OT・ST)の皆さんの「あるある」過ぎて普通の人には伝わらない経験談、思わず笑ってしまうような「あるある」エピソードなどを募集しています。
ご自身の職種、勤務先(病院、クリニック、訪問看護ステーション など)、その他の必要事項をご記入の上で、投稿フォームからご応募ください。採用させていただいた方のエピソードを漫画化して掲載いたします。

あるある体験談を投稿する

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

他の記事も読む

TOPへ