リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

マイナビコメディカルコンテンツサイト セラピストプラス

思わす笑える コミックあるあるセラピスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

医療介護の現場では、常に凛としていたいセラピスト。でもやっぱりみんなあるんです。
謎の習性、患者さん、叫びたくなる失敗談! びっくりも失敗も、まとめてみんなで笑ってなごんで明日に備えましょう。

セラピストあるある19

絵:ひぐらしカンナ

探偵? 変人? 理学療法士です!

歩行に関係する靴の提案や、インソールの製作も行うのも理学療法士の仕事。靴底の減りは癖を見抜く手段の1つでもあるため、家族や友人、恋人の靴の減りを思わずチェックしてしまいます。中心より少し外側が減ってくるのが正常ですが、極端に外側が減っている場合や真ん中が減っている場合、稀に内側が減っている場合もあり、思わず指導が始まることも。おせっかいと思っていてもついやってしまうのが、理学療法士なのです。

>>残業少なめの理学療法士求人を見てみる

セラピスト(PT・OT・ST)の皆さんの「あるある」過ぎて普通の人には伝わらない経験談、思わず笑ってしまうような「あるある」エピソードなどを募集しています。
ご自身の職種、勤務先(病院、クリニック、訪問看護ステーション など)、その他の必要事項をご記入の上で、投稿フォームからご応募ください。採用させていただいた方のエピソードを漫画化して掲載いたします。

あるある体験談を投稿する

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

他の記事も読む

TOPへ