リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

マイナビコメディカルコンテンツサイト セラピストプラス

高齢者施設のインフルエンザ集団感染で感染対策マニュアルを再周知―厚労省2019.01.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

東京都で警報レベルとなったインフルエンザの流行。高齢者の多い施設でも、インフルエンザにかかる人が増えていることを受けて、厚生労働省は再度、「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」の周知をするように都道府県に通知を出しています。

厚生労働省は22日、高齢者施設におけるインフルエンザ集団感染が相次いで報告されていることを受けて、「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」(2013年)を市町村や介護保険施設等に再周知するよう都道府県に要請する通知を発出した。

同省は昨年11月に発出した通知でもマニュアルを周知しているが、インフルエンザ集団感染の発生を受け、改めて周知した。マニュアルは厚労省のホームページ(https://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/osirase/tp0628-1/dl/130313-01.pdf)に掲載されている。

国立感染症研究所によると、今月7~13日までの1週間に報告されたインフルエンザの定点当たり報告数は38.54となり、前週の16.30より2倍以上増加している。

>>マイナビコメディカルで職場の事前見学について見てみる

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:Web医事新報

TOPへ