医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

医療・介護職の社会福祉施設での死傷災害、初の9千人超。職場で怪我をする原因は?2019.05.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

慌てて廊下を歩いて転んだり、リハビリ中につい介助で無理な姿勢をとり、背中や腰を痛めた経験がある人は多いと思います。厚生労働省の発表によると、施設勤務者が怪我をした種類で一番多いのは「転倒(3321人)」。「動作の反動・無理な動作(3186)」もほぼ同率の結果となりました。

厚生労働省が17日に公表した2018年の労働災害発生状況によると、同年に社会福祉施設で起きた労働災害による死傷者(休業4日以上)の数は9545人で、前年よりも807人増加し、初めて9000人を突破した。特に「転倒」や、施設利用者の移乗介助に伴う腰痛などの「動作の反動・無理な動作」による死傷者が増えており、共に全体の約3分の1を占めた。【松村秀士】

厚労省が、事業者から提出された労働者死傷病報告書を基に集計したところ、労働災害による休業4日以上の全産業の死傷者数は、18年では12万7329人(前年比6869人増)だった。

社会福祉施設での事故の種類別では、「転倒」(3321人)が最も多く、これに「動作の反動・無理な動作」(3186人)、「墜落・転落」(625人)、「交通事故(道路)」(543人)、「激突」(438人)などと続いた。

こうした転倒災害の防止に向け、厚労省は15年から「STOP!転倒災害プロジェクト」を実施し、事業場での4S活動(整理、整頓、清掃、清潔)や職場の危険の「見える化」を推進。また、社会福祉施設での職員の腰痛を予防するため、「腰痛予防対策講習会」を全国で開催している。こうした取り組みを引き続き行い、労働災害による死傷者の増加に歯止めをかけたい考えだ。

>>マイナビコメディカルに登録して事故対策もしっかりした優良企業の求人がないか聞いてみる

 

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

TOPへ