医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

医療機関で受動喫煙を経験した割合は?【PickUp 医療データ】アンケート2019.06.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

7月からの改正健康増進法の施行で、医療機関と学校は全面禁煙になります。これまでの受動喫煙についてのアンケートを見てみると、2017年時点で最も多く受動喫煙が経験されているのは飲食店で42.4%ですが、禁煙が推奨されてきた医療機関でも7.4%の人が受動喫煙を経験していました。

編集部が選ぶ今週の数字

受動喫煙防止対策を強化する改正健康増進法が7月から一部施行され、受動喫煙によって健康を損なう恐れが高い者が利用する医療機関と学校が敷地内禁煙となる。
厚生労働省の2017年国民健康・栄養調査報告によると、医療機関で受動喫煙を経験した人の割合は7.4%に上る。その頻度は「ほぼ毎日」0.2%、「週に数回程度」0.3%、「週に1回程度」0.7%、「月に1回程度」6.2%だった。
受動喫煙を経験した割合を場所別でみると、飲食店が最も高く、4割。次いで、遊技場、路上、職場も3割を超えている。改正健康増進法は来年4月に全面施行され、こうした施設も受動喫煙防止対策が求められる。

医療機関で

の人が受動喫煙を経験

>>マイナビコメディカルに登録して自分に合った職場の求人がないか相談してみる

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:Web医事新報

TOPへ