医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

インフルエンザ、首都圏で「流行開始」地域続出 東京など4都県で軒並み増加2019.09.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

首都圏でインフルエンザの患者報告が増え、その数が流行開始の目安を上回る地区も出てきました。2日から8日の週の1医療機関当たりの患者報告数は、前週比で2倍を超えたのが千葉、東京、神奈川。千葉県で学級閉鎖に至った施設もあり、医療期間では特に警戒が必要です。

首都圏でインフルエンザの「流行開始」の目安を上回る保健所管内が続出している。2日から8日までの週の1医療機関当たりの患者報告数は、東京や埼玉などの4都県で前週と比べて軒並み増加。千葉県は「非流行期であるこの時期としては報告が多く、今後の動向を注視する必要がある」としている。【新井哉】

4都県の感染症発生動向調査の週報によると、この週の1医療機関当たりの患者報告数は、千葉県で前週比約3倍の0.91人、埼玉県で約1.4倍の0.57人、東京都で約2倍の0.49人、神奈川県で約2倍の0.34人となった。

千葉県では、松戸(3.64人)、野田(1.43人)、千葉市(1.23人)の保健所管内で流行開始の目安(1.0人)を上回っている。同県は「早くもインフルエンザ様疾患の集団発生による学級閉鎖などが複数の施設で認められている」とし、発生地域では、施設内での感染拡大防止が重要としている。

千葉以外の3都県の保健所管内では、埼玉の川口市(4.1人)、東京の中央区(2.4人)、北区(1.82人)、江東区(1.21人)、神奈川の平塚(1.36人)で流行開始の目安を超えている。

>>マイナビコメディカルに登録して自分に合った求人がないか聞いてみる(無料)

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

TOPへ