医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

梅毒、地方で感染拡大も 11県で昨年1年間の患者報告数上回る2019.10.31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

性的接触で感染する梅毒。「過去のもの」と認識されつつありましたが確実に“復権”しつつあります。国立感染症研究所の公表によると、2019年の都道府県別の梅毒患者報告数は、すでに11県において、1999年以降最多とされる昨年の報告数を上回っているそうです。都道府県別では①東京(1368人)、②大阪府(865人)、③愛知県(289人)、兵庫県(237人)、神奈川県(223人)、福岡県(220人)、埼玉県(174人)の順を記録しており、都市部以外での患者報告数でも、すでに昨年を超過しています。

2019年の都道府県別の梅毒患者報告数について、11県で18年の報告数を上回っていることが29日、国立感染症研究所が公表した感染症発生動向調査の週報で分かった。東京や大阪などの都市部だけでなく、地方でも感染が広がっている実態が浮き彫りになった。【新井哉】

19年の全国の患者報告数(20日時点)は5351人で、感染症法に基づく調査が始まった1999年以降で最多となった2018年とほぼ同じペースで増えている。都道府県別では、東京が1368人で最も多く、以下は、大阪(865人)、愛知(289人)、兵庫(237人)、神奈川(223人)、福岡(220人)、埼玉(174人)などの順だった。

都市部以外でも患者の報告が相次いでおり、▽秋田▽山形▽富山▽長野▽静岡▽滋賀▽奈良▽香川▽佐賀▽熊本▽宮崎-の11県では、既に18年の報告数を超過している。

長野県は9月に感染症情報の「号外」で梅毒を取り上げ、男女とも20-30歳代を中心に「幅広い年代で流行」していると指摘。皮膚や粘膜に異常がある場合、早めに医療機関を受診するよう呼び掛けている。

>>マイナビコメディカルに登録して自分に合った求人がないか聞いてみる

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

TOPへ