医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

インフルエンザ患者報告数、2週連続で増加 厚生労働省が発生状況を公表2019.11.12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

厚生労働省が発表したインフルエンザの患者報告数が、2週連続で増加しました。東京都だけではなく、全国30都道府県で発生件数が増加しています。10月28日から11月3日までの期間では、沖縄が最も患者数が多く7.12人でした。

厚生労働省は、インフルエンザの発生状況を公表した。10月28日から11月3日までの週の全国の患者報告数(定点医療機関約5000カ所)は、前週比約19%増の定点当たり0.95人で、2週連続で増加した。【新井哉】

都道府県別では、沖縄が7.12人で最も多く、以下は、鹿児島(2.71人)、福岡(2.19人)、北海道(1.76人)、宮崎(1.68人)、青森(1.58人)、熊本(1.46人)、広島(1.43人)、佐賀(1.41人)、岩手(1.29人)、神奈川(1.21人)、静岡(1.15人)、新潟(1.13人)、東京(1.12人)、福島(1.01人)などの順だった。30都道府県で前週の報告数より増えた。

入院患者数(基幹定点医療機関約500カ所)は前週比9人減の57人。入院時の状況(一部重複あり)については、「頭部CT検査、頭部MRI検査、脳波検査のいずれかの実施(予定含む)」が9人、「人工呼吸器の利用」「ICU入室」がいずれも3人いた。

休校、学年・学級閉鎖の措置を取った施設(保育所、幼稚園、小中学校、高校)に関しては、前週比113施設減の129施設となった。

ウイルスの検出状況については、直近の5週間では、AH1pdm09の検出割合が90%で最も多く、次いでAH3 亜型(8%)、B型(3%)の順だった。

>>マイナビコメディカルに登録して自分に合った職場の求人がないか聞いてみる(利用無料)

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

おすすめ

TOPへ