医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

都内のインフル患者報告数が注意報レベルに~過去5年間で最速2019.12.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

東京都感染症情報センターによる感染症発生動向調査(ウェブ版週報)によると、東京都内のインフルエンザ患者数が注意報基準値を過去5年間で最も早く上回ったことが判明しました。12月2~8日週の定点医療機関当たりの患者報告数は、10.36人(注意報の基準値は10.0人)で前週比の約1.7倍。全31保健所管内のうち、15保健所管内で注意報の基準値を超えています。

東京都のインフルエンザ患者報告数が注意報の基準値を上回ったことが11日、東京都感染症情報センターが公表した感染症発生動向調査の週報(ウェブ版)で分かった。注意報の基準値に達した時期は、過去5年間で最も早い。【新井哉】

東京都のインフルエンザ患者報告数の推移

週報によると、2日から8日までの週の定点医療機関当たりの患者報告数は、前週比約1.7倍の10.36人で、注意報の基準値(10.0人)を超えている。

保健所管内別では、文京が20.0人で最も多く、以下は、目黒区(16.25人)、町田市(14.0人)、多摩小平(13.55人)、みなと(12.67人)、台東(12.57人)、世田谷(12.36人)、八王子市(11.56人)、多摩府中(11.53人)、板橋区(11.5人)、練馬区(11.48人)、江戸川(11.47人)、荒川区(11.14人)などの順だった。

全31保健所管内のうち15保健所管内で注意報の基準値を超えている。年齢別では、10歳未満が全体の半数超を占めている。

>>マイナビコメディカルでPT・OT・STの転職成功事例を見てみる

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

おすすめ

TOPへ