医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

新型コロナウイルス病原体検査、実施ゼロの日も 東京都が公表、相談件数は33日間で2万8千件超2020.03.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

東京都が3月12日、新型コロナウイルス病原体検査の実施日別状況(東京都健康研究安全センター実施分)の速報値を公表しました。1月24日~3月10日までの検査実施数(検体数)は2491検体。3月4~10日の検査実施数は前週比6検体減の615検体。3月8日は実施数ゼロでした。厚労省公表の都道府県別の1日当たりのPCR検査実施可能件数によると、東京都の実施可能件数は、同じ首都圏の神奈川県や千葉県よりも低い水準となっています。

東京都は12日、新型コロナウイルス病原体検査の実施日別状況(東京都健康研究安全センター実施分)の速報値を公表した。1月24日から3月10日までの検査実施数(検体数)は2491検体だった。4日から10日までの1週間の検査実施数は前週比6検体減の615検体。8日は実施数がゼロだった。【新井哉】

都によると、検査を実施した2491検体のうち、中国湖北省武漢市からのチャーター機の帰国者やクルーズ船の乗客などを除いた「都内発生分」は1824検体(疑い例検査1177検体、接触者調査442検体、陰性確認205検体)だった。検査を行った1321人のうち、陽性者は73人(都内発生分)で、その内訳は、入院中が49人、退院が22人、死亡が2人となっている。

厚生労働省が公表した都道府県別の1日当たりのPCR検査実施可能件数(7日時点、地方衛生研究所の件数を集計)によると、東京都の実施可能件数は125件で、同じ首都圏の神奈川県(190件)、千葉県(152件)よりも低い水準となっている。

都は、2月7日に開設した新型コロナ受診相談窓口(帰国者・接触者電話相談センター)の受付状況も公表した。2月7日から3月10日までの33日間の相談対応件数は2万8485件。10日までに364人を新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)に紹介した。

20200312tokyo004

 

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

TOPへ