医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

コロナ発生の都立広尾病院、救命救急センター再開~新たに患者1人の「陽性」確認も2020.10.08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は10月6日、新型コロナウイルス感染者の発生が相次ぐ都立広尾病院(渋谷区)について、制限している診療機能の一部再開と、新たに患者1人の「陽性」が判明したことを発表しました。
同病院ではこれまでに患者14人、看護師5人、医師、臨床検査技師それぞれ1人の陽性が確認。自宅待機としていた医師、臨床工学技士、看護師などのうち、感染者との最終接触日から10日経過した人に対してPCR検査を実施し、全員の「陰性」を確認しました。これら職員について、保健所の指導も踏まえ自宅待機を解除したことから、新規受け入れを停止していた救命救急センター(三次救急)を同日、透析業務を10月7日に再開。患者感染があった病棟(1病棟)の制限は継続します。

東京都新型コロナウイルス感染症対策本部は6日、新型コロナウイルス感染者の発生が相次いでいる都立広尾病院(渋谷区、一般396床、精神科30床)について、制限している診療機能の一部を再開すると発表した。また、新たに患者1人の「陽性」が判明したことも明らかにした。【新井哉】

対策本部によると、自宅待機としていた医師、臨床工学技士、看護師などのうち、感染者との最終接触日から10日経過した人に対してPCR検査を実施し、全員の「陰性」を確認した。

これらの職員について、保健所の指導も踏まえ自宅待機を解除したことから、新規の受け入れを停止していた救命救急センター(三次救急)を同日、透析業務を7日に再開。患者の感染があった病棟(1病棟)の制限は継続する。

対策本部は同病院の陽性者の一覧(9月24日から10月6日までに陽性確認の計21人)を公表しており、それによると、これまでに患者14人、看護師5人、医師、臨床検査技師それぞれ1人の陽性が確認されている。

>>【全国どこでも電話・メール・WEB相談OK】セラピストの無料転職サポートに申し込む

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

人気ランキング

おすすめ

TOPへ