医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

2021年言語聴覚士国家試験(23回)解説|合格率や不適切問題数など

公開日:2021.04.16

2021年言語聴覚士国家試験(23回)解説|合格率や不適切問題数など

文:田口 昇平
(作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級)

2021年3月26日(金)午後2時より、厚生労働省のホームページにて「第23回言語聴覚士国家試験」の結果が発表されました。

本記事では、2021年実施のSTの国試の特徴や振り返りをはじめ、免許申請の手続き方法や就職の進め方についてお伝えします。

2021年「第23回言語聴覚士国家試験」の合格者数・合格率

2021年 受験者数 合格者数 合格率
言語聴覚士 2,546人 1,766人 69.4%

今年の言語聴覚士の国家試験は、受験者数2,546人中、合格者数は1,766人。合格率は過去5年のなかで3番目に高い69.4%となりました。 合格された皆さま、本当におめでとうございます。

言語聴覚士国家試験 過去5年間の合格率の推移

言語聴覚士国家試験 過去5年間の合格率の推移

言語聴覚士国家試験<過去5年間の合格基準点と得点率の推移>

実施年 得点(満点) 得点率 合格率
2017年 120点(200点) 60.0% 75.9%
2018年 120点(200点) 60.0% 79.3%
2019年 120点(200点) 60.0% 68.9%
2020年 120点(199点) 60.3% 65.4%
2021年 120点(200点) 60.0% 69.4%

※:満点は不適切問題をのぞいた総点数

言語聴覚士国家試験<過去5年の不適切問題数と合格率の推移>

今年は1つの不適切問題数がありました。

不適切問題数
∟午前[87]

言語聴覚士国家試験<過去5年の不適切問題数と合格率の推移>

開催回 不適切問題数 合格率
2017年 第19回 0 75.9%
2018年 第20回 2 79.3%
2019年 第21回 1 68.9%
2020年 第22回 3 65.4%
2021年 第23回 1 69.4%

 

国家試験合格後におこなうべき手続き

国家試験合格後には、免許登録の申請手続きが必要です。

免許登録をおこなうことで、はじめて言語聴覚士として働くことができます。内定が決まっている場合は、特に早めの申請手続きをおこないましょう。

言語聴覚士の免許登録

言語聴覚士の免許登録は、「公益財団法人 医療研修推進財団 PMET」がおこないます。

転職・就職を考えている方は今からが狙い目

病院や介護施設のなかには、残念ながら内定者が国家試験に合格できず、予定した入職枠に欠員が出てしまう事業所もあります。

入職枠に欠員が出れば、病院や介護施設は人材の補填を目的に求人を募集するため、合格者にとっては就職先の候補が増えることになるでしょう。時には、思わぬ好条件の求人を見つけられることがあるかもしれません。

ただし、就職に焦りは禁物です。年度末は就職先を見つけやすい時期とは言え、下調べをせずに就職先を決めてしまうと職場の方針や労働環境が合わず、早期離職につながってしまうとも限りません。

専門職としてのキャリアを積み、言語聴覚士として、患者さんや利用者さんに適切なリハビリをおこなうには、新人のうちに基本的なスキルを身につけることが大切です。

キャリアを積むために、自分にはどのような職場が向いているのか。自分が求める働き方を慎重に考えながら、就職活動を進めていきましょう。

>>マイナビコメディカルで、自分にあった求人や職場がないか相談してみる(利用完全無料)
>>【未経験歓迎】言語聴覚士の求人一覧を見てみる

<参考>

国家試験合格発表|厚生労働省

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

他の記事も読む

おすすめ

TOPへ