採用率アップ‼履歴書の書き方マニュアル

新卒では学校の紹介や人づてで就職が決まることも多い理学療法士・作業療法士・言語聴覚士。いざ中途採用での転職を考えたとき、意外と志望動機や自己PRなど履歴書の書き方には迷うもの。マイナビコメディカルでは、常識的で書類選考で落とされにくい履歴書の書き方をお伝えします。

1. 履歴書を書き始める前の準備

  • ・書類を入れる封筒・履歴書・印鑑・黒いペンもしくは万年筆・所定の大きさの証明写真
  • ・理学療法士免許・作業療法士免許・言語聴覚士免許の原本またはコピー
  • ・その他資格証明書の原本またはコピー
    • 2. 履歴書の書き方(見本)

      履歴書 基本情報

      日付
      応募日よりあまり前の日付は使いまわしと思われるかもしれないのでやめましょう。郵送の場合は投函した日付、面接に直接持参する場合は持参当日の日付がベストです。
      写真
      サイズは指定のサイズがあればそのサイズで、なければ横2.4〜3cm、縦3.6〜4cm。 3カ月以内に撮影したもの 写真店などでカラーで正面から撮影され、本人単身胸から上が写っているもの 印象の良い表情と清潔できちんとした服装にしましょう。 書き損じることもあるので、写真は最後に貼りますが剥がれた場合に備え、写真の裏には名前を記入します。
      氏名
      姓と名にスペースを空けて読みやすくする ふりがなは履歴書の書き方に合わせて「ふりがな」はひらがな、「フリガナ」はカタカナで記入しましょう。
      年齢
      送付時([1]日付で記入した日にち)の年齢を記入します。
      住所
      省略せずに都道府県から記入します。 郵便番号、マンション名、ふりがななども忘れずに記入。 「連絡先」欄は現住所と異なる場合のみ記入しましょう。
      電話番号
      自宅に固定電話がない場合は、携帯電話のみでも可です。 日中でも連絡がつきやすい番号を記入します。
      メールアドレス
      現在属している会社のアドレスはやめましょう。携帯アドレスを記入しない場合は、スマートフォンや外部のパソコンでも迅速な確認ができるアドレスを記入しましょう。
      学歴・職歴欄の書き方

      学歴・職歴

      履歴書全体で西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一します。どちらでも可ですが、受ける会社がウェブサイトや資料などで使用しているほうが望ましいです。 通常高校、専門学校などから記入します。 学部・学科・コース名などを記入し、応募職種で生かせる専攻・研究テーマは追加で記入。学校名は、略さず正式名称で記入します。

      学歴と同じく履歴書全体で西暦か元号(平成・昭和など)表記かを統一 時系列に記入し、会社名は略さず正式名称で記入します。 応募する職に関連する職務内容があれば強調して記入するといいでしょう。 異動などで所属部署が変わっている場合、その部署名・異動年月を記入しましょう 企業の合併・買収などで社名が変わった場合は、○○株式会社(現××株式会社)と記入 現職の企業の退職日が決まっている場合は「平成●●年 3月 株式会社○○○○ 退職予定」と記入します。決まっていない場合は現在の所属を書き、最終行に「現在に至る」と記入し、その下の行に右寄せで「以上」と記入します。 職歴が書ききれない場合、履歴書には社名や大まかな部署程度まで職歴を書き、「詳細は職務経歴書記入」としても可です。

      免許・資格の書き方

      免許・資格

      取得年月順に書きます。免許や資格の名称は省略せず正式名称を記入。これからセラピストの資格を取得する場合は「取得見込」と記入しましょう。

      志望動機の書き方

      志望動機

      なぜその病院や施設・センターに応募するのか、具体的に書きましょう。志望動機はそれぞれの職場ごとに、理念や特色と結びつけると書きやすくなります

      志望動機に関しての特集ページがありますので、こちらもご覧ください。

      志望動機の書き方

      趣味・特技・本人希望

      趣味・特技の内容から応募者の人柄や好みを読み取ろうとするものです。面接で話題になることもあるので、空欄にせず、記入するようにしましょう。ただし、大量の趣味や、職務に合わないと判断されそうな趣味の記入は避けましょう。

      本人希望欄には職種や待遇面などの希望を書きます。待遇に関しては細かく書いたりせず、原則「貴社規定でお願いいたします」と記載しましょう。

      3. 履歴書のダウンロード

      コンビニや文具店が売られていますが、こちらから履歴書をダウンロードする事が出来ますのでご使用ください。

      4. 入学・卒業年度自動計算表

      昭和30年度〜昭和39年度
      (1955年度〜1964年度)生まれの方

      生まれた年
      昭和30年
      1955年
      昭和31年
      1956年
      昭和32年
      1957年
      昭和33年
      1958年
      昭和34年
      1959年
      昭和35年
      1960年
      昭和36年
      1961年
      昭和37年
      1962年
      昭和38年
      1963年
      昭和39年
      1964年
      中学校卒業 高校入学 高校卒業 大学・短大入学 短大卒業 大学卒業
      昭和46年
      1971年
      昭和46年
      1971年
      昭和49年
      1974年
      昭和49年
      1974年
      昭和51年
      1976年
      昭和53年
      1978年
      昭和47年
      1972年
      昭和47年
      1972年
      昭和50年
      1975年
      昭和50年
      1975年
      昭和52年
      1977年
      昭和54年
      1979年
      昭和48年
      1973年
      昭和48年
      1973年
      昭和51年
      1976年
      昭和51年
      1976年
      昭和53年
      1978年
      昭和55年
      1980年
      昭和49年
      1974年
      昭和49年
      1974年
      昭和52年
      1977年
      昭和52年
      1977年
      昭和54年
      1979年
      昭和56年
      1981年
      昭和50年
      1975年
      昭和50年
      1975年
      昭和53年
      1978年
      昭和53年
      1978年
      昭和55年
      1980年
      昭和57年
      1982年
      昭和51年
      1976年
      昭和51年
      1976年
      昭和54年
      1979年
      昭和54年
      1979年
      昭和56年
      1981年
      昭和58年
      1983年
      昭和52年
      1977年
      昭和52年
      1977年
      昭和55年
      1980年
      昭和55年
      1980年
      昭和57年
      1982年
      昭和59年
      1984年
      昭和53年
      1978年
      昭和53年
      1978年
      昭和56年
      1981年
      昭和56年
      1981年
      昭和58年
      1983年
      昭和60年
      1985年
      昭和54年
      1979年
      昭和54年
      1979年
      昭和57年
      1982年
      昭和57年
      1982年
      昭和59年
      1984年
      昭和61年
      1986年
      昭和55年
      1980年
      昭和55年
      1980年
      昭和58年
      1983年
      昭和58年
      1983年
      昭和60年
      1985年
      昭和62年
      1987年

      昭和40年度〜昭和49年度
      (1965年度〜1974年度)生まれの方

      生まれた年
      昭和40年
      1965年
      昭和41年
      1966年
      昭和42年
      1967年
      昭和43年
      1968年
      昭和44年
      1969年
      昭和45年
      1970年
      昭和46年
      1971年
      昭和47年
      1972年
      昭和48年
      1973年
      昭和49年
      1974年
      中学校卒業 高校入学 高校卒業 大学・短大入学 短大卒業 大学卒業
      昭和56年
      1981年
      昭和56年
      1981年
      昭和59年
      1984年
      昭和59年
      1984年
      昭和61年
      1986年
      昭和63年
      1988年
      昭和57年
      1982年
      昭和57年
      1982年
      昭和60年
      1985年
      昭和60年
      1985年
      昭和62年
      1987年
      平成元年
      1989年
      昭和58年
      1983年
      昭和58年
      1983年
      昭和61年
      1986年
      昭和61年
      1986年
      昭和63年
      1988年
      平成2年
      1990年
      昭和59年
      1984年
      昭和59年
      1984年
      昭和62年
      1987年
      昭和62年
      1987年
      平成元年
      1989年
      平成3年
      1991年
      昭和60年
      1985年
      昭和60年
      1985年
      昭和63年
      1988年
      昭和63年
      1988年
      平成2年
      1990年
      平成4年
      1992年
      昭和61年
      1986年
      昭和61年
      1986年
      平成元年
      1989年
      平成元年
      1989年
      平成3年
      1991年
      平成5年
      1993年
      昭和62年
      1987年
      昭和62年
      1987年
      平成2年
      1990年
      平成2年
      1990年
      平成4年
      1992年
      平成6年
      1994年
      昭和63年
      1988年
      昭和63年
      1988年
      平成3年
      1991年
      平成3年
      1991年
      平成5年
      1993年
      平成7年
      1995年
      平成元年
      1989年
      平成元年
      1989年
      平成4年
      1992年
      平成4年
      1992年
      平成6年
      1994年
      平成8年
      1996年
      平成2年
      1990年
      平成2年
      1990年
      平成5年
      1993年
      平成5年
      1993年
      平成7年
      1995年
      平成9年
      1997年

      昭和50年度〜昭和59年度
      (1975年度〜1984年度)生まれの方

      生まれた年
      昭和50年
      1975年
      昭和51年
      1976年
      昭和52年
      1977年
      昭和53年
      1978年
      昭和54年
      1979年
      昭和55年
      1980年
      昭和56年
      1981年
      昭和57年
      1982年
      昭和58年
      1983年
      昭和59年
      1984年
      中学校卒業 高校入学 高校卒業 大学・短大入学 短大卒業 大学卒業
      平成3年
      1991年
      平成3年
      1991年
      平成6年
      1994年
      平成6年
      1994年
      平成8年
      1996年
      平成10年
      1998年
      平成4年
      1992年
      平成4年
      1992年
      平成7年
      1995年
      平成7年
      1995年
      平成9年
      1997年
      平成11年
      1999年
      平成5年
      1993年
      平成5年
      1993年
      平成8年
      1996年
      平成8年
      1996年
      平成10年
      1998年
      平成12年
      2000年
      平成6年
      1994年
      平成6年
      1994年
      平成9年
      1997年
      平成9年
      1997年
      平成11年
      1999年
      平成13年
      2001年
      平成7年
      1995年
      平成7年
      1995年
      平成10年
      1998年
      平成10年
      1998年
      平成12年
      2000年
      平成14年
      2002年
      平成8年
      1996年
      平成8年
      1996年
      平成11年
      1999年
      平成11年
      1999年
      平成13年
      2001年
      平成15年
      2003年
      平成9年
      1997年
      平成9年
      1997年
      平成12年
      2000年
      平成12年
      2000年
      平成14年
      2002年
      平成16年
      2004年
      平成10年
      1998年
      平成10年
      1998年
      平成13年
      2001年
      平成13年
      2001年
      平成15年
      2003年
      平成17年
      2005年
      平成11年
      1999年
      平成11年
      1999年
      平成14年
      2002年
      平成14年
      2002年
      平成16年
      2004年
      平成18年
      2006年
      平成12年
      2000年
      平成12年
      2000年
      平成15年
      2003年
      平成15年
      2003年
      平成17年
      2005年
      平成19年
      2007年

      昭和60年度〜平成10年度
      (1985年度〜1998年度)生まれの方

      生まれた年
      昭和60年
      1985年
      昭和61年
      1986年
      昭和62年
      1987年
      昭和63年
      1988年
      平成元年
      1989年
      平成2年
      1990年
      平成3年
      1991年
      平成4年
      1992年
      平成5年
      1993年
      平成6年
      1994年
      平成7年
      1995年
      平成8年
      1996年
      平成9年
      1997年
      平成10年
      1998年
      中学校卒業 高校入学 高校卒業 大学・短大入学 短大卒業 大学卒業
      平成13年
      2001年
      平成13年
      2001年
      平成16年
      2004年
      平成16年
      2004年
      平成18年
      2006年
      平成20年
      2008年
      平成14年
      2002年
      平成14年
      2002年
      平成17年
      2005年
      平成17年
      2005年
      平成19年
      2007年
      平成21年
      2009年
      平成15年
      2003年
      平成15年
      2003年
      平成18年
      2006年
      平成18年
      2006年
      平成20年
      2008年
      平成22年
      2010年
      平成16年
      2004年
      平成16年
      2004年
      平成19年
      2007年
      平成19年
      2007年
      平成21年
      2009年
      平成23年
      2011年
      平成17年
      2005年
      平成17年
      2005年
      平成20年
      2008年
      平成20年
      2008年
      平成22年
      2010年
      平成24年
      2012年
      平成18年
      2006年
      平成18年
      2006年
      平成21年
      2009年
      平成21年
      2009年
      平成23年
      2011年
      平成25年
      2013年
      平成19年
      2007年
      平成19年
      2007年
      平成22年
      2010年
      平成22年
      2010年
      平成24年
      2012年
      平成26年
      2014年
      平成20年
      2008年
      平成20年
      2008年
      平成23年
      2011年
      平成23年
      2011年
      平成25年
      2013年
      平成27年
      2015年
      平成21年
      2009年
      平成21年
      2009年
      平成24年
      2012年
      平成24年
      2012年
      平成26年
      2014年
      平成28年
      2016年
      平成22年
      2010年
      平成22年
      2010年
      平成25年
      2013年
      平成25年
      2013年
      平成27年
      2015年
      平成29年
      2017年
      平成23年
      2011年
      平成23年
      2011年
      平成26年
      2014年
      平成26年
      2014年
      平成28年
      2016年
      平成30年
      2018年
      平成24年
      2012年
      平成24年
      2012年
      平成27年
      2015年
      平成27年
      2015年
      平成29年
      2017年
      平成31年
      2019年
      平成25年
      2013年
      平成25年
      2013年
      平成28年
      2016年
      平成28年
      2016年
      平成30年
      2018年
      平成32年
      2020年
      平成26年
      2014年
      平成26年
      2014年
      平成29年
      2017年
      平成29年
      2017年
      平成31年
      2019年
      平成33年
      2021年
      封筒の書き方

      5. 封筒の書き方

      住所は、都道府県から略さず記入し、社名も略字は使いません。 封筒の表面左下に、「応募書類在中」、または「○○職応募書類在中」と記入して封筒の裏面に自分の住所、氏名も略さず記入し、切手は縦長の封筒なら左肩にまっすぐに貼りましょう。会社名に様をつけては間違いです。担当者名には●●様、応募先部署名で終わっている場合は「御中」と書きます。 

      6. よくある質問

      履歴書に経歴は全部書くか?

      正社員として就職・転職した場合など社会保険が動くような移動は必ず記入してください。書かれていない就職先がわかった場合、最悪内定が取り消しになる可能性があります。不利な経歴があったとしても、マイナビの担当に先に言っておけばフォローできます。アルバイトは転職先にアピールできる内容のものだけ記入するのでかまいません。

      学歴はどこから書くか?

      通常、高校卒業から書きます。大学(専門学校)・大学院などその後も記入し、一行空けて、職歴を記入しはじめます。一般的に義務教育期間中の学歴は必要なく、進路に多様性がある時期から必要とされるためです。

      履歴書は西暦と元号どちらで書くか?

      メディカル系は昔ながらの流れで基本的に元号で書くことが多いです。一番安心なのはその転職希望先のウェブサイトなどを見て、元号で書いてあれば元号、西暦で書いてあればそちらに合わせて書くことです。

      退職していない時の履歴書の書き方は?

      通常と同じように書き出し、現職については、入職してから現在の所属の科まで書き、「現在に至る」と書いて 一行空けて、以上と書きます。科の名前が長すぎる場合は部まででも大丈夫です。

      履歴書の写真をどこで撮るか?

      写真館・カメラ屋さんで撮ることを強くおすすめします。写真館で撮ると就職用に髪のほつれ・ひげで青味を帯びてしまっている男性の顔などを修正してくれます。「ここで写真を撮ると受かる」と噂の所で撮ってもらうと、とても写りを良くしてくれることが多いです。見た目の印象は大切なので、自分のカメラで写真を撮るのはおすすめしません。

      志望動機はどこまで書く?

      量が多い場合は、ポイントを箇条書きします。ここで志望が願望にならないように注意してください。施設に転職したいなら「施設に行きたい」ではなく、「介護予防分野に力を入れたい」など志望する理由を書いてください。面接の時に聞かれることなので、書いたものを話して補足することをイメージしてください。

      転職のプロがあなたの履歴書にアドバイスします!