新潟県の管理栄養士/栄養士公開求人・転職・募集情報一覧

条件に合う公開求人4

(4事業所・施設)掲載中

非公開求人

(1~4件目を表示中)

(1~4件目を表示中)

  • おすすめ特集

    • マイナビコメディカルに新潟県の管理栄養士/栄養士求人はどのくらいありますか?
      新潟県の管理栄養士/栄養士求人は4件あります。(2022年12月09日更新)
      サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。
    • 新潟県の管理栄養士/栄養士求人ではどのような条件が人気ですか?
      新潟県×土日祝休
      新潟県×積極採用中
      新潟県×残業少なめ
      新潟県×正社員(正職員)
      新潟県×介護福祉施設
      他の条件でも人気の求人がございますので、「こだわり条件」から検索いただくか、お気軽にお問い合わせください。
    • 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?
      無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。

    【新潟県】管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与 【新潟県】
    管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与

    管理栄養士・栄養士という職業は、全国どの地域においても欠かせない存在です。一般的な企業のように、大都市における需要が高まっているわけではなく、各地域において需要があります。

    そのため、「生まれ育った街で、高齢者や子どもたちの“食のサポート”がしたい」と考える管理栄養士・栄養士も多くいるでしょう。

    ここからは、新潟県における管理栄養士・栄養士の勤務事情や平均給与について詳しく解説します。新潟県で就職・転職を考えている管理栄養士・栄養士の方は、ぜひ参考にしてください。

    1.新潟県の特徴

    新潟県は、中部地方に位置した人口約220万人の都道府県です。
    (出典:新潟県「新潟県推計人口(令和2年10月1日現在)」/https://www.pref.niigata.lg.jp/site/tokei/jinkou20201001.html

    新潟県の最も大きな魅力は、日本の主食である「お米」です。新潟県の気候は米作りに最適と言われており、古くから米作りが盛んに行われてきました。現在、お米の総生産量は全国トップを誇っており、「新潟米」として全国でも高い評価を得ています。

    また、お米が魅力の新潟県では、学校を中心に県全体で食育に力を入れていることも特徴です。そのため、食育に最も欠かせない職業である管理栄養士・栄養士が活躍できる職場が豊富にあります。

    2.新潟県における管理栄養士・栄養士事情

    食育に力を入れている新潟県は、管理栄養士・栄養士の需要も決して低くありません。献立作成・調理業務・栄養指導など、食のサポートを行う管理栄養士・栄養士が至る施設で求められるからこそ、「理想の働き方ができるかどうか」は特に気になるポイントでしょう。

    ここからは、新潟県における管理栄養士・栄養士の勤務事情について、具体的な平均年齢・平均勤務年数・平均勤務時間を挙げながらわかりやすく説明します。

    2-1.平均年齢/勤続年数

    下記は、新潟県と全国における管理栄養士・栄養士の平均年齢・平均勤続年数を比較した表です。

    平均年齢 平均勤続年数
    新潟県 36.2歳 10.1年
    全国 36.9歳 8.3年

    (出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

    新潟県で働く管理栄養士・栄養士の平均年齢は36.2歳と、全国平均よりもわずかに低くなっています。一方で、平均勤続年数は新潟県の方が2年ほど長く、10年を超えていることがわかりました。

    上記のデータから、新潟県は離職する方が少なく、多くの方が長期間安定して働けているとみなすことが可能です。比較的どの職場においても、負担なく働けると言えるでしょう。

    2-2.平均勤務時間

    下記は、新潟県と全国における管理栄養士・栄養士の平均勤務時間を比較した表です。

    平均勤務時間
    新潟県 179時間
    (うち5時間が時間外労働)
    全国 171時間
    (うち5時間が時間外労働)

    (出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

    新潟県で働く管理栄養士・栄養士の平均勤務時間は、全国平均に比べて若干長い傾向にあります。しかし、時間外労働については新潟県・全国とで変わりがないため、残業による負担は少ないことが伺えます。

    また、管理栄養士・栄養士は学校だけでなく、高齢者施設や病院で勤務するケースもあります。高齢者施設や病院であれば、早朝出勤や夜勤をすることも珍しくありません。さらに、高齢化により人手不足となっている施設も少なからずあります。人手不足となっている施設の場合は、不規則な勤務をする可能性もあるでしょう。

    そのため、新潟県に限らず、管理栄養士・栄養士は働く施設によって勤務時間に大きな差が生じることが基本です。なお、夜勤の場合は夜勤手当が支給されます。

    3.新潟県における管理栄養士・栄養士の平均給与

    仕事をするにあたり、給与は特に気になるポイントです。最後に、新潟県で働く管理栄養士・栄養士の平均給与を、全国平均と比較して紹介します。

    平均給与(年収)
    新潟県 約363万円
    全国 約373万円

    (出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

    新潟県で働く管理栄養士・栄養士の平均年収は、全国平均よりも約10万円低いことが示されています。新潟県は管理栄養士・栄養士の平均勤続年数・平均勤務時間が全国よりも高かったことから、平均年収の低さにネガティブを感じる方もいるでしょう。

    しかし反対に言えば、新潟県は職場の居心地の良さに魅力があると言えます。「給与額もある程度重要だが、勤務環境を最も重視する」という方には非常に働きやすい地域となるでしょう。

    なお、上記のデータは管理栄養士・栄養士どちらも含まれています。栄養士の上位資格であり、より専門的な知識をもって業務を担当する管理栄養士のみに絞るのであれば、より給与の平均額は上昇するでしょう。また栄養士でも、働き方や働く施設次第で平均以上の年収を得ることが可能です。

    まとめ

    日本の主食であるお米の総生産量トップを誇る新潟県は、食育に力を入れていることもあり、管理栄養士・栄養士の需要も高いことが特徴です。

    新潟県の平均給与額は全国に比べて若干低いものの、勤続年数は平均10年を超えており、理想の働き方ができる職場が多いことがわかります。新潟県で管理栄養士・栄養士として働きたい方は、県内の勤務事情を把握したうえで、理想の働き方ができる求人を探しましょう。

    マイナビコメディカルでは、管理栄養士・栄養士の転職を考えている方に向けて、手厚い転職サポートを無料で行っております。初めて転職する方はもちろん、「理想の求人を見つけたい」「面接が不安」という方は、ぜひマイナビコメディカルにご相談ください。

    ※当記事は2021年4月現在の情報を基に作成しています

    自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

    「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。