条件に該当するweb公開求人2件(2事業所・施設)※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【大分県】管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与 【大分県】
管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与

食事と栄養の専門家である管理栄養士・栄養士の需要は高まりつつありますが、全国的に人材が不足傾向にあります。大分県で活躍する管理栄養士は増加していますが、栄養士は若干ですが減少しており、両者ともまだまだ不足していることが実状です。

当記事では、大分県の特徴や管理栄養士・栄養士の勤務事情について解説します。勤務事情を踏まえつつ就職・転職活動を行うことで、転職成功率を高めることが期待できます。大分県で管理栄養士・栄養士として活躍したい方は、ぜひ大分県の状況を把握して、就職・転職の成功を目指しましょう。

1.大分県の特徴

大分県は、令和3年3月時点で、人口約112万人を有する九州の北東に位置する地域です。
(出典:大分県「大分県の人口推計結果【月報】令和3年2月分」/https://www.pref.oita.jp/site/toukei/cpe-202102.html

大分県は面積の7割以上を森林が占めており、壮大な大自然と日本トップクラスの源泉数・温泉湧出量を誇る温泉地として知られています。また、沿岸部では鉄鋼・自動車・石油化学をはじめ様々な産業の企業がバランスよく立ち並んでいます。

大分県では人口が多い主要都市が沿岸部に点在しており、県内中心部に位置する大分市・別府市は特に人口が集中していることが特徴です。管理栄養士・栄養士の活躍の場は人口が多いエリアに集中するため、職場を探す際には、大分市・別府市をはじめとした沿岸部の勤務地を重点的に探すことがおすすめとなります。

2.大分県における管理栄養士・栄養士事情

大分県でこれから管理栄養士・栄養士として働きたい方は、「安定的に長く働けるか」「1日の勤務時間はどのくらいか」といった勤務事情が気になるのではないでしょうか。

ここでは、全国平均と比較した大分県における管理栄養士の平均年齢・平均勤続年数・平均勤務時間について解説します。大分県内の勤務事情の目安を把握するためにも、ぜひ参考にして下さい。

2-1.平均年齢/勤続年数

管理栄養士・栄養士は女性比率が高く、結婚・出産・育児等を考慮しながら働かなければならない方も少なくありません。そのため、平均年齢・平均勤続年数といった勤務事情は特に意識する必要があります。

下記は、全国と大分県の平均年齢と平均勤続年数を比較した表です。まずは、全国と比べて大分県の水準がどの程度であるかを確認してみましょう。

平均年齢 平均勤続年数
大分県 36.6歳 6.8年
全国 36.9歳 8.3年

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

大分県で働く管理栄養士・栄養士の平均年齢は、全国平均とほぼ同じ年齢です。一方で、平均勤続年数については全国平均よりも1.5年短くなっており、大分県は長期間勤続している方が少ない職場が多いことが考えられます。

大分県で管理栄養士・栄養士として長期間勤めたい方は、勤続年数についても調査した上で、応募する求人を選びましょう。

2-2.平均勤務時間

管理栄養士・栄養士の働きやすさやワークライフバランスを大きく左右する要素が、1日の平均勤務時間です。

全国と大分県における管理栄養士・栄養士の平均勤務時間は、下記のとおりです。

平均勤務時間
大分県 171時間
(うち4時間が時間外労働)
全国 171時間
(うち5時間が時間外労働)

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

大分県の管理栄養士・栄養士の平均勤務時間は、全国平均と同じ171時間となっており、時間外労働については1時間少ない傾向です。施設形態や職場のシフトにより違いはありますが、一般企業で働く会社員とほぼ変わらない勤務時間であり、休日についても週休二日制が多いと考えられます。

熊本県で管理栄養士・栄養士の職場を探す際においても、170時間前後・週休二日という条件を基準にすると、ワークライフバランスを取りやすいのではないでしょうか。

3.大分県における管理栄養士・栄養士の平均給与

給与の金額はどのような職種においても地域差が存在しますが、管理栄養士・栄養士においても例外ではありません。ここからは、大分県における管理栄養士・栄養士の平均給与の水準について解説します。

下記は、全国と大分県における管理栄養士・栄養士の平均給与をまとめた表です。なお、下記のデータは、管理栄養士・栄養士の両者を含めた金額となります。

平均給与(年収)
大分県 約348万円
全国 約373万円

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

大分県における管理栄養士・栄養士の平均給与は、大都市圏を含む全国平均と比べて約25万円少なく、大分県の給与水準はやや低めといえます。ただし、給与の金額は勤務する施設・スキル・経験によっても大きく異なるため、大分県においても全国平均以上の年収を稼いでいる方は多くいます。

栄養士の方が給与を上げたい場合は、まずは上位資格である管理栄養士を取得すると良いでしょう。活躍の幅を広げてより良い待遇で働くことが期待できます。

管理栄養士で給与を上げたい方は、更に上位の専門資格を取得したり、栄養指導の経験を積んだりすることで、人材としての価値を高める方法がおすすめです。

まとめ

大分県は管理栄養士・栄養士の充足が進んでいますが、まだまだ不足している施設も多いことが実状です。これから県内で職場を探す方は、今がチャンスであると言えます。

大分県で管理栄養士・栄養士として働きたい方は、勤務事情を把握すると同時に、求人情報サイト「マイナビコメディカル」を活用することがおすすめです。マイナビコメディカルに会員登録をすることで、キャリアアドバイザーによる手厚い転職サポートや、非公開求人の紹介を無料で受けることができます。就職・転職活動を行う際は、ぜひ活用して下さい。

※当記事は2021年4月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件