条件に該当するweb公開求人5件(4事業所・施設)※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【宮城県】管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与 【宮城県】
管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与

宮城県は、政令指定都市の仙台市があり、東北地方における商業の中心地と言える県です。仙台市のほかにも、石巻市や大崎市など人口が10万人を超えるエリアがあります。そのため、宮城県で管理栄養士・栄養士として働くことで、多くの人の食事や健康に関わることができるでしょう。

今回は、宮城県における管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与を紹介します。宮城県で管理栄養士・栄養士として働くことを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

1.宮城県の特徴

宮城県は、令和3年3月1日時点で2,288,456人の人口を抱える、東北地方最大の県です。
(出典:宮城県公式ホームページ Miyagi Prefectural Government「宮城県推計人口(月報)」/https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/toukei/suikei-top.html

宮城県は交通網が発達しており、東北新幹線を利用することで、東京まで約1時間30分で移動可能です。高速道路や空港、港なども充実しており、県内の移動しやすさに加え、県外からも来訪しやすいと言えます。

また、政令指定都市の仙台市があることから、東北地方随一の賑わいを見せる一方、自然が豊かな点も宮城県の特徴です。日本三景のひとつに数えられる松島をはじめ、秋保温泉や蔵王など、日本を代表する観光名所が多数あります。

宮城県を代表するグルメとしては、牛タンや牡蠣、ずんだなどが有名です。食べることが好きな人にとっても魅力的な県だと言えます。

また、宮城県では「宮城県社会福祉協議会 第2期地域福祉推進計画」のもと、すべての住民が活き活きと暮らせる地域を目指して、福祉や医療の分野に力を入れています。そのため、健康づくりに欠かせない「食事」に関わる、管理栄養士・栄養士の募集が豊富です。学校や病院など、管理栄養士・栄養士の活躍の場は多岐にわたります。

2.宮城県における管理栄養士・栄養士事情

宮城県で管理栄養士・栄養士の求人を探す際は、年齢や勤務時間などの傾向を把握しておくことが重要です。それぞれの職業の事情を知ることで、理想の職場を見つけることができます。

ここでは、宮城県の平均年齢・勤続年数と、平均勤務時間について解説します。

2-1.平均年齢/勤続年数

まずは、宮城県における管理栄養士・栄養士の平均年齢・勤続年数を解説します。下記は、管理栄養士・栄養士の平均年齢と勤続年数を、宮城県と全国平均で比較した表です。

平均年齢 平均勤続年数
宮城県 33.4歳 7.6年
全国 36.9歳 8.3年

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

宮城県の管理栄養士・栄養士における平均年齢は、33.4歳と全国平均を下回っていることが特徴です。一方で、平均勤続年数は全国平均よりも短いことがわかります。勤続年数が短い背景には、平均年齢が低いことが影響していると考えられます。

また、平均年齢が低いと言っても、年配の人が就職しにくいわけではありません。宮城県は経験者歓迎の求人数が多いため、年齢を問わず活躍できると言えます。

2-2.平均勤務時間

次に、宮城県における管理栄養士・栄養士の平均勤務時間について解説します。下記は、宮城県と全国の管理栄養士・栄養士の平均勤務時間を比較した表です。

平均勤務時間
宮城県 182時間
(うち13時間が時間外労働)
全国 171時間
(うち5時間が時間外労働)

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

宮城県の管理栄養士・栄養士の平均勤務時間は182時間となっており、全国平均よりも長いことがわかります。また、時間外労働の内訳を見ると、全国平均の5時間に対して宮城県は13時間となっており、時間外労働も多い傾向です。

ただし、勤務時間は勤務先や業務内容によって異なります。そのため、短い勤務時間を希望する場合は、求人情報の確認や転職エージェントの利用などにより、勤務条件について確認すると良いでしょう。

3.宮城県における管理栄養士・栄養士の平均給与

最後は、宮城県における管理栄養士・栄養士の平均給与について解説します。下記は、管理栄養士・栄養士の平均給与を宮城県と全国で比較した表です。

平均給与(年収)
宮城県 約373万円
全国 約373万円

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

管理栄養士・栄養士の平均給与は、宮城県・全国ともに約373万円となっています。東北地方ではもっとも給与が高く、宮城県は管理栄養士・栄養士として年収アップを目指したい場合にも最適の県です。ただし、宮城県の求人は、仙台市に集中しやすい傾向にあるため、よく考えて勤務地を選んでください。

また、上記の金額は管理栄養士・栄養士のどちらも含まれているため、注意が必要です。管理栄養士・栄養士ともに、企業規模や雇用形態によって給与が異なります。そのため、勤務先によっては平均給与を下回る場合もあり、特に栄養士の給与は管理栄養士よりも低い傾向です。

栄養士が高収入を得るためには、資格手当や通勤手当が支給される施設で働くと良いでしょう。応募前に求人情報などで確認するようにしてください。

また、公務員の栄養士として就職を目指すこともおすすめです。公務員の場合は、賞与が確実に支給されるうえ、定期昇給によって毎年給与が上がります。仕事内容はほかの栄養士と同様であり、調理業務や献立作成、栄養指導などを行います。

さまざまな選択肢を視野に入れたうえで、管理栄養士・栄養士としての就職先を検討してください。

まとめ

宮城県は、政令指定都市の仙台市があり、東北地方で最大規模の県です。福祉や医療の分野にも力を入れており、管理栄養士・栄養士の求人が多くあります。

宮城県における管理栄養士・栄養士事情としては、平均年齢が低く、勤務時間が長いことが特徴です。ただし、勤務時間は勤務先や業務内容によって異なるため、長時間労働を避けたい場合は、転職エージェントなどに相談すると良いでしょう。

管理栄養士・栄養士の転職サポートを受けたい人は、マイナビコメディカルの利用がおすすめです。マイナビコメディカルの転職サービスでは、希望する条件に合った求人を紹介します。また、書類対策や面接練習も無料でサポートします。ぜひ、気軽にご利用ください。

※当記事は2021年4月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件