長崎県管理栄養士/栄養士の公開求人一覧

条件に合う公開求人1

(1事業所・施設)掲載中

非公開求人

(1~1件目を表示中)

(1~1件目を表示中)

  • おすすめ特集

    • マイナビコメディカルに長崎県の管理栄養士/栄養士求人はどのくらいありますか?
      長崎県の管理栄養士/栄養士求人は1件あります。(2022年10月03日更新)
      サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。
    • 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?
      無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。
    • 現職の求人を見つけました。求人問い合わせやサービスに登録すると、今の職場に転職活動をしていることが知られてしまいますか?
      転職サポートにお申し込みいただく際に入力いただいた情報は、応募先以外にお渡しすることはございません。また、求人掲載元の病院や施設が登録者様の情報を自由に閲覧することもございませんので、ご安心ください。

    【長崎県】管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与 【長崎県】
    管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与

    管理栄養士・栄養士は、献立・メニュー作成や調理指示、材料発注など、食分野を通して人々の健康をサポートします。そのため、基本的に将来性のある仕事内容であるものの、地域によって管理栄養士・栄養士の勤務事情は異なります。管理栄養士・栄養士の資格を長崎県で活かしたい場合は、長崎県に特化した勤務事情を把握しておきましょう。

    今回は、長崎県の地域としての特徴から、長崎県における管理栄養士・栄養士の平均年齢と勤続年数、平均時間、平均給与を説明します。長崎県で就職・転職・復職を考えている人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

    1.長崎県の特徴

    長崎県は、日本本土の最西端・九州地方の西北部にある都道府県です。三方を海に囲まれた長崎県は、かつて海外交流の拠点として栄えていました。江戸時代の鎖国下においても長崎県の出島は貿易窓口として開かれ、ここから多くの外来文化が日本に伝わったといわれています。海と山に囲まれた美しい自然、ポルトガル・オランダ・中国との交流によって生まれた異国情緒あふれる街並みこそ、長崎県の大きな魅力です。

    そんな長崎県には、令和3年3月1日時点で、約130万人が住んでいます。長崎県の人口は年々減少しており、出生数も下がっていることから、少子高齢化社会の影響が出ていることがわかります。また、ここ数年長崎県では外国人の転入者が多いことも特徴です。
    (出典:長崎県「令和3年異動人口集計表」/https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kenseijoho/toukeijoho/idojinko/486461.html
    (出典:長崎県「令和元年長崎県異動人口調査結果 」/https://www.pref.nagasaki.jp/shared/uploads/2020/04/1588049591.pdf

    求人サイトを使って長崎県における管理栄養士・栄養士求人を見てみると、病院や介護施設、保育所を中心に求人を募集しています。また、長崎市などの学校では完全給食を採用しており、公務員管理栄養士の道もあるといえます。実際に、学校給食調理業務を担う人材を募集する給食会社や、幼稚園給食を提供する事業所からの求人も少なくありません。そのため、長崎県では管理栄養士・栄養士として幅広く活躍できるでしょう。

    2.長崎県における管理栄養士・栄養士事情

    管理栄養士・栄養士に限らず、どの職種においても労働環境は重要な要素のひとつです。自分の健康を守りつつ末永く働くために、離職率の高い職場や、勤務時間が長い職場は避けたいと思う人は多いでしょう。

    では、長崎県で働いている管理栄養士・栄養士の平均年齢・勤続年数・勤務時間はどうなっているのでしょうか。

    2-1.平均年齢/勤続年数

    まずは、長崎県における管理栄養士・栄養士の平均年齢・勤続年数を説明します。下記は、長崎県と全国の管理栄養士・栄養士の平均年齢・勤続年数を比較した表です。

    平均年齢 平均勤続年数
    長崎県 39歳 10.2年
    全国 36.9歳 8.3年

    (出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

    上記から、長崎県で働く管理栄養士・栄養士は、全国平均よりも40代に近く、勤続年数も10年前後になることがわかります。平均年齢が39歳であることを考慮すると、20代はもちろん、40代・50代になっても活躍している管理栄養士・栄養士がいると予測できます。

    また、全国平均よりも長崎県の勤続年数は長いことから、長崎県で活躍する管理栄養士・栄養士は一つの職場に勤め続ける傾向にあります。したがって、長崎県では長きにわたり管理栄養士・栄養士として活躍できる職場が多いといえるでしょう。

    2-2.平均勤務時間

    続いて、長崎県における管理栄養士・栄養士の平均勤務時間を紹介します。下記は、長崎県と全国の管理栄養士・栄養士の平均勤務時間を比較した表です。

    平均勤務時間
    長崎県 174時間
    (うち5時間が時間外労働)
    全国 171時間
    (うち5時間が時間外労働)

    (出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

    上記を見ると、長崎県で働く管理栄養士・栄養士は、全国よりも3時間ほど勤務時間が長いものの、時間外労働は全国と同程度です。長崎県において時間外労働を除いた勤務時間は169時間であり、1日8時間労働と仮定した場合、1か月の労働日数は約21日だと推測できます。

    つまり、長崎県は週休二日制を取り入れ、長時間の残業がない勤務先が多いといえます。土日祝日休みや有給休暇制度のある職場を選べば、子育てと両立しながら出勤することも不可能ではありません。

    3.長崎県における管理栄養士・栄養士の平均給与

    ここまで、長崎県はしっかりと休日を確保して残業が少ないために、30代や40代も活躍する定着率の高い職場があることがわかりました。では、長崎県で管理栄養士・栄養士として働いた場合、どれくらいの給与を得られるのでしょうか。

    平均給与(年収)
    長崎県 約372万円
    全国 約373万円

    (出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

    長崎県で働く管理栄養士・栄養士の平均年収は約372万円、全国で働く管理栄養士・栄養士の平均年収は約373万円であるため、給与に大きな差はありません。九州地方の西部に位置する長崎県でも、本土と同程度の収入を得ることが可能です。平均勤続年数や平均勤務時間を考慮すると、長崎県のほうが長く働きやすい環境が整っているといえます。

    長崎県で働くことに魅力を感じた人、長崎県で就労する気持ちが強くなった人は、マイナビコメディカルで求人情報を探してみてください。マイナビコメディカルでは、正社員・契約社員・パート・アルバイト求人のほか、非公開求人も紹介することが可能です。

    まとめ

    長崎県では、さまざまな施設から管理栄養士・栄養士として活躍できる求人が出ています。労働時間や給与は全国と同水準であるものの、全国平均よりも長年にわたり働き続ける人が多いため、長崎県であればしっかりと根を張って管理栄養士・栄養士の仕事に携われるでしょう。

    マイナビコメディカルの「転職サポート」では、管理栄養士・栄養士である求職者様の転職活動を徹底的に支援しております。「長崎県で転職活動を成功させたい」という場合は、マイナビコメディカルの「転職サポート」にお申し込みください。

    ※当記事は2021年4月現在の情報を基に作成しています

    自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

    「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。