条件に該当するweb公開求人0※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【秋田県】管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与 【秋田県】
管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与

秋田県は東北地方の日本海側に位置し、奥羽山脈・白神山地に代表される自然が豊かな県です。きりたんぽ・しょっつる・稲庭うどんなどの特徴的な食文化が形成されており、管理栄養士・栄養士の仕事では郷土料理に触れる機会も多く存在します。

秋田県は雪国であるため、冬場の豪雪には注意が必要であるものの、土地代や物価が安く生活上の負担を抑えられることが魅力です。今回は、秋田県における管理栄養士・栄養士の勤務事情と平均給与について解説します。

1.秋田県の特徴

秋田県の人口は、令和2年10月時点で952,005人です。市町村別で人口を見ると、県庁所在地の秋田市が304,031人と最も多く、横手市の85,174人、大仙市の76,672人、由利本荘市の74,231人と続きます。
(出典:美の国あきたネット「令和2年秋田県の人口 ー秋田県年齢別人口流動調査報告書ー」/https://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/44493

以上の4市は秋田県中央~南部に位置し、隣接し合っていることが特徴です。とくに中核市でもある秋田市には、小・中・高等学校や病院が多く存在しているため、管理栄養士・栄養士の活躍できる場がたくさん用意されています。

秋田県は高齢者が多い傾向にあり、食事による栄養管理が求められる介護施設や医療福祉施設も、管理栄養士・栄養士の需要が高い施設です。

また、秋田県では子どもへの食育にも取り組んでいます。令和3年に「第4期秋田県食育推進計画」を策定し、健全な食生活を送るための目標や、食育の推進体制を明らかにしました。

同計画では地産地消にも触れており、給食に地域の農産物を活用したり、郷土料理を取り入れたりすることで、食への関心を高める取り組みが挙げられています。学校や介護施設などで働く管理栄養士・栄養士は、献立作成や給食調理などの厨房業務全般に関わるため、秋田県の食育への取り組みについて理解することが大切です。

2.秋田県における管理栄養士・栄養士事情

秋田県で管理栄養士・栄養士として活躍したい人は、秋田県における勤務事情も把握しておきましょう。秋田県と全国における働き方の違いを比較することで、求人探しにおける検索条件のポイントや注意点が見つけられます。

ここでは、秋田県における管理栄養士・栄養士の平均年齢/勤続年数と勤務時間を紹介します。

2-1.平均年齢/勤続年数

下記は、秋田県と全国における管理栄養士・栄養士の平均年齢・平均勤続年数をまとめた表です。

平均年齢 平均勤続年数
秋田県 33.1歳 7.8年
全国 36.9歳 8.3年

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

秋田県で働く管理栄養士・栄養士の平均年齢は33.1歳であり、全国よりも3.8歳若い結果となりました。平均年齢の若さは、管理栄養士・栄養士として働く若手が多く、学校・給食施設や病院などにおいて求人需要が高いことも示しています。

一方、平均勤続年数は全国より低いものの、大きな差はなくほぼ同水準です。働きやすい職場は職員の勤続年数が長くなる傾向にあるため、転職活動では応募先の勤続年数が長いかどうかもチェックしましょう。

2-2.平均勤務時間

次に、秋田県と全国における管理栄養士・栄養士の平均勤務時間を紹介します。

平均勤務時間
秋田県 176時間
(うち7時間が時間外労働)
全国 171時間
(うち5時間が時間外労働)

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

秋田県で働く管理栄養士・栄養士の平均勤務時間は、176時間となりました。1日8時間労働とすると22日分であり、週に2日程度の休日を得ながら働ける計算です。

平均勤務時間と時間外労働の時間は、どちらも秋田県のほうが全国より長くなっています。土日に休める学校・給食施設や企業と比べて、病院や介護施設は毎日食事を提供する必要があるため、働く施設選びにも注意してください。勤務時間を短くしてプライベートを重視したい人は、求人情報の勤務時間帯・シフトをよく確認しましょう。

3.秋田県における管理栄養士・栄養士の平均給与

最後に、秋田県における管理栄養士・栄養士の平均給与を紹介します。下記は、管理栄養士・栄養士のどちらも含んだ平均給与を、秋田県と全国で比較した表です。

平均給与(年収)
秋田県 約313万円
全国 約373万円

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

秋田県の平均給与(年収)は約313万円であり、全国よりも約60万円低い結果となりました。全国よりも低い水準ではあるものの、秋田県は土地代や物価が安いことから、都心での生活と比べて出費が抑えられます。求人情報によっては高給与を提示することもあるため、好条件の施設に就職すれば余裕のある生活を送ることも可能です。

高給与で働きたい場合は、管理栄養士として働くことがおすすめです。管理栄養士は、病気を患う人を対象とした栄養指導や特定保健指導などの業務内容を行えるため、病院や企業で需要が高く栄養士と比べて給与が高い傾向にあります。

栄養士も勤務経験を積んだり、専門的な知識を取得したりすることで高収入が得られます。食品保健指導士や健康運動指導士、調理師・フードコーディネーターなどの資格免許を取得してキャリアアップすることもおすすめです。

まとめ

秋田県は豊かな自然と独自の食文化を持ち、食育への取り組みにも積極的な県です。秋田県で働く管理栄養士・栄養士は平均年齢が若く、平均勤続年数や平均勤務時間は全国と大きな違いはありません。平均給与は低めであるため、人口が多い秋田市を中心に高収入・好条件の求人を探すことがおすすめです。

マイナビコメディカルでは非公開求人を含む求人を用意しているほか、転職サポートとして面接対策や条件交渉なども提供しております。秋田県で管理栄養士・栄養士の求人探しを行う際は、マイナビコメディカルの転職サポートをご利用ください。

※当記事は2021年4月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件