医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

有床診療所が6,500カ所を割り込む、4月末~10年前から約4割減、厚労省調べ2020.07.07

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

セラピストプラス編集部からのコメント

10年前と比較して全国にある有床診療所数が約4割減少したことが厚労省の調査(4月末時点)で判明しました。
2010年4月末時点で全国に1万798カ所存在した有床診療所が、今年4月時点で6,500カ所を割り込み、10年間で4,315カ所も減ったことになります。2018年度の診療報酬改定では、介護サービスを提供する有床診療所について、有床診療所入院基本料1-3の要件を緩和したほか、高齢患者らの入院受け入れに関する評価を新設。2020年度改定でも、有床診療所の増加に向けた「てこ入れ」を図りましたが、その効果は薄かったと見られます。

厚生労働省の調査結果によると、全国にある有床診療所の数が4月末時点で6,500カ所を割り込んだ。10年前と比べて約4割減少した。【松村秀士】

厚労省は、3年ごとに実施する2017年の医療施設静態調査を反映させた毎月の医療施設動態調査(概数)の結果を公表した。それによると、20年4月末時点の有床診療所の数は6,483カ所で、前月よりも41カ所減少。10年4月末時点の1万798カ所と比べると、4,315カ所も減った。

18年度の診療報酬改定では、介護サービスを提供している有床診療所について、有床診療所入院基本料1-3の要件を緩和したほか、高齢患者らの入院受け入れに関する評価を新設した。

20年度改定でも、有床診療所一般病床初期加算の算定要件について、転院または入院した日から起算した算定上限の日数を14日に延長(従来は7日)するとともに、点数を150点に50点引き上げるなど、有床診療所の増加に向けたてこ入れを図った。

>>【全国どこでも電話・メール・WEB相談OK】セラピストの無料転職サポートに申し込む

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

出典:医療介護CBニュース

おすすめ

TOPへ