医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

キャリア

スキルアップ

理学療法士・作業療法士の転職に生かせるスキル・資格とは?

文:田口 昇平(作業療法士、福祉住環境コーディネーター2級) 理学療法士・作業療法士のなかにはスキルアップしたい...

国試過去問ドリル

重度失語症の評価および介入について

日常の言語聴覚士の臨床でも、重度失語症の患者さんと接することが多いかと思いますが、その評価や介入については...

介助術コラム

介助者の仕事に対する意欲とプライドを引き出す
~福辺流介助術~

前回は「被介助者の能力や意欲を維持することができる」についてのお話をしました。今回は、「介助者の仕事に対す...

スキルアップ

「今すぐ実践可能なリハビリ」〜呼吸器疾患編〜

実践リハビリシリーズです。前回までは急性期から回復期などの脳疾患に対するリハビリテーションでした。今回のテ...

国試過去問ドリル

アスペルガー症候群の特徴と原因について

ものごとに対するこだわり、場面の文脈や会話の意図を読み取り、相手に共感するといった社会的なコミュニケーショ...

国試過去問ドリル

人工呼吸器の使用中に発生しやすい呼吸器合併症

2020年、新型コロナウイルス感染症が急増し、緊急事態宣言が発令されました。呼吸器感染症などによる重症な呼吸不...

スキルアップ

今すぐ実践可能なリハビリ〜脳疾患編〜 小脳梗塞

今すぐ実践で使えるリハビリのポイントシリーズ。前回までは、脳梗塞編として急性期と回復期に対するリハビリテー...

介助術コラム

被介助者の能力や意欲を維持することができる
~福辺流介助術

「福辺流介助術」の第5弾は、「被介助者の能力や意欲を維持することができる」をテーマにした介助術をご紹介。介助...

国試過去問ドリル

脳卒中片麻痺患者に対する評価法について

脳卒中は発症直後の急性期から生活期を通して、リハビリテーションの対象となることが多い疾患です。またその障害...

スキルアップ

作業療法士の転職入門 ~作業療法士を辞めたい時に考えること~

作業療法士を辞めたいと思うことがあるかもしれません。しかし、職種を変えてしまうような転職は、キャリアパスに...

スキルアップ

今すぐ実践可能なリハビリ〜脳疾患編〜 急性期 脳梗塞

今すぐ実践で使えるリハビリのポイントを紹介します。今回は脳疾患に対する急性期のリハビリについてまとめました...

国試過去問ドリル

小児のリハビリ~機能性構音障害について~

今回は、小児の機能性構音障害のリハビリ方法について焦点をあてた言語聴覚士国家試験の過去問題です。実際の症例...

介助術コラム

介助によって機能を維持することが可能
~福辺流介助術

「福辺流介助術」の第4弾は、「介助によって機能を維持することが可能」をテーマにした介助術をご紹介。介助によっ...

国試過去問ドリル

若年層に多くみられる摂食障害に関する作業療法士の国家試験出題

今回は心理社会的背景が主な要因といわれている摂食障害に焦点をあてました。中学生~20歳代前半の若い女性に多く...

スキルアップ

今すぐ実践可能なリハビリ〜整形外科編〜 腰部疾患 脊柱管狭窄症

今すぐ実践に使えるリハビリのポイントをご紹介。今回は整形外科分野で対応することの多い腰部疾患の「脊柱管狭窄...

国試過去問ドリル

バランス機能テストについて

バランス機能の低下は、移動能力や活動量の低下をもたらし、転倒してしまう重要な原因のひとつです。そのため、特...

介助術コラム

全ての介助者が使用できる介助術
~福辺流介助術

義足の理学療法士福辺節子さんが提唱する「福辺流介助術」の第3弾は、「全ての介助者が使用できる」がテーマです。...

国試過去問ドリル

知っておきたい吃音の基礎と臨床

今回は吃音に焦点をあてた言語聴覚士の過去問題です。ご本人も吃音の当事者である東京都言語聴覚士会吃音部理事のS...

スキルアップ

作業療法士の転職入門 ~面接・服装編~

作業療法士の転職を成功させるために。「施設見学編」「志望動機・書類作成編」に続く第3弾。準備、志望動機や転職...

スキルアップ

作業療法士の転職入門 ~書類・志望動機~

転職の際に必ず聞かれる志望動機。作業療法士の転職においても重要です。作業療法士の志望動機について、抑えるべ...

トップへ戻る

人気ランキング

おすすめ

TOPへ