リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報

マイナビコメディカルコンテンツサイト セラピストプラス

キャリア

New

国試過去問ドリル
アルコール依存症を克服するための作業療法のポイント
厚生労働省が実施する「平成29年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒...

スキルアップ
セラピスト500人に聞きました
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が職場や仕事に不満を感じるとき
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 医療機関に従事し、誇りを持って毎日を過...

スキルアップ
今すぐ実践可能 変形性膝関節症のリハビリ
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 理学療法士が担当する患者さんの症状は多...

現役PTコラム
PT・OT・STへ、ボランティアのススメ
皆さんはボランティアをしたことがありますか? 近年、全国各地で自然災害が多くあり、ボランティアに関する報道も...

国試過去問ドリル
MWSTとは? 摂食嚥下機能のスクリーニングテスト(評価)について
東京都言語聴覚士会の津村恒平です。 突然ですが、みなさまは摂食嚥下機能をどのような方法で評価していますか? ...

介助術コラム
フリーの理学療法士として起業
利用者さんに寄り添った介助支援を求めてフリーに転身 前回ご紹介した通り、私が理学療法士デビューを果たした身体...

スキルアップ
理学療法士として働く女性の現状・割合と転職の進め方
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人   地域医療連繋団体.Needs 代表理事 近年、養成校の増加に伴...

国試過去問ドリル
がん(悪性腫瘍)の基礎知識とリハビリテーション
第53回作業療法士国家試験問題が厚生労働省Webサイトに掲載されました。 既にご覧になった方の多くが気づかれてい...

現役PTコラム
東京オリンピック・パラリンピックがやってくる(5)ある義足の青年の話
いよいよ2年後に開催される東京オリンピック・パラリンピック! 前回は、障害者が生活習慣病防止や健康増進のため...

スキルアップ
今、理学療法士が起業し地域活動するために必要なこと (2)
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 私は福岡県で理学療法士として活動、臨床...

現役PTコラム
東京オリンピック・パラリンピックがやってくる(4)なぜ障害者にスポーツが重要か
いよいよ2年後に開催される東京オリンピック・パラリンピック! 前々回、前回と障害者スポーツの魅力を知ってもら...

国試過去問ドリル
中枢神経障害の回復機序 神経リハビリの基本とは
神経を障害された方に対するリハビリテーションは、多くの病院で行われています。その原因や状態はさまざまです。 ...

介助術コラム
身体障害者福祉センター勤務から訪問リハビリテーションへ
前回まで少し寄り道になりましたが、セラピストにとってのリハビリテーション、自立、ICF、障害、アセスメントにつ...

スキルアップ
今、理学療法士が起業し地域活動するために必要なこと (1)
文:伊東浩樹  理学療法士・ NPO法人 地域医療連繋団体.Needs 代表理事 リハビリテーション専門職と呼ばれる理学...

国試過去問ドリル
記憶障害の原因に応じたリハビリ方法とは?
はじめまして。東京都言語聴覚士会所属の新井慎です。大学卒業後、回復期病院を経て、現在は訪問看護ステーション...

現役PTコラム
2020年 東京オリンピック・パラリンピックがやってくる(3)
いよいよ2年後に開催される東京オリンピック・パラリンピック! 前回は、リハビリセラピストの方にも、「障害者ス...

介助術コラム
理学療法士として、効果につなげる評価をしよう
前回の「セラピストの評価の効率的な進め方」では、以下の2つが重要なポイントであることをお伝えしました。 1.対...

国試過去問ドリル
心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)の基本ケアと作業療法
心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)、いわゆるPTSD。生死にかかわるような強い恐怖感が記...

現役PTコラム
2020年 東京オリンピック・パラリンピックがやってくる(2)
いよいよ2年後に開催される東京オリンピック・パラリンピック! 前回は、リハビリセラピストとして東京オリンピッ...

コミュニケーション
訪問リハビリ前に身に付けておきたい、フィジカルアセスメントとは?
地域包括ケアの一環として、ますます需要が高まる訪問リハビリ。作業療法においても、今後ますます自宅や地域への...

トップへ戻る

TOPへ