医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報

セラピストプラス

思わす笑える コミックあるあるセラピスト

公開日:2018.12.28 更新日:2021.01.05

医療介護の現場では、常に凛としていたいセラピスト。でもやっぱりみんなあるんです。
謎の習性、患者さん、叫びたくなる失敗談! びっくりも失敗も、まとめてみんなで笑ってなごんで明日に備えましょう。

セラピストあるある26
【マンガでわかりやすく】理学療法士と作業療法士の違いを解説

絵:ひぐらしカンナ

編集部コメント

作業療法士の私が、病院や施設で患者さんからよく聞かれること……。それは「理学療法士(PT)と作業療法士(OT)って同じじゃないの?」ということ。

違いをわかりやすく解説しましょう!

理学療法士のお仕事とは?

おもに身体の機能回復をサポートする動作の専門家です。
手術後に曲げにくくなった足を元のように使えるようにするなど、日常生活で必要な基本動作ができるようにリハビリを行います。

作業療法士のお仕事とは?

身体と心のリハビリテーションを行う専門家です。
入浴や食事など日常生活の動作や、手工芸、園芸及びレクリエーションまで、あらゆる作業活動を通してリハビリを行います。

理学療法士と作業療法士の違いを簡単に説明すると

理学療法士が基本的な動作(立つ・座る・歩く)などの回復をサポートするのに対して、作業療法士はこういった基本動作を日常生活に応用できるように働きかけるのです。

簡単に言えば「トイレや着替え・食事などの生活に必要な動作をはじめに、その人の仕事に携わる作業ができるようになるリハビリをおこなう」のが作業療法士の仕事なんですよ。

そして作業療法士一番の特徴は、躁鬱病及び摂食障害などの精神障害の患者さんなど精神分野の患者さんも多く対象としているところです。
皆さん!作業療法士の特徴、わかってくれましたか?

もっと理学療法士と作業療法士について知りたい方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

参考

作業療法士(OT)とは?仕事内容について|マイナビコメディカル
理学療法士(PT)とは?仕事内容や作業療法士との違いについて|マイナビコメディカル

セラピスト(PT・OT・ST)の皆さんの「あるある」過ぎて普通の人には伝わらない経験談、思わず笑ってしまうような「あるある」エピソードなどを募集しています。
ご自身の職種、勤務先(病院、クリニック、訪問看護ステーション など)、その他の必要事項をご記入の上で、投稿フォームからご応募ください。採用させていただいた方のエピソードを漫画化して掲載いたします。

あるある体験談を投稿する

    <PR>マイナビコメディカル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •  LINEで送る

他の記事も読む

おすすめ

TOPへ