神奈川県横浜市理学療法士(PT)の公開求人一覧

条件に合う公開求人592

(314事業所・施設)掲載中

非公開求人

(1~15件目を表示中)

(1~15件目を表示中)

  • おすすめ特集

    • 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?
      無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。
    • 現職の求人を見つけました。求人問い合わせやサービスに登録すると、今の職場に転職活動をしていることが知られてしまいますか?
      転職サポートにお申し込みいただく際に入力いただいた情報は、応募先以外にお渡しすることはございません。また、求人掲載元の病院や施設が登録者様の情報を自由に閲覧することもございませんので、ご安心ください。
    • マイナビコメディカルの登録するメリットはなんですか?
      職場の雰囲気や実際の残業時間などの情報提供はもちろん、希望勤務地や希望年収などの条件をお伝えいただくことで、他の求人をご紹介することも可能です。面接の日程調整や条件交渉なども代行するので、効率的に転職活動がしたい方におすすめです。
    神奈川県横浜市の理学療法士(PT)の公開求人情報
    公益社団法人日本理学療法士協会に登録している神奈川県の理学療法士は、5,609人います(2018年3月末現在)。また、横浜市の高齢化率(総人口に対する65歳以上の割合)は24.05%となっています(総務省「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」2018年1月1日現在)。
    横浜市の高齢化率は、全国平均の27.24%を下回っており、理学療法士のニーズは低いように思われますが、高齢化が進んでいる日本において、リハビリテーションを必要とする人は今後、増えていくと予想されます。国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)」によると、横浜市でも高齢化は進み、2040年には高齢化率が33.12%にまで上昇し、3人に1人以上が高齢者になると予測されています。
    このような現状を受け、横浜市は、「よこはま地域包括ケア計画」を策定。住民と横浜市が介護予防・健康づくりのために協働するグループ「元気づくりステーション」において、リハビリテーション専門職を積極的に活用する取組みを推進しています。また、訪問リハビリテーションなどの在宅サービスの充実にも取り組むとしています。そのため、横浜市ではリハビリテーションに携わる理学療法士などの確保にも力を入れていくことになるでしょう。
    リハビリテーション職での転職を考えている方は、横浜市の求人にも注目してみてはいかがでしょうか。

    自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

    「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。