神奈川県の理学療法士(PT)公開求人・転職・募集情報一覧

神奈川県の理学療法士(PT)の求人・転職傾向

神奈川県で理学療法士として働いている方の平均年収は460.2万円で、全国平均の426.5万円と比較すると高い状況です(ただし、年収データは作業療法士・言語聴覚士・視能訓練士を含む統計値です)。また、神奈川県における理学療法士の求人賃金(月額)は、25.4万~31.2万円となっています。
有効求人倍率は、全国平均が4.13倍なのに対し、神奈川県では8.68倍。理学療法士の需要は非常に高いと言えます。加えて、神奈川県には病院が335施設、クリニックが6,212施設、介護施設が11,487施設あり、理学療法士として働ける施設が豊富です。そのため、さまざまな求人の中から希望の条件に合った職場を見つけることができるでしょう。
マイナビコメディカルには、【車通勤可】【積極採用中】【駅から徒歩10分以内】など、バラエティ豊かな理学療法士の求人がそろっています。さらに、マイナビコメディカルでは、限定求人や非公開求人のご紹介も可能です。ぜひご活用ください。

※各種数字情報は2022年9月 マイナビ調べによる

神奈川県の理学療法士(PT)求人は1404件あります。(2024年05月26日更新)
サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。

神奈川県の理学療法士(PT)求人では以下のような条件が人気です。
神奈川県×土日祝休 ・神奈川県×積極採用中 ・神奈川県×新卒OK ・神奈川県×正社員(正職員)  ・神奈川県×病院 ・神奈川県×クリニック ・神奈川県×介護福祉施設 ・神奈川県×訪問リハビリ(在宅医療) ・神奈川県×小児リハビリ ・神奈川県×企業 ・神奈川県×保育園 ・神奈川県×整骨院

他の条件でも人気の求人がございますので、「こだわり条件」から検索いただくか、お気軽にお問い合わせください。
全国の理学療法士(PT)求人から検索いただくことも可能です。

無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。
ご希望条件がまだ定まっていない方は人気の希望条件をピックアップした求人特集をぜひご活用ください。
転職支援の他、情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。

条件に合う公開求人1402

(708事業所・施設)掲載中

非公開求人

(1~15件目を表示中)

(1~15件目を表示中)

  • おすすめ特集

  • マイナビコメディカル エリア担当による
    神奈川県における理学療法士の実情

    神奈川県における理学療法士の実情はどうなっているのか。また、実際にどんな人材が求められているのかなど、マイナビコメディカルの神奈川県エリア担当に聞きました。

    神奈川県の理学療法士の需要

    神奈川県の中でも、横浜エリアと川崎エリアは、理学療法士の需要が特に多くなっています。これは、他の市町村に比べて病院の数が多いという理由からです。この需要の高さの影響もあって、給与も高くなっており、他の市町村に比べると、年収で30万円ほど違う場合もあります。

    特に需要が高いのは横浜市・川崎市
    横浜市と川崎市以外では、湘南市でも需要が高くなっています。これは、新規でオープンする施設が増えているためです。
    神奈川県の理学療法士、今後の見通しは?
    今後、神奈川県では、高齢者の数が増えていく一方で、若い方が減っていくため、理学療法士の需要はさらに増えると予測されています。
    中でも、今後はエリアの大きさに関係なく、すべての地域で需要が増えていくと予測されています。その理由が地域包括ケアシステムです。厚生労働省は、2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもと、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しています。
    そのため、都市の病院などに呼び寄せることなく、住み慣れた地域でリハビリ等を支援する機会が増え、それに伴って、各地域での理学療法士の需要が増加すると予測されているのです。

    求められている人材は、スペシャリストよりもゼネラリスト 求められている人材は、
    スペシャリストよりもゼネラリスト

    理学療法士は認定理学療法士や呼吸器系のスペシャリストなど、専門性を高めていくことができる職種です。しかし、神奈川県で今後求められるようになるのは、ゼネラリストと予測されています。
    これは、今後働き手が減っていくことから、要介護者にさまざまな対応ができるよう、広い知識を持つ方の需要が高まるからです。

    最終的なゴールを設定すべき
    理学療法士は、スペシャリストになることもゼネラリストになることもできます。また、施設や病院のリハビリ部門において、キャリアアップしていくこともできる仕事です。ですから、理学療法士としてどうなりたいのか、最終的なゴールを設定したほうがいいでしょう。

    神奈川県で理学療法士をするおすすめポイント

    理学療法士を目指すなら、需要が増して、条件の良い求人が充実している神奈川県をぜひお考えください。神奈川県なら、あなたが目指す理学療法士になるための教育施設もそろっています。興味のある方は、ぜひ一度、ご相談ください。

    自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

    「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。