条件に該当するweb公開求人2件(2事業所・施設)※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【沖縄県】診療放射線技師の求人情報|募集内容の特徴と平均給与 【沖縄県】
診療放射線技師の求人情報|
募集内容の特徴と平均給与

当記事では、沖縄県における診療放射線技師求人の特徴・平均給与・求人が多いエリアを徹底解説します。また、エリアごとの求人の特徴も紹介するため、沖縄県で診療放射線技師として働くことを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

診療放射線技師は、身近な医療機関において欠かせない存在です。また、診療放射線技師は専門知識を要する仕事であるため、パートとして働く場合であっても平均給与が高い傾向にあります。そのため、診療放射線技師として働きたいと考える方も多いでしょう。

しかし、同じ沖縄県内でもエリアごとに特徴が異なるため、求人を探す際には待遇や給与だけを見るのではなく、エリアごとの特徴を知ることも大切です。

そこで今回は、沖縄県における診療放射線技師求人の特徴や平均給与、求人が多いエリアについて解説します。沖縄県で診療放射線技師の資格を活かしたいと考えている方は、ぜひチェックしてください。

1.沖縄県における診療放射線技師求人の特徴

沖縄県の病院と一般診療所の数は、下記のとおりです。

医療機関の種類 施設数
病院 90
一般診療所 906

(出典:厚生労働省「医療施設動態調査(令和2年3月末概数)」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m20/dl/is2003_01.pdf

沖縄県は、上記の病院・診療所内にある放射線科のほか、放射線治療・検診専用のクリニックもあるなど、放射線治療に力を入れていることが特徴です。

沖縄県では健康増進課を設置している市が多く、特に那覇市や宮古島市、名護市などに放射線治療を行うクリニックが集中しています。
上記の市をはじめとした、沖縄県の診療放射線技師の求人には、下記のような特徴があります。

●未経験・経験者ともに歓迎している求人がある
求人を見ている方の中には、業務経験がない方や、業務経験はあるもののブランクがある方もいるでしょう。
沖縄県の求人では、未経験・経験者ともに歓迎している求人が多くあります。そのため、経験の有無やブランクを気にすることなく、気軽に応募することができます
●「年間休日125日」など休日・休暇が充実している
全国の平均年間休日が約120日であることに対し、沖縄県の求人では年間休日が125日と、全国平均を上回る求人も多くあります。
週休に加え、有給休暇の数が他県に比べて多いことが、沖縄県の特徴の一つです。沖縄県は、プライベートと仕事を両立したいと考えている方に最適な地域といえるでしょう。
●資格手当や通勤手当、住宅手当など待遇が充実している
沖縄県における診療放射線技師求人は、手当が充実していることも特徴です。主な手当として、資格手当や通勤手当、家賃の一部を補助してもらえる住宅手当があります
このような待遇を受けることで、給料を有効に使えるようになり、より快適に働くことができるでしょう。

2.【沖縄県】診療放射線技師の平均給与

全国と沖縄県における診療放射線技師の平均年収は、下記のとおりです。

全国の平均年収(※) 約512万円
沖縄県の平均年収 約288万~448万円

(※出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html

沖縄県は、他県と比べて収入が低い傾向にあります。

沖縄県の最低賃金と沖縄県における診療放射線技師のパートの平均時給は、下記のとおりです。

沖縄県の最低賃金(※) 790円
パートの平均時給 約1,000~1,500円

(※出典:厚生労働省「令和元年度地域別最低賃金改定状況」/https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

最低賃金も平均年収と同様で、高くありません。しかし、診療放射線技師は国家資格が必要な仕事の一つであるため、最低賃金に比べて沖縄県における診療放射線技師のパートの平均時給は高い傾向にあります。

沖縄県ではパートであっても昇給制度を用意している求人が多く、新人と勤続年数の長い方では収入に差が生じることもしばしば見られます。
沖縄県の診療放射線技師として平均時給よりもさらに高収入を得たい場合は、同じ職場で継続勤務をすることがポイントです。

なお、当項目で紹介した沖縄県における診療放射線技師の平均時給は、求人サイトを参照して出された数値であるため、参考程度にしてください。

3.【沖縄県】診療放射線技師の求人が多いエリア

沖縄県で診療放射線技師の求人が多いエリアは、人口が集中している那覇市をはじめ、観光地としても人気な宮古島市や名護市に多くあります

求人情報の特徴
那覇市 ・退職金制度を用意している求人が多い
・年齢不問の求人がある
・当直なしの求人もある
宮古島市 ・育児・介護・看護休業がある求人が多い
・ボーナス制度を設けている求人がある
・車通勤可の求人もある
名護市 ・再雇用制度がある求人が多い
・年齢経験不問の求人がある
・通勤手当がある求人もある
〇那覇市の診療放射線技師求人の特徴
診療放射線技師は離職率が低い職業の一つで、特定の職場で定年まで働き続けることも珍しくありません。
那覇市では、定年でなくとも辞める際には退職金をもらえる求人もあるため、次の仕事に就くまでの期間の行動資金にすることができます。
ただし、退職金の給付には「継続勤務3年」などの条件があるため、退職金をもらえる職場で働きたい方は、待遇についてしっかり確認しておきましょう。
〇名護市の診療放射線技師求人の特徴
名護市の求人では、年齢経験不問としている求人や、再雇用制度がある求人が多く見られます。定年を境として応募年齢を制限する求人が多い中、名護市では「60歳以上の応募も可」「60代活躍中」と提示している求人が多いことが特徴です。
また、再雇用制度により、育児や介護などで一度退職した場合でも、仕事に復帰しやすいエリアといえます。
〇宮古島市の診療放射線技師求人の特徴
宮古島市の求人では、ボーナス制度を設けているところがほとんどです。
ボーナス制度を設けている施設の求人情報には、前年度実績の賞与額が掲載されていることが多いため、実際にボーナスを得られる可能性は高いでしょう。
加えて、育児や介護・看護のための休業制度を整えている求人もあります。そのため、子どもが生まれた場合や、家族の世話をしなくてはならなくなった場合でも、安心して働き続けることが可能です。

沖縄県の中でも、エリアによって求人の特徴はさまざまです。沖縄県から出ている診療放射線技師の求人を探す際は、自分の希望やエリアの特徴を照らし合わせながら、自分に合った勤務先を探しましょう。

まとめ

沖縄県の診療放射線技師求人には、未経験・経験者問わず歓迎している求人や、年間休日数や諸手当に期待できる求人が多くあります。

特に年間休日は、全国平均の120日を上回る125日の求人もあり、適度に休みを取りながら働くことが可能です。また、育児や介護休業によるサポートも整っているため、家庭環境を考慮しながら仕事に取り組むこともできます。

ただし、エリアによって求人の特徴は大きく異なります。沖縄県で診療放射線技師の求人を探す際は、今回の記事を参考に、自分にとって最適な職場を見つけましょう。

※当記事は2020年6月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件