条件に該当するweb公開求人129件(110事業所・施設)※非公開求人は除く

次へ

次へ

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

大阪府の診療放射線技師の特徴

診療放射線技師は、需要の高い医療専門職の中でも特に人手不足が叫ばれている職種のひとつです。
人口が密集している大阪府は、診療放射線技師の就業先となる医療機関や、医療機器の販売を手がける企業も多く存在しているため、診療放射線技師が転職するには最適な地域と言えるでしょう。
この記事は、診療放射線技師の職業について概要を紹介し、他の地域に比べた賃金の差なども含めて解説しています。
これから大阪府で診療放射線技師として転職しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

1. 大阪府の診療放射線技師求人の特徴は?

診療放射線技師の職は全国的に需要が高まっていますが、大阪府の診療放射線技師の実情はどのようなものなのでしょうか。
まずは大阪府の診療放射線技師に関する求人に焦点を当てながら、大阪府の診療放射線技師が働くフィールドや必要な経験などをみていきましょう。

1-1. 大阪府の診療放射線技師が働くフィールドは?

診療放射線技師と聞くと医療機関で勤務しているイメージが先行しがちですが、実は診療放射線技師が活躍するフィールドは大きく3つに分類されます。

  • ・病院やクリニックなどの医療機関
  • ・医療機器の販売などを行う医療関連企業
  • ・放射線を取り扱う企業

勤務先によってこのように分けられますが、同じ診療放射線技師であっても就業先が異なれば行う仕事内容は変わってきます。

まず一般的な勤務先である医療機関についてみていきましょう。
医療機関に転職した場合、任される業務は多岐にわたります。
おおまかには医師の指示を受けて、放射線を使用した検査業務と治療を通して患者さんの治療をサポートするのが仕事ですが、病院の規模や経験によっては放射線を扱わない仕事を兼任するケースも見られるのです。

医療機関で行う主な業務内容は検査と治療に分けられます。
検査にはMRI撮影や、マンモグラフィー検査、CT検査などが当てはまり、治療としては放射線治療が顕著な例でしょう。

放射線を利用しないMRI撮影については診療放射線技師でなくても担当できますが、先程も紹介したように、小規模な医療機関であれば臨床検査技師が在籍していない場合が多いので診療放射線技師が撮影や検査を全て任されるケースも多く見られます。

医療機器関連企業の営業職として勤務するケースも見られますが、医療職に比べるとビジネス要素がプラスされるぶん放射線に関する知識の活かし方が異なります。
診療放射線技師としての知識やノウハウが活かせる希少な職種なので、一般の営業職から転職するのはハードルが高い、という一面もある職種です。
放射線機器の説明や操作指導に加えて、もしトラブルが起きた際にはすぐに駆けつけてサポートを行う必要があります。
さらに、放射線機器を商材として扱うので、営業相手となるのは医療のプロである医師や歯科医師です。
医療の知識がない方が担当すると負担が大きくなってしまうことは想像に難くありません。

放射線機器の営業は、放射線に関する専門知識を有した診療放射線技師ならではの職種と言えるでしょう。

放射線を取り扱う企業へ転職した場合は、技術職という扱いで勤務します。
専門知識を活かして放射線を測定したり、放射線を利用して非破壊検査を手がけたりといった業務を担当するため、医療職や営業職とは異なるフィールドで活躍することが多いです。

医療、営業のどちらとも異なる職種ですが、扱える方が少ない放射線を効果的に用いて社会へ貢献する非常にやりがいの大きい仕事と言えるでしょう。

大阪府の診療放射線技師の求人については、医療関連企業や放射線を扱う企業のものは少ないながらも、医療職として勤務する場合は多くの求人が見つかりました。
先述したように、診療放射線技師とひとくちに言っても働くフィールドによって職務内容は大きく異なります。
診療放射線技師としてどのように社会へ貢献したいのか考えながら転職先を選ぶことで、入社後のギャップを少なくできるでしょう。

また、フィールドごとに求められる経験やスキルも変わってきます。
主流となる医療職に焦点を当てて、経験しておくとよい職務内容や持っておくと便利なスキルを見ていきましょう。

1-2. 大阪府の診療放射線技師求人で求められている経験・スキル

診療放射線技師には3つのフィールドがあると紹介しましたが、その中のひとつ、医療職に絞った場合でも求められる経験やスキルには違いがあります。
それは勤務する医療機関がどのような患者さんを対象にしているのか、というターゲットが異なるためです。

例えば地域密着型の病院や小規模な診療所は少人数で運営されているケースも多いため、放射線を扱わない一般撮影についても診療放射線技師が兼任することがあります。

大阪府の診療放射線技師の求人の多くは小・中規模の病院によるものでした。

このことから、大阪府で診療放射線技師として転職するにはMRIやCTスキャンなど広い撮影経験が求められると分かります。
しかし、経験がなければ転職できないというわけではありません。
未経験可、という条件で求人を出している医療機関も多く存在するので、経験があるに越したことはありませんが、必要不可欠というわけではないのです。

2. 【診療放射線技師の年収】全国と大阪府の平均を比較!

大阪府で働く診療放射線技師の待遇と、全国の診療放射線技師の待遇にはどのような違いがあるのでしょうか。
それぞれの平均値を見比べて、待遇の差があるか見ていきましょう。

国立病院で診療放射線技師として勤務する場合は「独立行政法人国立病院機構職員給与規定」によって定められた給与規定に沿って待遇が決定されます。
これは全国共通なので、地域によって差が生まれることはありません。

国立病院で働く診療放射線技師の平均年収は「520万円」であり、平均年齢は38歳程度です。
平成30年賃金構造基本統計調査によると、38歳で大卒の方の平均年収は373万円とされています。
診療放射線技師そのものが日本の平均年収よりも高収入を得やすい職業であり、30代に限った話で言えば国立病院に勤務している診療放射線技師の方は平均よりも150万円ほど多く賃金をもらっていると言えるでしょう。

また、国立病院の初任給は学歴によって以下のように分かれています。

  • ・大学院卒…19万7000円
  • ・大卒…18万4400円
  • ・短大卒…17万3200円

国立病院ではなく医療法人で勤務する場合も見ていきましょう。
法人で勤務する場合は法人の規模によって給与額が大きく異なる傾向にあります。

2019年の日本診療放射線技師会誌で発表された「診療放射線技師の需給現状と将来需要および処遇改善 に関する調査研究」によると、大阪府の診療放射線技師の初任給平均額は2016年時点で201,124円です。
全国の診療放射線技師の初任給平均額は199,012円なので、全国の平均値と比較すると初任給ベースでも2,000円ほど給与額が多いことが分かります。
昇給ペースは勤務先の規定や個人の能力によるところが大きいので一概には言えませんが、基本給が変わることは考えにくいため、大阪府の診療放射線技師は全国的にみても高水準の賃金が支払われていると言えるでしょう。

3. 【大阪府の診療放射線技師】求人が多いエリアを調査

大阪府は関西圏の中心に位置し、日本でも3番目に人口が多い都道府県です。
求人を出している医療機関や求職者の母数も多くなっていますが、その中でも診療放射線技師の求人が多く出されている大阪府のエリアは以下のとおりです。

  • ・大阪市
  • ・堺市
  • ・東大阪市

大阪府は880万人以上の人口を抱えた大都市のひとつですが、その多くは中心部である大阪市に集中しています。
大阪市には270万人以上が在住しており、じつに大阪府の人口の3割が集中しているのです。
そのため医療機関の数も多く、大阪府の中で最も求人数が多い市町村と言えるでしょう。

次いで堺市、東大阪市に求人が集中しているため、大阪府で診療放射線技師に転職する場合はこれらの地域を中心に求人を探すことをおすすめします。

まとめ

大阪府は診療放射線技師の初任給平均額が高く、求人数も他の都道府県に比べて多いことがわかりました。
放射線の専門知識を通して医療分野に貢献する診療放射線技師は、これからさらに需要が高まる職種のひとつです。
ぜひこの記事を通して診療放射線技師の実情を把握し、大阪府での転職活動に役立ててみてください。

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件