老人ホームで働く栄養士の仕事内容|給料相場やおすすめの関連資格も

更新日 2023年07月24日 公開日 2023年07月24日

#年収・給料 #情報収集 #転職検討/準備

老人ホームは、介護を必要とする高齢者の方が生活する施設です。そのため、食事に関しても利用者さまの状態に合わせた調理の工夫が必要となります。おいしく栄養バランスの取れた食事は、利用者さまに「食べる楽しみ」を提供し、日々の生活を豊かにできるでしょう。

今回は、老人ホームで働く栄養士・管理栄養士について、日々の仕事内容をご紹介します。気になる給料相場や、老人ホームで働くのに役立つ資格などにも触れるので、この記事を参考に理想の職場を探してみましょう!

【関連リンク】マイナビコメディカルで介護福祉施設勤務の
管理栄養士/栄養士求人を探す
老人ホームで働く栄養士の仕事内容|給料相場やおすすめの関連資格も

老人ホームで働く栄養士の主な仕事内容とは?

老人ホームとは、入居した高齢者の方に食事サービスや介護、生活援助などを提供している施設の総称です。特別養護老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホームやグループホームなどはいずれも老人ホームにあたります。老人ホームでは、介護職員のほか看護師、生活相談員、リハビリ専門職、栄養士・管理栄養士といったスタッフが、それぞれの専門性を生かしながら、利用者さまの安全で健康な生活を支援しています。

老人ホームにおける栄養士・管理栄養士の役割は、利用者さまへの食事提供や献立作成、栄養ケア業務などです。利用者さまの状態に合わせた食事を提供することで、豊かな生活の実現を支援できるのが、老人ホームで働く栄養士・管理栄養士のやりがいと言えるでしょう。そのほか、厨房の管理や食材の発注業務を行ったり、季節ごとのイベント食の提供、職員への研修を行ったりする機会もあります。

以下では、老人ホームで働く栄養士・管理栄養士の仕事において、特に大きな割合を占める3つの業務を紹介しましょう。

調理業務・料理提供

高齢者の方は食べ物をかむ力や飲み込む力が弱っている場合があるので、それぞれの体の状態に合わせて調理方法を変える必要があります。汁物にとろみを付ける、おかずをソフト食や刻み食にするといった工夫によって、食事を楽しんでもらいましょう。調理を外部に委託している老人ホームの場合、利用者さまごとに適切な食事を提供できるように、こまめに連絡調整することが重要です。

栄養士・管理栄養士は、厨房の責任者としての業務を担当するケースも多く見られます。その場合は、厨房の衛生環境に配慮しながら、ほかの調理スタッフと連携し、献立に沿った食材の発注・在庫管理を行うのも重要な仕事です。

献立作成

老人ホームの献立作成業務では、栄養バランスを考慮したうえで、利用者さまの状態に合わせた介護食や治療食を作る必要があります。食事に同席して実際の食事状況を評価し、利用者さまに合った形状や内容に変更していくとよいでしょう。また、利用者さまにアンケートを取るのも、現状の把握に役立ちます。

食事は老人ホームの利用者さまにとって、大きな楽しみのひとつです。「盛り付けを工夫して食欲を引き出す」「可能な範囲で利用者さまの嗜好を取り入れたメニューを考案する」「季節や行事を意識する」などの方法で、利用者さまの豊かな食生活を支援しましょう。

【管理栄養士】栄養ケア・マネジメント

栄養ケア・マネジメントとは、高齢者が低栄養状態に陥ることを避けるため、管理栄養士がそれぞれの状態に合った栄養ケア計画を作成・実施し、栄養状態を改善していく取り組みです。栄養ケア・マネジメントを効果的に進めることで、高齢者の方が自立した生活を続けられる可能性が高まります。

なお、2021年度には、老人ホームでの栄養ケア・マネジメントの実施をさらに推進するため、介護報酬制度が改定されています。

(出典:日本栄養士会「令和3年度介護報酬改定、管理栄養士・栄養士これだけは押さえたい3つのポイントをチェック」/https://www.dietitian.or.jp/features/nursing-reward/20210302-01.html

今後も老人ホーム数の増加が予想されるため、栄養士・管理栄養士の役割はますます重要になるでしょう。

【関連リンク】管理栄養士の主な働く場所10選|
将来性や転職時のポイントも

老人ホームで働く栄養士の給料相場

老人ホームで働く栄養士・管理栄養士の年収は、約260万~310万円です。ここでは、栄養士・管理栄養士の年収相場について、職場別にご紹介します。

【職場別】栄養士・管理栄養士の平均年収
栄養士・管理栄養士全体(※) 約368万円
病院・診療所 約300万~400万円
福祉施設(介護施設・児童福祉施設など) 約260万~310万円
保育施設 約300万~350万円
行政機関(公務員) 約450万~600万円
給食施設 約330万~400万円
その他事業所(美容業界・食品業界など) 約250万~330万円

(※出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2021/index.html

(それ以外の出典:マイナビコメディカル/https://co-medical.mynavi.jp/

表の「栄養士・管理栄養士全体」以外の年収相場は、マイナビコメディカルの求人情報からの概算です。年収は勤務地や職場ごとに異なり、なかには年収が340万円を超える老人ホームもあります。一般的には、基本給以外に各種手当が付きますが、年収に影響する手当の種類は、資格保有者に支給される資格手当、通勤手当、地域手当、住宅手当などです。夜勤シフトがある入所型の老人ホームの場合は、夜勤手当で収入アップを目指せるケースもあるでしょう。

栄養士・管理栄養士の求人には非常勤・パートの募集も多くあり、時給相場は約1,000~1,500円です。実務経験のある方は歓迎されることが多いので、ブランクがある場合も心配ありません。未経験の方は研修制度が整っている職場を選ぶと、スムーズな就業につながります。

栄養士・管理栄養士の求人を探す際は、年間休日の日数や福利厚生制度に着目すると、理想のワークライフバランスを実現できるでしょう。求人には、年間休日110日以上や残業少なめの職場も多く、家庭を持っている方も長く働ける傾向です。

【関連リンク】管理栄養士の年収はいくら?
職場別の平均給与を公開

老人ホームでの勤務が向いている栄養士の特徴

老人ホームでの勤務が向いているのは、他職種と円滑なコミュニケーションが取れる方です。老人ホームでは医師や看護師、介護士、生活相談員、リハビリテーション専門職といったさまざまな職種が働いています。効果的な食事提供、栄養管理を行うためには、他職種と目標を共有することや、利用者と接する機会の多いスタッフと意見交換の機会を設けることが不可欠でしょう。

また、イベントを企画・運営するのが好きな方も老人ホームでの勤務に向いているでしょう。老人ホームでは、利用者の生活の質を高めるために、季節のイベントを積極的に行っています。そうした際には、季節感やイベント性を大事にした献立を考え、利用者さまの食欲を引き出しましょう。

おすすめの関連資格

老人ホームで働く栄養士・管理栄養士におすすめの資格を2つ紹介します。老人ホームには、食べ物をかむ力や飲み込む力が低下した利用者さまも多いので、介護食の知識と調理技術が役立ちます。

・介護食士

介護食士は、要介護者向けの食事を調理・提供する専門知識を学んだ方が取得できる資格です。もっとも簡単な3級から1級まであり、それぞれ必要な講習を受講し、修了試験に合格することで取得できます。学習内容は級によって変わりますが、資格取得を通じて老人ホームの献立を考える際に役立つ知識を得られるでしょう。なお、資格認定は、全国調理職業訓練協会が主催する公益事業となっています。

(出典:公益社団法人 全国調理職業訓練協会「介護食士|協会認定資格」/https://www.kaigosyokushi.jp/qualifications/kaigosyokushi/

・介護食コーディネーター

介護食コーディネーターは、介護食の正しい知識と調理技術が身に付いていることを認定する資格で、日本味育協会が主催しています。安全でおいしい介護食を作るためには、調理方法を工夫しなければなりません。介護食コーディネーター講座を受講すると、介護食ならではの調理法やバリエーション豊かな介護食レシピについて学べるので、老人ホームでの献立作りや調理に役立つでしょう。

(出典:生涯学習のユーキャン「介護食コーディネーター講座」/https://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/1434/

栄養士が老人ホームで働く際に知っておくべきことは?

老人ホームにおける栄養士・管理栄養士は、調理や食品の衛生管理といった厨房業務を行うことが多い傾向にあります。老人ホームの利用者さまにとって、食事は日々の楽しみです。利用者さまが笑顔で箸を進める様子は、仕事の活力になるでしょう。言葉を変えるなら、老人ホームは「自分の作った食事が、利用者さまの健康を支えている」と実感できる職場だと言えます。

また、老人ホームでは、栄養士・管理栄養士が夜勤に入るケースがあります。特に複数名の栄養士・管理栄養士が在籍する老人ホームは、夜勤ありのシフトが組まれることも多いようです。なお、夜勤に従事すると夜勤手当がつくので、収入アップを目指せる可能性があるでしょう。

自分以外にも栄養士・管理栄養士が在籍している老人ホームは、献立や調理に関する疑問があったときに相談できるので、施設での勤務が初めての方も不安なく働けるでしょう。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
介護福祉施設勤務の管理栄養士/栄養士求人を探す

まとめ

介護が必要な利用者さまのために、献立の作成や食事の提供を行うのが、老人ホームにおける栄養士・管理栄養士の仕事です。利用者さまの栄養管理は、介護保険においても重視されており、今後も活躍の場は広がるでしょう。

マイナビコメディカルでは多くの栄養士・管理栄養士求人を掲載しています。無料登録すると、医療・介護の業界に精通したキャリアアドバイザーから、書類作成や面接対策といった転職活動のサポートを受けられるので、初めての転職活動で不安な方にもぴったりです。栄養士・管理栄養士として就職や転職を検討している方は、ぜひマイナビコメディカルにご相談ください!

マイナビコメディカルの
キャリアアドバイザーに転職相談する(完全無料)
転職のプロがあなたにマッチする
職場探しをお手伝いします♪
マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルへのよくあるご質問

監修者プロフィール

マイナビコメディカル編集部

 

リハ職・医療技術職・栄養士のみなさまの転職に役立つ情報を発信中!
履歴書や職務経歴書の書き方から、マイナビコメディカルサイト内での求人の探し方のコツや、転職時期ごとのアドバイス記事などを掲載。
転職前の情報収集から入職後のアフターフォローまで、転職活動の流れに添ってきめ細やかなフォローができる転職支援サービスを目指しています。

管理栄養士/栄養士(NRD)の転職ノウハウ 記事一覧

管理栄養士/栄養士(NRD)の記事一覧を見る

管理栄養士/栄養士のピックアップ求人

管理栄養士/栄養士の新着求人2024年6月更新!

人気コラムランキング

直近1ヶ月でよく読まれている記事を
ランキングでご紹介します。

職種・カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す

著者・監修者から記事を探す

簡単1分無料転職サポートに申し込む