管理栄養士の給料・年収は?職場別・地域別の平均給与を公開

更新日 2023年10月03日 公開日 2020年11月18日

#年収・給料 #情報収集 #転職検討/準備

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。管理栄養士の資格を取得するためには、年に1回行われる管理栄養士国家試験に合格する必要があります。専門的な知識と技術のもと、1人ひとりに合った栄養指導や栄養管理を行う管理栄養士は、高齢化が進む日本において、今後はますます活躍の場が増えていくでしょう。

管理栄養士の資格を生かせる仕事は多岐にわたり、同じ業務内容でも職場や職業、勤務地などによって年収が異なります。当記事では、管理栄養士の年収相場や職場・勤務地ごとの給料の違い、給料アップを目指す方法などを徹底解説します。

今後のキャリアや給与のことなど、
転職のプロと考えていきましょう!(完全無料)
管理栄養士の給料・年収は?職場別・地域別の平均給与

管理栄養士は幅広い場所で活躍する職業

管理栄養士とは、健康な方はもちろん、病気を患っている方や高齢で食事がとりにくい方まで、1人ひとりの状況に合わせて、栄養指導・栄養管理などのサポートを行う仕事です。

管理栄養士が活躍する主な職場は、以下の通りとなります。

職場 仕事内容
病院 ・入院患者に提供する病院食(給食)の献立作成や栄養管理、栄養相談、調理、食材の発注、アンケート作成、帳簿管理
・病棟での患者の栄養状態のチェック、栄養指導 など
学校・保育園・企業 ・学校給食や園のおやつ、社員食堂などにおける献立作成、厨房での調理、栄養管理、給食管理、食材の発注、経費の管理 など
介護施設・高齢者施設 ・入居者に提供する食事の献立作成や食材発注
・ミキサー食やソフト食など、利用者の体調や身体機能に合わせた形状での調理
・栄養ケア・マネジメントによる高齢者の低栄養状態の防止・改善 など
スポーツ施設 ・スポーツ愛好家やアスリートへの栄養指導、食事メニューの作成、体調管理
・インストラクターとしてのカウンセリング、ダイエットプログラムの作成 など
食品メーカー ・マーケティング調査をもとにした研究開発、商品企画
・商品として発売するまでの栄養や成分の管理 など
【関連リンク】食品メーカーで働く管理栄養士の仕事内容|
給料相場も紹介!
【関連リンク】薬局で働く管理栄養士の仕事内容!
やりがいや平均給料も紹介!
【関連リンク】管理栄養士は美容業界で活躍できる?
仕事内容や給料相場は?

管理栄養士の資格を持つ人の平均年収

マイナビコメディカルで実際に掲載されている求人情報を見ると、管理栄養士のモデル年収は約350万~390万円となっています。

ただし、実際の年収は職場や実務経験、スキルのほか、公務員として働く管理栄養士なのか、民間企業で働く管理栄養士なのかによっても異なります。経験年数が長く、即戦力として活躍できる管理栄養士であれば、働きはじめたばかりでも平均年収以上の収入を得られる可能性があるでしょう。そのため、全体の平均年収は「1つの目安」だと考えておいてください。

では続いて、管理栄養士の年収とその他職種の年収を比較してみましょう。

管理栄養士 約350万~390万円
栄養士 約368万円
保育士 約382万円
介護職員 約353万円
ケアマネジャー 約410万円
理学療法士・作業療法士・
言語聴覚士・視能訓練士
約427万円

厚生労働省が行った「令和3年賃金構造基本統計調査」によると、管理栄養士の年収は、保育士や介護職員と同様の水準となっています。

(出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2021/index.html

【関連リンク】男性管理栄養士/栄養士の給料相場|
メリット・デメリットや活躍できる職場も

【職場別】管理栄養士の年収事情

管理栄養士の仕事は、勤務先の職種や企業規模によって業務内容、サポート範囲などが異なり、給与水準や福利厚生も違ってきます。そのため、管理栄養士の平均年収について一概に「どのくらいの水準か?」を言い切ることはできません。

ここでは、職場や職種ごとに管理栄養士の年収相場を紹介します。なお、それぞれの平均年収は、マイナビコメディカルに掲載されている求人情報をもとに算出した金額です。

病院・クリニックで働く管理栄養士の平均年収

病院・クリニックで働く管理栄養士の平均年収 約300万~400万円

病院・クリニックで働く管理栄養士の平均年収は、約300万〜400万円です。

この後に紹介する介護施設や企業に勤める管理栄養士と比較すると、病院・クリニックで働く管理栄養士は高水準の年収となっています。なかには400万円を超える年収を提示している求人もあるため、給与アップを目指して転職を検討している方には、おすすめの職場と言えそうです。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
病院勤務の管理栄養士/栄養士求人を探す
【関連リンク】マイナビコメディカルで
クリニック勤務の管理栄養士/栄養士求人を探す

介護福祉施設で働く管理栄養士の平均年収

介護福祉施設で働く管理栄養士の平均年収 約260万~310万円

介護福祉施設で働く管理栄養士の平均年収は、約260万〜310万円です。

病院と比較すると低めの水準ですが、介護福祉施設の管理栄養士求人は「未経験OK」や「残業少なめ」といったケースが多いため、ワークライフバランスを重視する方は、自分の希望に合った職場を見つけやすいでしょう。

また、急速な高齢化の進行にともない、介護福祉施設数や求人数は今後も増えていくと考えられます。人材の確保を目的に待遇面の改善が図られれば、介護福祉施設で働く管理栄養士の平均年収が上がる可能性もあるでしょう。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
介護福祉施設勤務の管理栄養士/栄養士求人を探す

企業に勤める管理栄養士の平均年収

企業に勤める管理栄養士の平均年収 約250万~330万円

企業で働く管理栄養士の平均年収は、約250万〜330万円です。

企業で働く管理栄養士の平均年収は一見低めに見えますが、それは正社員、契約社員、パート・アルバイトなどの雇用形態によって給与が大きく変わるためです。一般的には正社員の年収のほうが高い傾向にありますが、どの雇用形態であっても「週休2日」の求人が多い点はうれしいポイントです。

なお、管理栄養士は医薬情報担当者(MR)や医薬品卸販売担当者(MS)、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)などの医療系専門職として働くこともできます。こうした職種として、製薬メーカーや治験施設支援機関などに勤務する場合、他の施設・企業で働く管理栄養士よりも高水準の平均年収が得られる可能性が高いでしょう。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
企業勤務の管理栄養士/栄養士求人を探す

公務員として働く管理栄養士の平均年収

正規職員として働く管理栄養士の平均年収 約250万~650万円

公務員として働く管理栄養士の平均年収は、約250万〜650万円です。なお、この数値は総務庁「地方公務員給与実態調査」および参議院「医療職俸給表」をもとに算出したものです。

公務員として働く場合、管理栄養士は国家公務員もしくは地方上級公務員として採用され、公務員管理栄養士と呼ばれます。公務員は勤続年数によって昇給するほか、各種手当も充実しているため、長く勤めることで安定した収入が期待できるでしょう。

公務員は高い給与水準と安定性が魅力ですが、人気が高い上に求人数も多くありません。公務員管理栄養士を目指す際は、事前にしっかりと対策しておくことをおすすめします。

【関連リンク】管理栄養士の主な働く場所10選|
将来性や転職時のポイントも

【就業形態別】管理栄養士の年収

管理栄養士は、正社員からアルバイト・パート、契約社員など、さまざまな雇用形態を選択できます。

正社員は雇用期間を定めずに雇用主と労働契約を結んで働く就業形態であり、アルバイト・パートや契約社員は雇用期間を定めて働く就業形態です。また、アルバイト・パートはほかの就業形態と比べて短時間勤務となるケースが多く、介護や育児との両立を希望する方に選ばれる傾向にあります。

それぞれの就業形態によって、業務内容や役割も異なるため、平均的な収入にも違いが出ることを覚えておきましょう。

ここからは、就業形態別に管理栄養士の年収を紹介します。

正社員で働く管理栄養士の年収

正社員として働く管理栄養士の平均年収は、約350万~390万円です。なお、この数字はマイナビコメディカルに掲載されている管理栄養士求人を参考に算出したものとなっています。前述の通り、管理栄養士は職場によって年収が大きく異なるため、1つの目安として考えましょう。

働き方は職場によって大きく異なりますが、入院施設のある病院で働く場合は日勤・夜勤・準夜勤といった交代制勤務を行う傾向にあります。病院で働く管理栄養士は、栄養指導や回診、カンファレンスへの参加、新人教育など幅広い業務を担うことも特徴です。

アルバイト・パートで働く管理栄養士の年収

アルバイト・パートとして働く管理栄養士は、時給制で勤務するのが一般的です。そのため、労働時間によって収入が大きく変わる点に特徴があります。

アルバイト・パートとして働く栄養士全体の平均的な時給、賞与、実労働日数、1日の所定内実労働時間数は、下記の通りとなっています。

時給 1,783円
賞与 約7.6万円
実労働日数 約14日
1日の所定内実労働時間数 約4.8時間

上記の標準データにもとづいて算出した平均月給は約12万円、賞与額を含めた平均年収は約242万円です。ただし、これは管理栄養士・栄養士両方の平均金額であるため、管理栄養士に絞った場合は、この水準をやや上回る可能性があるでしょう。

アルバイト・パートとして働く管理栄養士の場合、栄養指導や献立作成、食材発注などの業務が多い傾向にあります。

契約社員として働く管理栄養士の年収

マイナビコメディカルに掲載されている契約社員の管理栄養士求人では、約300万~360万円のモデル年収を提示している職場が多く見られました。

契約社員は、アルバイト・パートとして働く管理栄養士と同様、雇用期間を定めて働く就業形態です。ただし、勤務時間や役割は正社員に似ており、「正社員とアルバイト・パートの中間に位置する働き方」と言えるでしょう。

なお、契約社員の求人には、アルバイト・パートのように「短時間勤務」や「日勤のみも可能」とする職場も珍しくありません。

【関連リンク】管理栄養士・栄養士の給料事情は?
年齢や施設ごとに総まとめ!

【地域別】管理栄養士の年収

管理栄養士の年収は、職場や働き方・就業形態だけでなく、勤務する地域によっても異なります。「勤務地よりも年収や待遇を重視したい」という方は、地域別の管理栄養士の年収をチェックしておくとよいでしょう。

ここからは、「北海道・東北地方」「関東地方」「信越・北陸地方」「東海地方」「関西地方」「中国・四国地方」「九州・沖縄地方」の7エリアに分けて、管理栄養士を含む栄養士全体の平均年収を紹介します。なお、平均年収は厚生労働省が公表したデータや求人サイトに掲載されている求人情報から算出したものです。

(出典:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2021/index.html

北海道・東北地方

都道府県 年収
北海道 約348万円
青森県 約308万円
岩手県 約381万円
宮城県 約372万円
秋田県 約306万円
山形県 約385万円
福島県 約384万円

北海道・東北地方で、管理栄養士を含む栄養士全体の年収が最も高かったのは山形県の約385万円です。マイナビコメディカルの求人情報では、350万~400万円ほどのモデル年収を提示している管理栄養士求人も見られます。

関東地方

都道府県 年収
茨城県 約351万円
栃木県 約368万円
群馬県 約345万円
埼玉県 約418万円
千葉県 約375万円
東京都 約405万円
神奈川県 約395万円

関東地方で、管理栄養士を含む栄養士全体の年収が最も高かったのは埼玉県の約418万円です。関東地方には多くのSMO企業が存在しますが、SMO企業で働く管理栄養士は比較的高収入を得られる傾向にあります。関東地方全体の年収水準がやや高めとなっているのは、そうした影響もあるでしょう。

信越・北陸地方

都道府県 年収
新潟県 約347万円
富山県 約343万円
石川県 約366万円
福井県 約371万円
山梨県 約359万円
長野県 約366万円

信越・北陸地方で、管理栄養士を含む栄養士全体の年収が最も高かったのは福井県の約371万円です。信越・北陸地方で働く管理栄養士の年収は、全体の平均年収と同水準と言えますが、福井県の求人なかには500万円前後の年収が見込めるものもありました。

【関連リンク】管理栄養士の資格を活かせる副業|メリット&デメリットを解説

東海地方

都道府県 年収
岐阜県 約354万円
静岡県 約388万円
愛知県 約339万円
三重県 約340万円

東海地方で、管理栄養士を含む栄養士全体の年収が最も高かったのは静岡県の約388万円です。静岡県では、総合病院や介護老人保健施設などあらゆる職場からの求人があり、その多くが全体平均と同水準のモデル年収を提示している傾向でした。

関西地方

都道府県 年収
滋賀県 約393万円
京都府 約396万円
大阪府 約380万円
兵庫県 約360万円
奈良県 約344万円
和歌山県 約309万円

関西地方で、管理栄養士を含む栄養士全体の年収が最も高かったのは京都府の約396万円です。京都府では、介護施設からの管理栄養士求人が多く、資格手当・住宅手当などが整っている職場や社員寮を備えている職場など、給与以外の面も充実している職場が多く見られました。

中国・四国地方

都道府県 年収
鳥取県 約369万円
島根県 約344万円
岡山県 約344万円
広島県 約380万円
山口県 約341万円
徳島県 約348万円
香川県 約358万円
愛媛県 約329万円
高知県 約363万円

中国・四国地方で、管理栄養士を含む栄養士全体の年収が最も高かったのは広島県の約380万円です。中国・四国地方で働く管理栄養士の平均年収は、全体平均と同水準ですが、「マイカー通勤可能」「残業ほぼなし」など、働きやすい環境が整っている職場が多い点に特徴があります。

九州・沖縄地方

都道府県 年収
福岡県 約353万円
佐賀県 約343万円
長崎県 約324万円
熊本県 約341万円
大分県 約375万円
宮崎県 約310万円
鹿児島県 約327万円
沖縄県 約329万円

九州・沖縄地方で、管理栄養士を含む栄養士全体の年収が最も高かったのは大分県の約375万円です。九州・沖縄地方で働く管理栄養士の平均年収は、全体平均よりもやや低く、地域によっては求人数も少なめとなっています。条件のよい求人は倍率が高くなりやすいため、こまめに求人情報をチェックしておく必要があるでしょう。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
管理栄養士/栄養士の求人を探す

管理栄養士として給料アップを狙いたいときは?

管理栄養士が年収アップを目指す方法として、以下の2つが挙げられます。

①管理栄養士以外の資格を取得する
管理栄養士は、他の関連資格と組み合わせることで専門性が高まり、活躍の場も広がります。それによって、年収アップも期待できるでしょう。

以下に、管理栄養士がダブルライセンスを取得する際に、おすすめの資格を紹介しておきます。将来の夢や希望する働き方を考慮しながら、自分に合った資格を見つけてください。

●認定管理栄養士:特定の専門領域における高度な知識・技術を証明できる
●栄養教諭:学校で食育活動を行うことが可能になる
●ケアマネージャー:介護サービス分野においてキャリアアップが目指せる
●栄養情報担当者(NR):健康食品に関するカウンセリングや指導を行う
●公認スポーツ栄養士:アスリートに向けて栄養指導や栄養管理を行う
●フードコーディネーター・調理師:料理研究家としても活躍できる

②今よりも待遇のよい職場に転職する
管理栄養士の年収は、職場や就業形態の違いによって違いが生じます。働き方や職場環境、待遇などに何らかの不満を抱えている場合は、思い切って転職するのも1つの方法でしょう。ただし、年収アップを目指して転職する場合は、次の点に配慮することが大切です。

●細かな情報もきちんとリサーチする
転職を成功させるには、事前の情報収集が大事です。転職先を探す際は、従業員数や平均残業時間、残業代の有無、資格手当の有無、離職率といった細かな情報もきちんとリサーチして、理想に合った転職先を見つけましょう。

●転職エージェントを活用する
転職活動をする際は、情報収集や書類作成、面接対策など、やるべきことがたくさんあります。「日々の仕事をこなしながら、そうした準備を行うのは負担が大きい」という方は、転職エージェントを利用するのがよいでしょう。

マイナビコメディカルでは、さまざまな条件から自分の希望に合った職場を探せるほか、非公開の求人情報も豊富にそろっています。また、転職のプロであるキャリアアドバイザーが、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策から、入職後のアフターフォローまで、みなさまの転職活動をしっかりとサポートいたします。

年収アップを目指して転職を検討する際には、管理栄養士に特化した求人情報がそろう「マイナビコメディカル」をぜひご利用ください。

【関連リンク】管理栄養士のスキルアップに必要なこと|
転職を成功させるためには?

まとめ

マイナビコメディカルで実際に掲載されている求人情報を見ると、管理栄養士のモデル年収は約350万~390万円となっており、これは保育士や介護職員と同様の水準です。

管理栄養士の年収は、勤務地域や勤務形態、事業規模によって大きく異なります。しかし、学歴による収入の差はあまりないため、高卒や短大卒でも自分の努力や能力次第で高収入を目指せることが管理栄養士の特徴です。

管理栄養士が給与アップを目指す方法には、「別の資格を取得する」「待遇のよい職場に転職する」といった方法が挙げられます。ただし、管理栄養士の年収は、勤務地域や就業形態、勤務地域などによって大きく異なるため、求人を調べる場合は、勤務場所や勤務地域ごとの特徴についてもきちんと把握しておいてください。

転職を検討している管理栄養士の方や、管理栄養士として就職を目指している方は、ぜひマイナビコメディカルをご利用ください。業界に精通したキャリアアドバイザーが、みなさまの転職活動を全面的にサポートいたします!

マイナビコメディカルの
キャリアアドバイザーに転職相談する(完全無料)
転職のプロがあなたにマッチする
職場探しをお手伝いします♪
マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルへのよくあるご質問

監修者プロフィール

マイナビコメディカル編集部

 

リハ職・医療技術職・栄養士のみなさまの転職に役立つ情報を発信中!
履歴書や職務経歴書の書き方から、マイナビコメディカルサイト内での求人の探し方のコツや、転職時期ごとのアドバイス記事などを掲載。
転職前の情報収集から入職後のアフターフォローまで、転職活動の流れに添ってきめ細やかなフォローができる転職支援サービスを目指しています。

管理栄養士/栄養士(NRD)の転職ノウハウ 記事一覧

管理栄養士/栄養士(NRD)の記事一覧を見る

管理栄養士/栄養士のピックアップ求人

管理栄養士/栄養士の新着求人2024年6月更新!

人気コラムランキング

直近1ヶ月でよく読まれている記事を
ランキングでご紹介します。

職種・カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す

著者・監修者から記事を探す

簡単1分無料転職サポートに申し込む