管理栄養士は美容業界で活躍できる?仕事内容や給料相場は?

最終更新日:2022年5月20日
 公開日:2021年12月1日

管理栄養士は、主に献立の作成や栄養指導、食材管理などを行う「食育のプロ」です。一般的な活躍の場は病院や学校、介護・福祉施設ですが、実は美容業界においても需要の高い仕事となっています。

しかし、美容業界で働く管理栄養士と医療業界・福祉業界で働く管理栄養士とでは、栄養指導を行う目的や提案内容に大きな違いがあります。そのため、美容業界で活躍したいと考える管理栄養士は、まずその業界における管理栄養士の仕事内容について理解を深めておきましょう!

そこで今回は、美容業界における管理栄養士の仕事内容と給料相場をご説明いたします。また、管理栄養士が美容業界で求められるスキルもご紹介しますので、美容業界への転職を少しでも考えている管理栄養士の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【関連リンク】栄養士の仕事内容を職場別に紹介|資格の取得方法や将来性も
img

管理栄養士は美容業界でも需要が高い?

国家資格者である管理栄養士は献立作成や栄養指導が主な仕事であり、病院や学校、介護・福祉施設が一般的な活躍のフィールドだとイメージされやすいですよね。しかし、管理栄養士は、美容業界でも需要が高い職種と言えます。

それでは、なぜ美容業界において管理栄養士が必要とされているのでしょうか?

その理由は「摂取した食べ物が身体状態・肌状態などに大きくかかわるため」です。

生活習慣のみならず、食生活の乱れや偏りによっても美容に悪い影響を及ぼすので、一人ひとりの身体や肌の状況をふまえた正しい食事指導が求められます。誰よりも深い知識をもって正しい食事指導ができる管理栄養士は、美容業界において必要不可欠な存在と言えるでしょう!

また、医療・福祉業界で活躍する管理栄養士は、患者や利用者の健康を維持するための仕事が求められますが、美容業界で活躍する管理栄養士は、利用者の美をサポートするための仕事が求められます。管理栄養士として、食事と健康面の知識だけでなく、美容に興味をもち、かつ美容に関する知識のある方は、美容業界での勤務にも非常に向いているでしょう。

【美容】管理栄養士の主な勤務先と仕事内容

美容業界とひとくちに言っても、さまざまな業種が存在することが特徴です。業種が違えば求められるスキルも大きく異なる可能性もあるので、美容業界の中でも各業種の仕事内容をざっくりと把握しておきましょう。

ここからは、各業種における管理栄養士の基本的な仕事内容や働き方を詳しくご説明します。

美容クリニック

美容クリニックで働く管理栄養士は、カウンセリングスタッフとしてクリニックへ訪れたお客様へのメニュー・料金説明や栄養指導を行います。美容クリニックでは特に、肌のお悩みをもったお客様へのヒアリングや適切な提案・栄養アドバイスが求められており、一人ひとりの悩みや生活スタイルに適したおすすめのレシピを紹介することも。

また、美容クリニックの中でも美容と健康のメンテナンスに特化したクリニックであれば、肌のお悩みに対する提案・アドバイスだけでなく、ダイエットをしている人に向けての栄養指導を行うことも多いでしょう。

管理栄養士を歓迎する美容クリニックは比較的大きい規模であることも多々あり、スタッフの数が充実している傾向にあります。そのため、年間休日も120日としている職場が多く、夏季休暇や産休育休、介護休暇などもとりやすいことが魅力でしょう。

美容サロン

美容サロンで働く管理栄養士は、サロンへ訪れたお客様へのメニュー・料金の説明やエステティックサービスの提供、食事アドバイスを行うことが主な仕事内容です。美容クリニックは医療機器を扱うため医師免許がなければお客様への施術が行えないことも多々ありますが、美容サロンの場合はエステティシャンとしてお客様へ施術を行うことも日々の仕事の一環となります。

特に美容サロンは痩身をメインとしているところも多く、お客様一人ひとりに合わせた食生活面・栄養面のサポートができる管理栄養士は重宝されるでしょう。美容サロンは女性のお客様が多く、悩みの内容がデリケートなものであることから、女性スタッフとなる女性管理栄養士はより需要が高まります。

全国展開しているような大手美容サロンの場合は、完全週休二日制や各種休暇制度を設けていることも多々あり、ワークライフバランスのとれた働き方ができる点が魅力です。

化粧品メーカー

化粧品メーカーで働く管理栄養士は、研究開発職員・商品企画職員として化粧品の成分設計やマーケティングリサーチが主な仕事内容です。具体的には、健康だけでなく美容もサポートできる有効成分を研究したり、その研究内容をもとに新たな商品を企画したりします。

現在では、SNSが普及し、影響力の高いインフルエンサーなどの登場により、化粧品はニーズが高まっている傾向です。そのため、商品開発に大きく貢献する管理栄養士は重宝されるでしょう。メーカーによっては、化粧品売り場など店頭でスタッフとしてカウンセリングや適切な商品の提案・販売を行うこともあります。

健康食品・サプリメントメーカー

健康食品・サプリメントメーカーで働く管理栄養士は、化粧品メーカーで働く管理栄養士と同様、研究開発・商品企画を行うことが主な仕事内容です。内側から健康をサポートする健康食品やサプリメントの研究では、栄養設計や成分調査において管理栄養士ならではの観点・知識が求められます。

美容クリニックや美容サロンとは異なり、お客様とのコミュニケーションではなくメーカーで働くスタッフ同士でコミュニケーションや連携をとることが基本です。なお、健康食品・サプリメントメーカーで働く管理栄養士も、店頭でお客様に対してカウンセリングを実施し、ニーズに適した健康食品・サプリメントを提案することもあります。

フィットネスクラブ・パーソナルジム

管理栄養士は、フィットネスクラブ・パーソナルジムにおいても需要の高い職業です。フィットネスクラブ・パーソナルジムで働く管理栄養士は、保健指導トレーナーとして利用者に対して適切な栄養指導を行ったり、食事プランを提案したりすることが主な仕事となります。

特にフィットネスクラブ・パーソナルジムはアイデアや企画力が求められるので、「健康な食事」における幅広い専門知識をもち、お客様からの相談を受けて適切な提案のできる管理栄養士の方はとくに重宝されるでしょう。

全国に系列店を展開する大手フィットネスクラブ・パーソナルジムの場合は、管理栄養士の資格を保有していることで資格手当を受けられる場合もあります。

自分に向いている職場は?転職のプロがアドバイスします♪(完全無料)
【関連リンク】マイナビコメディカルで管理栄養士/栄養士の求人を探す

美容業界で活躍する管理栄養士の給料相場

美容業界での活躍を検討している管理栄養士が最も気にするポイントの一つが、給料相場なのではないでしょうか。下記に、美容業界で活躍する管理栄養士の給料相場を、詳しい業種に分けてご説明いたします。

なお、各給料相場は求人情報をもとに算出した年収であり、参考値として捉えてくださいね。

業種 給料相場(年収)
美容クリニック 約340万~420万円
美容サロン 約300万~380万円
化粧品メーカー 約290万~360万円
健康食品・サプリメントメーカー 約360万~460万円
フィットネスクラブ・パーソナルジム 約290万~340万円

管理栄養士が活躍できる美容業界の中でも、特に高い年収が設定されている傾向にある業種は「美容クリニック」「健康食品・サプリメントメーカー」でした。この2つは、正社員に限らずアルバイト・パートとして働く場合の時給も比較的高いことがわかります。

特に健康食品・サプリメントメーカーでは、結果を出せば出すほど、基本的に大きな収入を得られることが特徴です。

【関連リンク】管理栄養士の年収はいくら?職場別の平均給与を公開

管理栄養士が美容業界で求められるスキル

管理栄養士が美容業界で活躍するためには、栄養や食事を主とした健康の知識だけでなく、美容関連の知識も大切です。それぞれの食材に含まれる成分・栄養素がどのような美容効果を生み出し、身体にどのような影響を与えるかなどを学んでいきましょう。

しかし、美容業界とひとくちに言っても、実際に働く業種によって習得すべき知識は異なることも。たとえば美容クリニックでは主に肌悩みを抱えるお客様へ適切な提案ができるよう、スキンケア・フェイシャルケアの知識や関連資格が求められる場合もあります。一方で健康食品・サプリメントメーカーでは、身体を健やかに保つための成分といった知識が求められるといった部分が異なります。

また、美容クリニックや美容サロンの場合はお客様と直接コミュニケーションをとって、お客様の悩みをヒアリングしたり、適切なアドバイスを行うことも大切。カルテの管理や電話対応など、付随する業務も多くあるため、応対スキルも身に付けておくとよいでしょう。

このように、美容業界で働く管理栄養士は「管理栄養士」として働くのではなく、スタッフや研究員として働くことが多いので、健康や美容に関する管理栄養士ならではの知識に加えて、あらゆる技術を積極的に身に付けておくことがおすすめです!

【関連リンク】管理栄養士のスキルアップに必要なこと|転職を成功させるためには?

まとめ

管理栄養士の主な活躍フィールドは医療業界・福祉業界ですが、美容業界でも管理栄養士の需要は高まっています。また、医療業界・福祉業界で働く管理栄養士と美容業界で働く管理栄養士とでは、栄養指導を行う目的や提案内容に大きな違いがあり、業務内容も大きく異なります。

さらに美容業界で働く管理栄養士は、資格保有による手当を受け取れる可能性もあり、また結果を出せば出すほど給料として反映される職場も多くあります。そのため、「美容に興味がある」という管理栄養士には、美容業界での勤務はおすすめと言えるでしょう!

ここまでの内容を参考に、美容業界への就職・転職を目指す管理栄養士の方は、ぜひ「マイナビコメディカル」をご利用ください。全国のコメディカル求人情報を掲載するマイナビコメディカルでは、専属のキャリアアドバイザーが適切な求人のご紹介から面接対策まであらゆる転職サポートを無料で行っています!

転職のプロがあなたにマッチする職場探しをお手伝いします♪マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルへのよくあるご質問

合わせて読みたい関連記事

【関連リンク】管理栄養士・栄養士の給料事情は?年齢や施設ごとに総まとめ!
【関連リンク】管理栄養士の仕事内容は種類が豊富!気になる年収も紹介

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

管理栄養士/栄養士(NRD)の転職ノウハウ

管理栄養士/栄養士(NRD)の記事一覧を見る