医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

国試過去問ドリル

国試過去問ドリル

理学療法士国家試験で学ぶ、研究に関する基本的用語の理解

患者さんに対する介入内容は、いくつかの選択肢の中から、医療者の経験、科学的な理由、患者さんの好みなどを考慮...

国試過去問ドリル

言語聴覚士による摂食嚥下機能の評価 各評価法の視点について

東京都言語聴覚士会所属の本田です。言語聴覚士養成校を卒業後、維持期病院、併設の小児科クリニック勤務を経て、...

国試過去問ドリル

国際生活機能分類(ICF)のコアセットとは

手足を怪我したり病気があったりする患者さんは、例えば「手足を動かすことができない」、「痛みがある」などの身...

国試過去問ドリル

アルコール依存症を克服するための作業療法のポイント

厚生労働省が実施する「平成29年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒...

国試過去問ドリル

MWSTとは? 摂食嚥下機能のスクリーニングテスト(評価)について

東京都言語聴覚士会の津村恒平です。 突然ですが、みなさまは摂食嚥下機能をどのような方法で評価していますか? ...

国試過去問ドリル

がん(悪性腫瘍)の基礎知識とリハビリテーション

第53回作業療法士国家試験問題が厚生労働省Webサイトに掲載されました。 既にご覧になった方の多くが気づかれてい...

国試過去問ドリル

中枢神経障害の回復機序 神経リハビリの基本とは

神経を障害された方に対するリハビリテーションは、多くの病院で行われています。その原因や状態はさまざまです。 ...

国試過去問ドリル

記憶障害の原因に応じたリハビリ方法とは?

はじめまして。東京都言語聴覚士会所属の新井慎です。大学卒業後、回復期病院を経て、現在は訪問看護ステーション...

国試過去問ドリル

心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)の基本ケアと作業療法

心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)、いわゆるPTSD。生死にかかわるような強い恐怖感が記...

国試過去問ドリル

医療・介護・リハビリでの検査・測定データの読み方~尤度比とは

臨床では、診断のためにいろいろな検査・測定が行われ、そのデータがカットオフ値(病態識別値)に対して陽性か陰...

国試過去問ドリル

NG法?PEG?OE法? 知っておきたい嚥下障害における栄養管理

こんにちは、東京都言語聴覚士会の近藤晴彦です。養成校を卒業後、回復期リハビリテーション病院に十数年ほど勤務...

国試過去問ドリル

パーキンソン、筋萎縮性側索硬化症…疾患に合った作業療法を選択しよう

なぜこの作業を行うのか。この作業がどんな結果をもたらし、将来の生活にどうつながっていくのか。私たち作業療法...

国試過去問ドリル

フレイル早期発見のポイントと介入の方法

日本はすでに高齢社会になっており、内閣府の「高齢社会白書(平成29年度版)」によると、平成28年10月1日現在、6...

国試過去問ドリル

ひらがなが覚えられない・教科書が読めない―発達性読み書き障害とは?

学習障害(LD)のひとつ、発達性ディスレクシア(発達性読み書き障害) 言語聴覚士編の国試過去問ドリルでは、前回の...

国試過去問ドリル

大腿骨頸部骨折後のリハビリテーション

高齢化率の上昇に伴い、年々増加の一途を辿る大腿骨頸部・転子部骨折。2010年、年間11万人であったものが、2030年...

国試過去問ドリル

失語症? 老人性難聴? 高齢者のコミュニケーションについて

東京都言語聴覚士会所属の新家尚子です。急性期、回復期病院への勤務を経て、現在は訪問看護ステーションに勤務し...

国試過去問ドリル

作業療法場面における高齢者の転倒リスクの評価

高齢者の3人に1人が、年間に一度以上経験するとされる「転倒」。厚生労働省の人口動態調査によると、転倒による死...

国試過去問ドリル

正しい選択ができていますか? 誤嚥性肺炎予防にも良い摂食嚥下障害の訓練法

はじめまして、言語聴覚士の津村恒平と申します。 最近、某週刊誌にて誤嚥性肺炎の特集が組まれるなど、摂食嚥下障...

国試過去問ドリル

発達障害の分類と現在の状況

前回は発達障害に関する過去問から、発達障害の概念と状態に適切な作業療法についておさらいしました。続編の今回...

国試過去問ドリル

発達障害の見分け方と適切な作業療法とは

発達障害の作業療法が、主に「就学前」の子どもを対象とすると考えられていたのは、もう一昔前の話。肢体不自由や...

トップへ戻る

TOPへ