医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

マイナビコメディカル
マイナビコメディカル

医療介護・リハビリ・療法士のお役立ち情報【マイナビコメディカル】

セラピストプラス

国試過去問ドリル

国試過去問ドリル

小児のリハビリ~機能性構音障害について~

今回は、小児の機能性構音障害のリハビリ方法について焦点をあてた言語聴覚士国家試験の過去問題です。実際の症例...

国試過去問ドリル

若年層に多くみられる摂食障害に関する作業療法士の国家試験出題

今回は心理社会的背景が主な要因といわれている摂食障害に焦点をあてました。中学生~20歳代前半の若い女性に多く...

国試過去問ドリル

バランス機能テストについて

バランス機能の低下は、移動能力や活動量の低下をもたらし、転倒してしまう重要な原因のひとつです。そのため、特...

国試過去問ドリル

知っておきたい吃音の基礎と臨床

今回は吃音に焦点をあてた言語聴覚士の過去問題です。ご本人も吃音の当事者である東京都言語聴覚士会吃音部理事のS...

国試過去問ドリル

高齢者の自動車運転に関する作業療法士国家試験過去問

作業療法士の国家試験では、高齢者の自動車運転の特性や免許更新時の認知機能検査について多々取り上げられていま...

国試過去問ドリル

パーキンソン病の病態と症状解説

難病に指定されている大脳基底核の進行性の神経変性疾患であるパーキンソン病。振戦などの運動症状に加えて、自律...

国試過去問ドリル

高齢者の長期臥床のリスクについて

安静臥床を一定期間続けることによって身体能力が大幅に低下し、さまざまな機能低下がおこる廃用症候群。一度廃用...

国試過去問ドリル

作業療法士の物理療法に関する国家試験出題

今回は作業療法士が行う物理療法について解説します。近年の作業療法士国家試験では、実際に現場で必要となるよう...

国試過去問ドリル

糖尿病に対する運動療法

厚生労働省が指定する五大疾病のうちのひとつ、糖尿病。糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症の3大合併症を始...

国試過去問ドリル

誤嚥性肺炎の兆候を見逃さない!~言語聴覚士が肺炎の兆候を知るのに有用なデータ~

嚥下の直接訓練の実施によって生じるリスクのひとつとして、「誤嚥性肺炎」があり、言語聴覚士は十分注意しなけれ...

国試過去問ドリル

作業療法評価~精神障害・職業関連活動領域の作業療法士国家試験出題~

作業療法プログラムや目標を決定、あるいは修正していくうえで欠かせない「評価」には、様々な手段(測定・検査・...

国試過去問ドリル

理学療法士国家試験で学ぶ、研究に関する基本的用語の理解

患者さんに対する介入内容は、いくつかの選択肢の中から、医療者の経験、科学的な理由、患者さんの好みなどを考慮...

国試過去問ドリル

言語聴覚士による摂食嚥下機能の評価 各評価法の視点について

東京都言語聴覚士会所属の本田です。言語聴覚士養成校を卒業後、維持期病院、併設の小児科クリニック勤務を経て、...

国試過去問ドリル

国際生活機能分類(ICF)のコアセットとは

手足を怪我したり病気があったりする患者さんは、例えば「手足を動かすことができない」、「痛みがある」などの身...

国試過去問ドリル

アルコール依存症を克服するための作業療法のポイント

厚生労働省が実施する「平成29年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、「生活習慣病のリスクを高める量を飲酒...

国試過去問ドリル

MWSTとは? 摂食嚥下機能のスクリーニングテスト(評価)について

東京都言語聴覚士会の津村恒平です。 突然ですが、みなさまは摂食嚥下機能をどのような方法で評価していますか? ...

国試過去問ドリル

がん(悪性腫瘍)の基礎知識とリハビリテーション

第53回作業療法士国家試験問題が厚生労働省Webサイトに掲載されました。 既にご覧になった方の多くが気づかれてい...

国試過去問ドリル

中枢神経障害の回復機序 神経リハビリの基本とは

神経を障害された方に対するリハビリテーションは、多くの病院で行われています。その原因や状態はさまざまです。 ...

国試過去問ドリル

記憶障害の原因に応じたリハビリ方法とは?

はじめまして。東京都言語聴覚士会所属の新井慎です。大学卒業後、回復期病院を経て、現在は訪問看護ステーション...

国試過去問ドリル

心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)の基本ケアと作業療法

心的外傷後ストレス障害(Post Traumatic Stress Disorder)、いわゆるPTSD。生死にかかわるような強い恐怖感が記...

トップへ戻る

TOPへ