条件に該当するweb公開求人2件(2事業所・施設)※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【福島県】臨床工学技士の求人情報|給与や求人が多い地域を解説 【福島県】
臨床工学技士の求人情報|給与や求人が多い地域を解説

都心部の病院や医療法人に勤務する臨床工学技士の中には、地方都市に移住し転職を検討する人も少なくありません。福島県の医療・福祉サービスを充実させるためにUターンやIターン転職を検討し、実行に移す人が一定数存在します。

臨床工学技士の求人事情や待遇・仕事内容は、地域によって異なります。正しい情報をもとに転職先を判断しなければ、後悔する結果となりかねません。

そこで今回は、福島県で臨床工学技士の求人を探す人に向けて、特徴や平均給与といった情報を解説します。福島県で臨床工学技士を目指す人は、参考にしてください。

1. 福島県における臨床工学技士求人の特徴

福島県は、東日本大震災発生前から医師不足の深刻である都道府県に該当します。震災後は、避難指示の生じた地域を筆頭として人材流出が進行し、解決策を模索する状況が続いています。

このような状況の中、臨床工学技士には県内で働く医師をサポートし、チーム医療に貢献する役割が期待されます。
チーム医療において臨床工学技士が担当する仕事は、次のような内容です。

  • ・人工呼吸器のメンテナンスや安全管理を含む呼吸治療業務全般
    ・人工心肺の操作管理業務
    ・人工透析室や血液浄化センターにおける人工透析機器の操作
    ・持続的血液浄化装置など、生命維持管理装置の操作管理業務
    ・その他の病院内医療機器管理業務や医療機器保守、点検業務

上記の仕事に精通しており、また実務経験を持つ臨床工学技士は、県内施設における活躍を期待されます。

主な転職先は病院やクリニックとなりますが、企業での治験コーディネーター職も多数見受けられます。

1-1. 福島県の臨床工学技士の現状・課題と今後の目標

福島県に勤務する臨床工学技士の人数は、人口10万人あたり24.4人です。全国平均20.6人を上回る水準であるため、供給不足という状態ではありません。

そのうえで、福島県保健福祉部「第七次福島県医療計画」では、臨床工学技士に対する需要の増加を想定し、安定的な確保を試みる方針であることが示されました。また、臨床工学技士の県内定着を図るため、教育機会の充実を行うことも示されています。
(出典:福島県保健福祉部「第七次福島県医療計画」
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/library/300330-7th-iryoukeikaku.pdf

定着率の向上や教育機会の増加が見込まれるため、福島県で臨床工学技士として働く場合、高い意欲を持って働くことを必要とされます。

臨床工学技士に対する教育は、主に一般社団法人福島県臨床工学技士会が担当します。直近のスキルアップセミナーや勉強会の開催実績は、下記の通りです。

開催日 種類 内容 対象者
2019年3月 福島・宮城呼吸療法セミナー 血液ガス・呼吸療法に関する基礎知識 宮城県および福島県臨床工学技士会の会員
2019年8月 人工呼吸器セミナー 非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)や呼吸管理・専用機器操作方法 福島県臨床工学技士会の会員及び希望者

2. 【福島県】臨床工学技士の平均給与

さまざまな求人サイトの情報によると、福島県における臨床工学技士の平均的な給与は、月給で約18~28万円程度、年収で約216~336万円程度であることがわかります。
臨床工学技士の全国平均年収が約300~450万円のため、少し低く見えますが、月収とは別に年2回・4ヶ月分のボーナスを支給する施設も存在します。手当やボーナスを含めた場合には、全国平均と同水準の給与です。

臨床工学技士以外の職業を含む福島県の最低賃金時間額は772円(2019年10月1日より798円)と、全国加重平均額である901円を下回ります。この点を考慮すると、臨床工学技士は高収入を得ることが可能な職種です。
(出典:厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、福島県の医療・福祉業(企業規模10人以上)で働く人の平均年齢は、43.9歳です。勤続年数の平均は10.7年と、長期的なキャリア形成を行う人が目立ちます。
(出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

臨床工学技士は専門的な知識や経験を要求される職業であるため、勤続年数や経験に応じた年収アップが可能です。マネジメントスキルを磨き、管理職に就くことで昇給が期待できます。

3. 【福島県】臨床工学技士の求人が多いエリア

福島県において臨床工学技士の求人が多いエリアは、以下の3都市です。

求人が多いエリア
福島市
郡山市
いわき市

福島市は県北医療圏に属する市区町村に該当し、郡山市は県中医療県に属する市区町村です。

いわき市は、東北県内で最大規模を誇る人工透析センターの医療機関がある都市です。人工透析経験者に対する安定的な需要が存在するため、定期的な求人募集を行っています。

福島市・郡山市・いわき市以外の市区町村に勤務する臨床工学技士も存在するため、一時的な需要と供給の不一致が発生し、求人募集を行うケースもあります。転職サイトを定期的に閲覧し、常に採用情報の検索を行うことが大切です。

転職サイトを活用すると、希望職種や業務内容、勤務地情報に合致する内容の求人募集が生じた際に、連絡を受けることが可能です。応募条件、雇用形態や保有資格など、詳細プロフィールと希望条件をあらかじめ共有し、効率的な転職活動を行いましょう。

まとめ

ここまで、福島県における臨床工学技士求人の特徴や平均給与、そして求人が多いエリアについて解説しました。

福島県では医療体制の充実が課題となっているため、臨床工学技士求人の増加も予想されます。セミナーや勉強会なども定期的に開催されており、着実にスキルアップを図ることも可能です。

臨床工学技士は、命に関わる仕事を担当するやりがいの大きな職業です。福島県で活躍する臨床工学技士を目指し、前向きな一歩を踏み出しましょう。

※当記事は2019年9月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件