長崎県臨床工学技士(ME)の公開求人一覧

条件に合う公開求人3

(3事業所・施設)掲載中

非公開求人

(1~3件目を表示中)

(1~3件目を表示中)

  • おすすめ特集

    • マイナビコメディカルに長崎県の臨床工学技士求人はどのくらいありますか?
      長崎県の臨床工学技士求人は3件あります。(2022年06月27日更新)
      サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。
    • 長崎県の臨床工学技士求人ではどのような条件が人気ですか?
      長崎県×残業少なめ
      長崎県×住宅手当・補助あり
      長崎県×未経験OK
      長崎県×正社員(正職員)
      長崎県×病院
      他の条件でも人気の求人がございますので、「こだわり条件」から検索いただくか、お気軽にお問い合わせください。
    • 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?
      無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。

    【長崎県】臨床工学技士の求人情報|平均給与や人気のエリアも紹介 【長崎県】
    臨床工学技士の求人情報|平均給与や人気のエリアも紹介

    医療技術の進化に伴い、人工透析装置や人工呼吸器など患者の生命に関わる医療機器を取り扱う臨床工学技士の需要は、増加傾向にあります。

    長崎県においても、この流れは同様です。さらに、高齢化の進む地域を多く抱える長崎県では、臨床工学技士の重要度が一層増加しています。このような事情を背景に、臨床工学技士の求人数は増加傾向にあることが、長崎県の特徴です。

    この記事では、長崎県における臨床工学技士求人の「特徴」や「平均給与」「求人数の多いエリア」についてわかりやすく紹介します。長崎県で、臨床工学技士の仕事を検討されている人は、ぜひご覧ください。

    1. 長崎県における臨床工学技士求人の特徴

    全国的に見て、長崎県は少子高齢化が進んでいる県です。2025年には、高齢化率(65歳以上が人口に占める割合)が35%を超えると予測されています。そのため長崎県は、九州地方で最も高齢化が深刻なエリアとなっています。

    高齢化の進展を背景に、長崎県では積極的に医療体制の強化が図られています。医療体制の強化とともに、医療機器のスペシャリストである臨床工学技士への需要も高まりを見せている点が、長崎県の特徴です。

    また長崎県では、医療機関や有資格者団体の長崎県臨床工学技士会によるサポート体制が整えられています。血液浄化セミナーなど実務に役立つ各種勉強会が行われ、これから臨床工学技士として成長していこうとする人たちに向けたサポート体制の充実が、長崎県の魅力です。

    通常、臨床工学技士の資格を活かして仕事を行う場合は、病院・診療所といった医療機関に就職します。現在の長崎県における医療機関の設置状況は次のとおりです。

    医療機関の種類 施設数
    病院 150
    一般診療所 1,381

    (出典元:厚生労働省「医療施設動態調査(平成30年3月末概数)」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m18/dl/is1803_01.pdf

    上記の全医療機関で臨床工学技士が勤務しているわけではありませんが、長崎県は大規模病院から地域密着型の診療所・クリニックまで、様々な場所で活躍の機会があります。

    1-1. 実務未経験でも応募できる求人が多い

    長崎県における臨床工学技士の特徴としては、実務未経験・新卒の有資格者にも応募資格のある求人が、多くあることを挙げられます。長崎県の医療機関で、実務未経験の人を積極的に採用する理由は、採用後の教育体制に力を入れているためです。もちろん、実務経験のある人は、即戦力として歓迎されます。

    長崎県の臨床工学技士で、募集の多い業務内容は以下のとおりです。

    • ・透析室における人工透析関連業務
      ・血液透析業務
      ・医療機器点検管理(内視鏡業務・人工心肺装置管理等)
      ・ペースメーカーの業務全般
      ・治験業務支援

    長崎県の臨床工学技士求人で募集の多い仕事内容は、人工透析などで透析機器を取り扱う「透析業務」です。実務経験がない人も積極的に採用している医療機関が多く、臨床工学技士としての基本的な実務を学んでいく上で、透析業務は適しています。また、民間の治験支援機関による治験コーディネーターを募集する求人も多い点が、長崎県の特徴です。

    2. 【長崎県】臨床工学技士の平均給与

    長崎県における臨床工学技士の平均年収は、300万円~400万円ほどとなります。複数のコメディカル系求人サイトを確認すると、長崎県における平均的な月収・賞与額は下記表のとおりです。

    長崎県の平均的な月収 約20万円~27万円
    長崎県の平均的な賞与 約2ヵ月~4ヵ月分

    勤務先によっては、さらに交通手当や住居手当、資格手当、家族手当などが加算されます。そのため、実質的な支給額は、上記の年収額よりもやや多くなるケースが大半です。

    臨床工学技士が受取る年収の全国平均は「300万円~450万円ほど」となります。全国平均と比較すると、長崎県の平均年収は全国平均と同等レベルです。

    3. 【長崎県】臨床工学技士の求人が多いエリア

    長崎県内で最も臨床工学技士の求人が多いエリアは、長崎市です。長崎市は県の中心部であり、県内医療機関の約3分の1が集中するエリアであるため、臨床工学技士などのコメディカル専門職に高い需要があります。
    臨床工学技士の専門的な知識が必要とされる、最新機器が備えられた大規模な総合病院があることも、長崎市の求人数が多い理由です。長崎市は市街地化が進み、交通アクセスに優れているため、臨床工学技士への就職・転職を希望する人に、人気を集めています。

    長崎市に次いで、臨床工学技士の求人数が多いエリアは、県央エリアの諫早市や県南エリアの島原市です。

    諫早市は、長崎市の隣に位置する人口約14万人の街で、長崎市のベッドタウンや工業都市として栄えています。大規模な医療機関は少ないものの、地域密着型の医療機関が諫早市内に数多く設置されている点が特徴です。
    最近では、中小の医療機関においても、臨床工学技士の需要が高まっているため、機器管理業務などの求人数が増加傾向にあります。

    島原市は、県南エリアの島原半島における中心都市です。臨床工学技士の求人を見ると、透析業務を中心として活躍の場があります。また、透析以外にも人工呼吸器などの管理・点検業務を行う中規模病院による求人も見られるため、幅広いスキルの習得を目指す人に、島原市は適したエリアです。

    まとめ

    臨床工学技士は、医療機器のスペシャリストとして、医療の現場で欠かせない人材となっています。長崎県は、高齢化の進展に伴い、人工透析業務を中心とした臨床工学技士の需要が増大しているエリアです。そのため、給与や福利厚生の面で都市部と比較して、見劣りしない求人が多くあります。

    また、治験コーディネーターなど民間企業による求人もあるため、自分のキャリアプランやスキルに応じた仕事を選ぶことが可能です。長崎県で募集されている、様々な規模・診療科の医療機関や企業などから、自分に合った理想の職場を探しましょう。

    ※当記事は2019年9月現在の情報を基に作成しています

    自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

    「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。