条件に該当するweb公開求人1件(1事業所・施設)※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【宮崎県】臨床工学技士の求人情報|エリアの特徴・気になる平均給与 【宮崎県】
臨床工学技士の求人情報|エリアの特徴・気になる平均給与

宮崎県は、九州地方の中で人口が少ないものの、平均寿命が全国平均より長く、高齢化が進んでいるエリアの1つです。そのため、宮崎県全体で地域医療の重要性が高まっており、コメディカル人材へのニーズが拡大を続けています。
中でも、医療の現場で重要性が高まっているコメディカル職種が、臨床工学技士です。

この記事では、宮崎県における臨床工学技士の「求人状況」や「平均給与」「求人数の多いエリア」について、紹介します。宮崎県内で臨床工学技士を目指す方は、ぜひご覧ください。

1. 宮崎県における臨床工学技士求人の特徴

宮崎県は九州地方の中で、佐賀県に次いで2番目に人口が少ないエリアです。近年は、年々人口が減少しています。また、宮崎県内の高齢化率は30%を超えて、全国平均よりも高い水準です。

宮崎県における高齢化の進展に合わせてか、医療従事者の年齢状況も高齢化が進んでいます。宮崎県内の医師平均年齢は、2014年時点で51.4歳と高い水準です。
(出典:宮崎県医療薬務課「地域の概況」/https://www.pref.miyazaki.lg.jp/iryoyakumu/kense/kekaku/documents/1357_20180517102031-1.pdf

このような情勢にある宮崎県の医療機関では、若い医療従事者の採用に積極的で、臨床工学技士の求人では、実務未経験者を歓迎するものを多く見かけます。また、採用後は長期的なスキル養成を狙いとした、正規職員の募集が目立っていることが、宮崎県における臨床工学技士求人の特徴です。

全国的な医療業務の電子化に伴って、宮崎県内の医療機関もWordやExcelといった基本的なPCスキルを持つ人材の確保を進めています。そのため、臨床工学技士としての実務経験が乏しくとも、基本的なPCスキルを持った方には、宮崎県内の採用状況は有利です。

宮崎県内では、透析業務や医療機器の管理といった一般的な臨床工学技士としての仕事の他にも、治験コーディネーター(CRC)の求人も多く見られます。自分の計画するキャリアプランに合わせて、最適な職場を選びましょう。

1-1. 経験を活かして営業職として活躍することができる

宮崎県では、医療機関に勤務する一般的な働き方だけではなく、臨床工学技士としての資格や経験を活かし、医療機器販売の営業を行う仕事の求人もあります。これまでに培ってきた臨床工学技士の実務経験を活かして、高収入を目指す方には最適です。

医療機器販売の技術営業職は、臨床工学技士の資格と知識を活かせる仕事ですが、業務を通じてコミュニケーション能力やコンサルティング・スキルを身に付けられます。後々、医療の現場に戻った時にも、営業職で身に付けたスキルは、有効に活用することが可能です。

2. 【宮崎県】臨床工学技士の平均給与

宮崎県における臨床工学技士の平均年収は、300~400万円代です。複数の求人サイトをもとに、宮崎県で募集されている医療機関種類別・臨床工学技士の年収は、下記表の試算となります。

診療所・クリニック 一般病院 ケアミックス病院
モデル年収上限金額 320 306 312
モデル年収下限金額 440 516 416
平均金額 380 411 364

(単位:万円 千円台は四捨五入)

臨床工学技士の全国平均年収は、300~450万円程度であり、宮崎県における給与もほぼ全国平均と同等レベルです。

上記の収入額は賞与を含みますが、全て夜間勤務なしの医療機関からデータを抽出しているため、実際には夜間勤務手当の影響により、年収額がさらに増える可能性があります。また、上記試算には、家賃補助や家族手当などの諸手当は含まれません。

宮崎県は、全国的に見て最も物価が低い水準であるため、臨床工学技士として平均的な収入を得ている方にとっては、比較的暮らしやすい地域です。現在、物価水準の高い都市部で生活して、収入に満足できない方には、物価水準の低い宮崎県での転職・就職をおすすめします。

3. 【宮崎県】臨床工学技士の求人が多いエリア

宮崎県内における臨床工学技士の求人数を見ると、宮崎市・都城市・延岡市の順となっています。ここでは、求人数の多い各エリアの特徴について、紹介します。

宮崎県内で最も臨床工学技士の求人数が多いエリアは、県庁所在地の宮崎市です。宮崎市は、県内で最も人口が多く、国立病院や大学病院など大規模な総合病院が集中しています。そのため、宮崎市は県内における医療の中心地となっている点が特徴です。

宮崎市内における臨床工学技士の求人を見ると、小規模なクリニック・診療所を中心としつつも、比較的規模の大きいケアミックス病院によるものもあります。治験支援を行う民間企業による求人も見られるため、自分のスキルやキャリアプランに応じて、適切な職場を探すことが可能です。

都城市は、県内で2番目の人口規模を擁します。鹿児島県に隣接し、宮崎と鹿児島の両文化を色濃く反映している街です。都城市には、大規模な国立病院が存在しています。ただ、臨床工学技士の求人を見ると、地域密着型の小規模診療所やクリニックによるものが多い点が、特徴です。

延岡市は、戦前から工業都市として発展を遂げてきました。県内では比較的人口規模が大きく、救急指定病院の認定を受ける大規模病院が存在します。臨床工学技士の求人では、透析業務の担当者を募集している医療機関が見られるため、資格を活かして活躍したい方には、相応しいエリアです。

まとめ

九州地方の中では、2番目に人口の少ない宮崎県ですが、臨床工学技士をはじめとしたコメディカルの有資格者に対する需要が高まっています。臨床工学技士としての実務経験を持たない方も、積極的に正規職員として採用されている点が、宮崎県における求人の特徴です。

また、宮崎県内では医療機関だけではなく、医療機器販売の技術営業職や治験コーディネーターの求人も見られます。そのため宮崎県は、病院・診療所以外での経験を積みたい方にも、相応しいエリアです。宮崎県で、自分のキャリアプランやスキルに合った、理想の職場を探してみてはいかがでしょうか。

※当記事は、2019年9月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件