条件に該当するweb公開求人0※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【沖縄県】臨床工学技士の求人情報|平均給与と募集が多いエリアまで 【沖縄県】
臨床工学技士の求人情報|平均給与と募集が多いエリアまで

沖縄県は観光地としても人気で、一度は住んでみたいと考える方は多いのではないでしょうか。しかし沖縄県は、2025年には県民の4人に1人が高齢者となることが見込まれています。さらに、離島が広範囲に散在しているため、医療の提供体制が十分とはいえません。

そこで今回は、沖縄県の臨床工学技士の求人情報や平均給与、求人が多いエリアまで詳しく解説します。自身のライフスタイルに合った求人を効率よく探すためにも、ぜひ参考にしてください。

1. 沖縄県における臨床工学技士求人の特徴

沖縄県では、広範囲に散在する離島や高齢化に伴い、治療に必要な医療を適切に提供する体制が整えられています。しかし臨床工学技士の求人は、応募数に比べて求人数が少ない傾向にあります。これは、沖縄県に設置されている病院などの医療機関施設数が、全国的にみても少ないことが理由です。

下記は、大都市と沖縄県の医療施設数を比べたデータです。

都市名 医療機関施設数 沖縄県との差
沖縄県 1,594件 -
東京都 24,692件 23,098件
大阪府 14,515件 12,921件

沖縄県における医療提供体制の特徴は、県立病院のシェアが高いことが挙げられます。急増する医療の需要に対応するため、県立病院の整備を急速に進められてきたことが理由です。また、臨床工学技士の求人が多く見られる職場は、病院やクリニックに加え、治験コーディネーターや専門学校の講師の募集などもあります。

そして、沖縄県の臨床工学技士求人で求められるスキルは、透析業務をはじめとした業務全般です。さらに、実務経験が1年以上としている求人も見られました。地元や地方から臨床工学技士として沖縄県に転職を考えている際は、実務を積んでから転職を行うことをおすすめします。

1-1. 臨床工学技士認定制度の点数取得できる「九州・沖縄臨床工学会」

沖縄県で臨床工学技士としてスキルアップを目指すのであれば、「九州・沖縄臨床工学会」に参加した方が良いでしょう。この学会は九州・沖縄を拠点としており、臨床工学技士として働いている方に向けて、勉強会やセミナーを開催しているコミュニティのことです。

また臨床工学技士は、スキルアップを目的としたさまざまな資格が用意されています。九州・沖縄臨床工学会では、専門臨床工学技士認定などの点数取得の管理を行なっています。そのため九州・沖縄臨床工学会に参加すると、参加期間によって「臨床工学技師認定制度の8単位」や「MDICの10単位」などを取得することが可能です。

2. 【沖縄県】臨床工学技士の平均給与

臨床工学技士の平均年収は、全国的にみると約300~450万円です。

対して、沖縄県で働く臨床工学技士の平均年収は、約200~360万円ほどで全国平均と比べると低い傾向にあります。また高いところでは、600万円や800万円の募集も見られるため、差が大きいことも分かります。

このように沖縄県の平均給与が低い理由は、最低賃金が全国平均よりも下回っていることが挙げられます。最低賃金を大都市と沖縄県で比較すると、以下のとおりです。

都市名 最低賃金 沖縄県との差
沖縄県 762円
(2019年10月3日より790円)
×
東京都 985円
(2019年10月1日より1,013円)
223円
大阪府 936円
(2019年10月1日より964円)
174円
全国加重平均額 874円
(改定後901円)
112円

(出典:厚生労働省 「地域別最低賃金の全国一覧」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

また臨床工学技士の昇給は30歳前後から始まり、20代で約20万円代、30代で約30万円代の給与が受け取れます。しかし、さまざまな手当を含めると一概にいくらとはいえません。

勤務年数以外で収入アップを目指すのであれば、「透析技術認定士」や「血液浄化専門臨床工学技士」などの認定資格を取得しましょう。また、勤務先・雇用形態などによっても年収は変わります。同じ勤務先で実績を積み上げることで、昇給の可能性が高まるためです。しかし、勤務先によっては昇給がほとんどない場合もあるため注意が必要となります。

3. 【沖縄県】臨床工学技士の求人が多いエリア

沖縄県で臨床工学技士の求人が最も多いエリアは、県庁所在地でもある那覇市です。沖縄県の中でも人口が多く、総合病院や一般病院、クリニックなどの医療機関施設も数多く設置されています。募集されている主な仕事内容は、透析・心血管カテーテル業務や治験コーディネーター、医療機器営業などです。

那覇市に次いで、臨床工学技士の求人が多いエリアは浦添市です。浦添市は那覇市の隣に位置するエリアであり、バスや駅などの交通機関が整っています。募集されている主な仕事内容は、透析業務を含む臨床工学技士業務全般です。

上記2つのエリア以外で、臨床工学技士の求人が出ているエリアは以下の通りです。

  • ●豊見城市
  • ●沖縄市
  • ●宜野湾市
  • ●うるま市
  • ●名護市
  • ●石垣市

石垣市は、日本列島の最南西端に位置する離島です。そのため、島暮らしを体験してみたい方にとってはたまらない勤務先といえます。募集されている主な仕事内容は、透析業務を伴う臨床工学技士業務全般です。

他のエリアでも求人は出ていますが、どのような町か分からなくて心配な方は、市区町村の運営サイトなどでリサーチしてみると良いでしょう。

まとめ

沖縄県で臨床工学技士として働く際、求められるスキルは業務全般です。さらに、実務経験は1年以上としているところもあるため、今のうちにスキルアップに繋がる行動をしておくことが大切といえるでしょう。

沖縄県内で臨床工学技士の求人が多いエリアは、那覇市と浦添市です。しかし、沖縄県の臨床工学技士は応募数に比べて求人数が少ない傾向にあるため、自身の希望に合った求人が見つからない可能性もあります。転職を考えている方は、あらかじめ求人内容をよく確認しておきましょう。

※当記事は2019年9月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件