神奈川県臨床工学技士(ME)の公開求人一覧

条件に合う公開求人26

(25事業所・施設)掲載中

非公開求人

(1~15件目を表示中)

(1~15件目を表示中)

  • おすすめ特集

    • マイナビコメディカルに神奈川県の臨床工学技士求人はどのくらいありますか?
      神奈川県の臨床工学技士求人は26件あります。(2022年07月03日更新)
      サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。
    • 神奈川県の臨床工学技士求人ではどのような条件が人気ですか?
      神奈川県×積極採用中
      神奈川県×残業少なめ
      神奈川県×住宅手当・補助あり
      神奈川県×正社員(正職員)
      神奈川県×病院
      他の条件でも人気の求人がございますので、「こだわり条件」から検索いただくか、お気軽にお問い合わせください。
    • 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?
      無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。

    【神奈川県】臨床検査技師の求人情報|活躍できる場所・平均給与まで 【神奈川県】
    臨床検査技師の求人情報|活躍できる場所・平均給与まで

    関東の一大ベッドタウンとして、多くの医療施設を有する神奈川県には、高いモチベーションのある人におすすめの臨床検査技師求人が多いです。

    しかし、臨床検査技師の求人とひとくちにいっても、求められるスキルや平均給与は異なります。自分の希望に合った求人を見つけるためにも、神奈川県における臨床検査技師求人の特徴を調べることが大切です。

    今回は、神奈川県内で臨床検査技師として活躍できる場所や、神奈川県の臨床検査着技師の平均給与について具体的に紹介します。神奈川県で臨床検査技師の仕事を探している人は、ぜひ当記事を参考にしてください。

    1. 神奈川県における求人の特徴

    神奈川県内の医療機関の多くは、通勤しやすい場所にあるため、常勤として働きたい人から家事・育児の合間に働きたい人まで、多くの求職者の希望に応えることができます。

    また、横浜市や川崎市などの大都市では、臨床検査技師資格を活かせるCRC(治験コーディネーター)などの求人も多くあります。臨床検査技師に留まらず、幅広く業務に携わりたい人は、CRCを目指すこともおすすめです。

    神奈川県では、臨床検査技師資格を活かして活躍できるチャンスが多いため、臨床技師として大きく成長することができるでしょう。

    1-1. 臨床検査技師が活躍できる場所は神奈川県にどれくらいある?

    地域別病院数は、横浜市・川崎市・相模原市の順に多く、一般診療所数は横浜市・川崎市・藤沢市の順に多くあります。
    2018年11月時点における神奈川県内の合計医療機関数は、以下の通りです。

    病院(総合病院・専門病院) 338施設
    一般診療所(医院・クリニックなど) 6,033施設

    (出典元:日本医師会「地域医療情報システム」/http://jmap.jp

    上記の表からは、神奈川県の病床数は、総合病院や専門病院よりも一般診療所の施設数が多いことが分かります。

    神奈川県では、臨床検査技師の勤務先として、病院や一般診療所のほか、健診センターや保健所、衛生検査所、民間企業などで働くことが可能です。

    〇病院・一般診療所や健診センター
    各部エコー・脳波・心電図測定のほか、採血経験者歓迎を謳う施設があります。スタッフ数が少ない小規模診療所では、検査業務に加えて各種事務処理などを行う場合があるため、幅広くスキルを取得することが可能です。

    〇保健所や衛生検査所
    飲食関連商業施設の許認可や施設の衛生確認、感染症の調査などが主な業務です。保健所で働く場合は、自治体が定める公務員試験に合格する必要があります。

    〇医療機器や薬品などのメーカー企業
    近年、CRC(治験コーディネーター)の募集が増えています。CRCは治験分担医・被験者・治験依頼者のスケジュール管理や、インフォームドコンセントなどのサポート業務全般を行い、担当エリアによっては出張が多いです。商品開発・営業分野で活躍したい人に向いています。

    〇臨床検査センター
    臨床検査センターでは、主に業務委託による検体検査を行います。未経験者や経験の浅い人、老若問わず働くことができるため、初心者や長く勤務したい人におすすめです。

    神奈川県は、県内の医療機関数が多いだけでなく、上記のような幅広い施設で臨床検査技師として働くことができるため、職場の選択肢に困ることはないでしょう。

    2. 【神奈川県】臨床検査技師の平均年収について

    平成30年の賃金構造基本統計調査のデータによると、臨床検査技師の全国の平均年収は約470万円と言われています。一方で、神奈川県で臨床検査技師として働いた場合の平均年収は、約385万円と全国平均よりやや少なめとなっています。

    神奈川県の大規模な病院の給与は、基本的に高めに設定されていますが、夜勤やオンコール対応を求められることもあります。そのため、体力に自信がある人や、しっかりと働いてキャリアアップしたい人におすすめです。

    また、小規模な診療所や健診センター、健康診断専門のクリニックなどは、給与はそれほど高くありませんが、子育てや介護と両立しつつ無理なく働きたい人に適しています。職場によっては早出勤務や残業をする場合もありますが、基本的に日勤のみで日曜・祝日は休みとなることが多いです。そのため、アルバイト感覚で働きたい人は、小規模な診療所や健診センターなどに応募すると良いでしょう。

    3. 【神奈川県】臨床検査技師の求人が多いエリア

    神奈川県で臨床検査技師の求人が多いエリアは、横浜市です。横浜市のなかでも、とくに人口が多い北部の青葉区・港北区・緑区などで、求人が多く出されています。また、一般診療所からも多くの求人が出ている横浜駅や、みなとみらいがある西区は、交通の便が良いため、勤務地が自宅から遠い人でも気軽に勤務することができます。

    ただし、横浜市から出されている臨床検査技師の求人は非常に多いです。自分の希望に合った求人を探す際は、公式サイトや転職サイトのほか、無料人材紹介サービスを利用することをおすすめします。条件をつけて自分の希望に合った求人を検索することが可能です。

    無料人材紹介サービスに掲載されている求人は、非公開求人情報を検索することができます。非公開求人情報は、採用率・給与額ともに高いです。しかし、募集人数が少なく、すぐに掲載終了となってしまうことが多いため、無料人材紹介サービスを利用する際は、こまめに新着情報を確認しましょう。

    まとめ

    国内第2位の人口を誇る神奈川県には、多くの医療施設があるため、臨床検査技師の求人数も国内有数の多さを誇っています。そのため、自分の希望する条件に合った求人を簡単に見つけることが可能です。

    神奈川県では、未経験可・ブランクOKの求人や扶養範囲内勤務・短時間勤務OKの求人も多いため、実務経験が少ない人や臨床検査技師として再就職したい人に適しています。また、老若問わず募集している求人もあるため、臨床検査技師として長く活躍したい人は、神奈川県での就職を検討してみてはいかがでしょうか。

    ※当記事は、2019年9月現在の情報を基に作成しています

    自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

    「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。