山形県の臨床検査技師公開求人・転職・募集情報一覧

山形県の臨床検査技師の求人・転職傾向

山形県で臨床検査技師として働いている方は約660人で、月の平均労働時間は175時間(全国比+14時間)となっています。また、山形県における臨床検査技師の平均年収は501.9万円で、全国平均の496.5万円と比べてやや高い状況です。
臨床検査技師の有効求人倍率は、全国平均が1.42倍なのに対して、山形県は3.64倍。臨床検査技師の需要は高いと言えます。加えて、山形県には病院が67施設、クリニックが726施設あり、臨床検査技師として働ける施設が豊富です。さまざまな求人の中から、ぜひ自分の条件に合った職場を探してみてください。
マイナビコメディカルでは、サイトに掲載されていない非公開求人や限定求人も多数取り扱っております。もしご希望の条件に合った求人が見つからない場合は、キャリアアドバイザーが非公開求人を含む中から厳選してご紹介いたしますので、ぜひご活用ください。

※各種数字情報は2023年1月 マイナビ調べによる

山形県の臨床検査技師求人は1件あります。(2024年07月20日更新)
サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。

山形県の臨床検査技師求人では以下のような条件が人気です。
積極採用中 ・託児所・育児補助あり ・正社員(正職員)  ・病院

他の条件でも人気の求人がございますので、「こだわり条件」から検索いただくか、お気軽にお問い合わせください。
全国の臨床検査技師求人から検索いただくことも可能です。

無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。
ご希望条件がまだ定まっていない方は人気の希望条件をピックアップした求人特集をぜひご活用ください。
転職支援の他、情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。

(1~1件目を表示中)

(1~1件目を表示中)

  • おすすめ特集

  • 【山形県】臨床検査技師の求人情報|平均給与と人気のエリアを紹介! 【山形県】
    臨床検査技師の求人情報|
    平均給与と人気のエリアを紹介!

    山形県は東北地方の日本海側に位置する県です。東北に属する県の中では、社会全体の高齢化による影響がひときわ大きいため、臨床検査技師の需要も年々高まっている県でもあります。

    そこで今回は、山形県における臨床検査技師の求人の特徴や平均給与、求人数が多いエリアを紹介します。さらに、書類選考や面接で採用されやすくするにあたり、歓迎される経験やスキルも紹介しているため、就職・転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

    1. 山形県における求人の特徴

    山形県における臨床検査技師の求人数は、近隣の他県に比べると比較的多いです。ただし、求人数に対して応募者数が上回っているため、競争が激しいエリアでもあります。

    また、平成30年3月末時点で、病院69施設、一般診療所923施設と、全国で見ても少ない施設数です。高い求人倍率を通過するためには、事前に応募書類を準備しておき、求人が出た瞬間に応募するようにしましょう。

    (出典:厚生労働省「医療施設動態調査(平成30年3月末概数)」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m18/dl/is1803_01.pdf)

    1-1. 人口のうち高齢者の占める割合が多い山形県

    山形県の人口で65歳以上の高齢者が占める割合は、平成29年10月1日時点で32.3%と、全国で6番目に高齢化率が高い県です。さらに、三世代同居率では全国で最も高く、子供や孫との同居率は59.7%となっています。

    臨床検査技師の需要は、社会の高齢化に伴い、年々高まっています。そのため、前述したように高齢化率の高い山形県では、臨床検査技師の求人がこれから先さらに増える傾向にあるといえるでしょう。臨床検査技師として就職を成功させる、という点では山形県は近隣の他県に比べると狙い目であるといえます。

    1-2. 山形県で臨床検査技師として働く際に歓迎される経験とスキル

    山形県で臨床検査技師として働くにあたり、2年から3年以上の実務経験・治験コーディネーター・ICU・CCUの経験などがあれば、就職に有利です。特に治験コーディネーターには、公的な資格がないため、関連学会や業界団体が実施している資格の取得や、実務経験があれば、現場で重宝されるでしょう。

    さらに医療系の資格以外にも、普通自動車免許の所持や、Office(Word・Excel・Powerpoint)の知識が必要とされる求人もあります。そのためOfficeソフトの使用方法の勉強や、可能であれば、普通自動車免許を取得することがおすすめです。事前にできる限りのことをして、万全の体制で求人に応募しましょう。

    2. 【山形県】臨床検査技師の平均給与

    山形県での臨床検査技師の平均月給と、全国の臨床検査技師の平均月給は以下の通りです。

                          
    山形県での臨床検査技師の平均月給 約18万~24万円
    全国での臨床検査技師の平均月給 約32万円

    (出典:厚生労働省「平成30年賃金構造基本統計調査」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

    山形県での臨床検査技師の平均月給は、全国平均よりも低いということが分かります。ただし山形県での臨床検査技師の平均月給は常勤職員を想定した場合の給与です。
    非常勤のパート職員の場合は時給約1,400円~2,000円が平均となっています。山形県の最低賃金が739円、全国の最低賃金が848円であることを考えれば、非常勤の場合の給与は非常に高いと言えるでしょう。

    前述したように、全国平均と比べた場合、山形県の給与事情はあまり良くありません。ただし、山形県で臨床検査技師を目指す場合の本質は給与ではなく、「地域医療への貢献」ではないでしょうか。もちろん働くうえで給与は重要な項目です。しかし給与ばかりではなく、どのようにして医療に携わるのか、仕事のどういった部分にやりがいを見出すのかといったことをしっかり考えてから就職すると、長く働き続けることができます。
    山形県ならば「地域医療への貢献」という大きなやりがいを持ち、働き続けることができるでしょう。

    3. 【山形県】臨床検査技師の求人が多いエリア

    山形県で臨床検査技師の求人が最も多いエリアは、山形市です。山形市は県庁所在地であり、人口も令和元年7月の調査では県内でトップの249,682人を誇ります。山形市についで人口の多い鶴岡市や酒田市も、臨床検査技師の求人が多いエリアです。
    また、鶴岡市や酒田市程ではないものの、人口の多い天童市・新庄市・長井市などは、医療関係の法人施設も多く、臨床検査技師の求人が多く出ています。

    求人を選ぶ時には勤務先の給与だけでなく、勤務形態や休日の取りやすさ、アクセスの良さも見て、負担が少ない勤務先を選ぶ必要があります。特に女性の方は、待遇・福利厚生の欄に、育児休暇取得実績があるかどうかをしっかりと確認しましょう。

    まとめ

    山形県は近隣の他県に比べれば、求人数は多いですが、その分応募者も多いエリアです。
    県内の医療施設数も、全国で見れば少ない部類に入るため、事前に応募書類等をしっかりと準備をしておき、求人が出たらすぐに応募できるようにしておくことが重要です。

    山形県での臨床検査技師の給与は、全国平均から見ると、決して高いものではありません。しかし、給与以上に大きな魅力が「地域医療への貢献」というやりがいです。

    どんな仕事であろうともやりがいがなければ長く続けることはできません。自分が臨床検査技師として働くうえでのやりがいや、どのようにして医療に携わっていくのか、しっかりと考えて就職活動をしましょう。

    ※当記事は2019年8月現在の情報を基に作成しています