条件に該当するweb公開求人3件(3事業所・施設)※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【宮崎県】臨床検査技師の求人情報|勤務地から平均給与まで紹介! 【宮崎県】
臨床検査技師の求人情報|
勤務地から平均給与まで紹介!

臨床検査技師は、医療機関の職員としてエコーや心電図などの操作や、採取された血液や尿などの検体の検査が主な仕事です。

また近年、宮崎県では臨床検査技師の資格と経験を活かせる「治験コーディネーター」や「アプリケーションスペシャリスト」などといった仕事の需要も高まっています。臨床検査技師の勤務先としては医療機関が多数を占めますが、上記の職種ならば医療機関以外の求人も見つけることができるでしょう。

今回は、宮崎県における医療機関の施設数や臨床検査技師の平均給与、勤務先で求められるスキルを紹介します。

1. 宮崎県における臨床検査技師求人の特徴

宮崎県における臨床技師の求人は、前述したような医療機関からの求人だけではありません。医療に関連する機器などを開発している一般企業やメーカーなどでも、臨床検査技師の需要は高まっています。

臨床検査技師の勤務先は、病院などの医療機関だけではありません。医学の進歩や業務の多様化により、医療機器の開発も現代の医療を支えるには必要なことです。そのため、医療機器メーカーなどでも臨床検査技師の需要は高まっています

医療機器メーカーでは、臨床検査技師が実際に医療現場での経験を元にして、よりよい医療機器の開発や使い方を模索しています。そういった仕事を行う職種のことをアプリケーションスペシャリストと言います。

医療機器メーカーで働くメリットとしては、休日が多いという点があげられます。病院の場合では、急患などにより休日が不規則になる可能性もありますが、医療機器メーカーならば休日は社内規程等に定められたものとなるため、不規則になることもありません。

また、臨床検査技師の求人の中には、様々な経験やスキルを求められるものがあります。
経験不問な求人も少なからずありますが、給与という点を見ると低くなることは否めないでしょう。そういった求人の特徴は、宮崎県でも変わることはありません。

ここからは、臨床検査技師の求人で求められることもあるスキルのうち、CRCの経験と超音波検査について解説します。

1-1. 求められるスキル①CRCの経験

CRCという言葉をはじめて聞く人もいるのではないでしょうか。CRCとは、Clinical Research Cooddinatorの略で、日本語では治験コーディネーターと呼ばれます
治験とは、病院で使われている医薬品や医療機器の販売前に実施される、安全性と有効性を確かめる調査です。調査は医師が管理を行い企業から預かった調査票に記入することが一般的ですが、医師は診療などで忙しく、時間が取れない状態が続くこともあります。

そこでCRCが医師の業務補助に入り治験全体を管理します。仕事の内容は患者さんへのインフォームドコンセント・服薬指導・検査スケジュール管理・各担当者の調整などです。そのためCRCは、看護士・薬剤師・臨床検査技師などの経験者でなければできません。一般的にCRCは、大学病院・県立病院・総合病院の薬剤部か臨床検査科の所属となっている事が多いです。

1-2. 求められるスキル②超音波検査の経験

超音波検査とは、患者さんとコミュニケーションをとりながら、腹部・心臓・頸動脈・乳腺・子宮などの状態を検査します。医学知識と医療技術を兼ね備え、多くの患者さんを検査し、経験があれば好ましいでしょう。
現在超音波検査の求人は、総合病院・専門病院・一診療所・健診センターなどで欠員が発生した際に補充のために求人が出されています。

他にも婦人科検診や不妊治療などで、レディースクリニックからの求人も増加傾向にあるため、医療業界で活躍するためには必要なスキルの一つでしょう。

2. 【宮崎県】臨床検査技師の平均給与

宮崎県における臨床検査技師の平均月給は約27万~31万円となります。年収では約440万~500万円です。ただし、給与額はあくまで平均であり性別や経験年数、勤務地などによって異なります。
(出典:「平成30年賃金構造基本統計調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/chinginkouzou.html

宮崎県でこれから臨床検査技師として就職、または転職を考えている人は、ハローワークやインターネットで求人情報を随時確認し、最新の情報を逃さないようにしましょう。

3. 【宮崎県】臨床検査技師の求人が多いエリア

宮崎県の求人数は県内で人口が多く、臨床検査技師の需要も高い宮崎市や都城市が人気のエリアです。ただし、宮崎県の医療機関数は、全国的に見ても特別多いというわけではありません。

厚生労働省が発表しているデータでは宮崎県の病院数は139施設、そのうち療養病床がある病院が64施設です。一般診療所は884施設、療養病床がある施設は25施設となっています。
(出典:厚生労働省 政府統計「平成30年医療施設動態調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m18/dl/is1803_01.pdf

中でもやはり、県庁所在地である宮崎市は特に医療施設が多く、求人数も比較的多い傾向にあります。
しかし、宮崎市の臨床検査技師求人は好条件のものが多く、多くの方からの人気もあるため、求人情報を常にチェックしておくだけでなく、幅広いエリアから求人を探すことをおすすめします。

まとめ

宮崎県の医療機関の数は全国的に見ても少ない数です。臨床検査技師の求人としては県庁所在地であり人口の多い宮崎市や、次いで人口の多い都城市が人気のエリアとされています。

また、勤務先は医療機関だけではなく、医療機器の開発メーカーなどといった一般企業などでも需要は高まっているため就職は可能です。ただし医療機器メーカーなどでは、医療機関で働いた経験が必要となるでしょう。

宮崎県で臨床検査技師としての職を探している人は、病院などの医療機関ばかりではなく、医療機器メーカーなどの一般企業の求人も探してみてください。

※当記事は2019年8月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件