栄養士の職務経歴書の書き方|基本から各項目のポイントまで

最終更新日:2021年12月22日
 公開日:2021年12月22日

職務経歴書は、転職活動に際して、自身の職歴・スキル・資格および自己PRなどを詳しく説明するための書類です。履歴書に書ききれないアピールポイントを職務経歴書に書くことで他の応募者と差をつけやすくなり、転職の成功にもつながるでしょう。

しかし職務経歴書の項目の中には、志望動機や自己PRなどのような、自分の中に答えがあってもアウトプットが難しい項目が複数あるため、書き方に悩んでいる方もいるのではないでしょうか?当記事では、栄養士として転職活動をしている方に向けて、栄養士の職務経歴書の書き方と採用担当者へ好印象を与えるためのコツを紹介します。

【関連リンク】栄養士の履歴書の書き方|
基本・各項目のポイントと志望動機の例
【関連リンク】【栄養士の面接対策】
回答例付き!よくある質問と対策
img

1.【基本事項】栄養士が職務経歴書を作成する際のポイント

栄養士は業務の中で文書作成能力を求められることが多いため、採用担当者は職務経歴書の内容だけでなく、「PCスキル」「文章の読みやすさ」などもチェックしています。

ここでは、職務経歴書作成の基本となるポイントを2つ紹介します。以下の点に注意し、誰が読んでもわかりやすい職務経歴書を作成しましょう。

PCで作成する

職務経歴書は、Wordなどの文書作成ソフトで作成することが一般的です。PCで見栄えのよい職務経歴書を作ることで、基本的なPCスキルやビジネス文書作成スキルのアピールに役立ちます。

用紙設定は縦長かつ横書き、枚数はA4用紙1~2枚が最適です。3枚以上になると読みにくくなるうえ、「情報を簡潔に伝える力がない」と思われてしまう恐れがあります。ただし、転職回数が多く職歴の説明が長くなる場合はこの限りではありません。

箇条書きや見出しを活用する

採用担当者は非常に多忙のため、応募者ひとりひとりに割ける時間は限られています。業務経験の豊富さや熱意を伝えるために、文章をだらだらと長く書きすぎてしまうと、分かりにくい書類になってしまう恐れがあります。
ポイントを抑えながら箇条書きや見出しなどを用いて簡潔にまとめることが重要です。
採用担当者がしっかりと応募者の人となりを理解できるような読みやすい職務経歴書を意識しましょう。

2.他の栄養士と差をつける!職務経歴書作成のポイント

優良企業・大規模施設の求人や待遇のよい求人には、転職希望者が殺到します。ライバルに差をつけつつ、納得のいく転職を実現するためにも、職務経歴書を活用して自分の経歴やスキルを効果的にアピールすることが重要です。

ここでは、栄養士が職務経歴書を作成するときにチェックしておきたい5つのポイントを解説します。

2-1.基本事項

職務経歴書は決められたフォーマットがないため、ある程度自由なスタイルで記入することとなります。職務経歴書に記載する基本事項は履歴書と重複する項目がほとんどですが、連絡先は職務経歴書のみでもわかるように記載しましょう。

原則として、職務経歴書には下記の事項を記載します。

項目 ポイント
表題 冒頭に、本文より2ptほど大きいフォントの太字で「職務経歴書」と書きます。
日付 職務経歴書の提出日を記載します。書類全体で表記が統一されていれば、和暦・西暦のどちらでも可能です。
氏名 姓と名の間にスペースを入れ、氏名の末尾に印鑑を捺します。個人情報の流出を防ぐため、実印や銀行印ではない認印を捺しましょう。

ゴム印はインクがにじんだり色あせたりしやすいため、職務経歴書には適しません。

住所 都道府県名やマンション名などは、省略せずに記載します。
電話番号 日中連絡がつきやすい電話番号を記載します。
Eメールアドレス 日中確認しやすい携帯アドレスまたはフリーメールアドレスを記載します。(会社のアドレスは不可)

履歴書と職務敬意歴書の内容が一致していないと応募先に不信感を与えるため、提出前に相違がないかしっかりと確認しておきましょう。

2-2.職務要約

職務要約は、「採用担当者に職務経歴書をじっくり読んでもらえるかどうか」を左右する重要な項目です。多忙な採用担当者に、職務経歴書を読み進めてもらうにも、魅力的な「つかみ」となる職務要約を心がけていきましょう。

以下の例文は、大学卒業後、保育園で勤務している場合の職務要約です。

職務要約の例文

●●大学栄養学部栄養学科を卒業後、社会福祉法人〇〇会▽▽保育園に入職しました。入職後、1~6歳児向け給食調理業務と食材発注補助業務に携わりながら管理栄養士資格を取得しました。2018年から現在まで、主に食材発注管理および献立作成を担当しています。

採用担当者に興味を持ってもらうために、応募先が求める人材像につながる情報をうまく盛り込むことがコツとなります。学歴と職務経歴を簡潔にまとめつつ、具体的な数字や事実を用いながら、3~4行程度にまとめましょう。

2-3.職務経歴

職務経歴欄には、職歴ごとの仕事内容や具体的な実績などを記載します。職務経歴欄に記載する主な項目のポイントは、下記の通りです。

項目 ポイント
事業所名 事業所名や運営法人名は正式名称を記載し、所在地・全従業員数・栄養士の人数も併記します。複数の拠点がある場合はまず本社所在地を書き、配属先の項目に実際の勤務地を書きましょう。
在籍期間 「2015年4月~現在」「平成30年4月から3年間」など、具体的な在籍期間を記載します。和暦・西暦の表記は、基本事項欄と統一しましょう。
事業内容 勤務先のホームページなどを参考に、以下の項目を書きます。
・事業内容
・設立年
・資本金
・診療科目(医療機関の場合)
配属先 配属先の施設・部署名や栄養士の人数とともに以下の項目を書くことで、読み手が具体的にイメージしやすくなります。
・病床数(医療施設)
・園児・児童数(幼稚園・学校など)
・定員数(高齢者施設など)
担当業務 応募先での仕事と関連の深い業務を、箇条書きでまとめます。
読み手がイメージしやすいよう、なるべく具体的な数値を盛り込みましょう。

【記入例】
・調理業務(約100人分)
・食材発注業務・在庫管理業務
・献立表作成業務(月1回)
・入院患者および家族向けの栄養指導業務

2-4.保有資格・免許・スキル

保有資格・免許・スキルは、栄養士や応募先の業務に関連するものを選んで、取得日順に正式名称で書きましょう。

PCスキルについて言及する場合、「上級レベル」「Word使用経験あり」といった曖昧な表現だけでは採用担当者に伝わりにくくなります。使用したソフトの種類と主な用途を簡潔に書き、具体的なイメージを伝えましょう。

PCスキルの記入例
・Microsoft Word…保護者向け給食便り作成、園内書類作成
・Microsoft Excel…献立表作成、栄養価計算表作成(マクロ使用)

2-5.自己PR

自己PR・志望動機欄では、自身の強みや経験を今後どのように活かしたいかを伝えます。実務経験が浅い場合は、仕事に対する姿勢や熱意をアピールしましょう。

ここでは、幼稚園の給食献立作成に関する自己PR例文を2つ紹介します。

例1:子どもが食事に関心を持つきっかけを作りたい
食育活動に力を入れたいという保護者の声をヒントに、地元の伝統食品や行事食を献立に取り入れ、給食の時間に先生と協力して子どもに説明を行いました。その結果、保護者から「子どもが家の献立にも興味を持つようになり、食事に関する会話が増えた」という声を頂きました。これからも、子どもたちが食事に対して少しでも興味を持てるように、保育園での食育活動を積極的に行いたいと考えています。
例2:コスト感覚を大事にする
食材の切り方や電気・ガスの使い方を徹底的に改善し、2ヵ月で約10%のコストカットに成功しました。浮いた費用を使ってデザートの種類を増やした結果、保護者から「子どもが喜んで給食を食べるようになった」と感想をいただきました。今後も、コスト感覚を大事にしつつ美味しい献立づくりに取り組んでいく所存です。

自己PRのボリュームは箇条書きなら3つほど、文章なら5行以内が目安です。文章メインで書く場合は、必要に応じて小見出しを用いてもよいでしょう。

【関連リンク】【例文あり】
栄養士の志望動機の書き方を解説!
【関連リンク】管理栄養士の自己PRの書き方!
採用に有利になるアピールポイント

3.栄養士が好印象を与える職務経歴書を作成するためのコツ

職務経歴書は、応募者が技術的・経験的に応募要件を満たしているかどうかを、採用担当者が判断するための重要な選考材料のひとつとなります。
似た経歴の応募者が複数いる場合は、職務経歴書の内容が採用の決定打となることもあります。
応募先へ好印象を与えるためには、自分が書いた職務経歴書を採用担当者視点で読み返すことがおすすめです。その際は、以下のポイントを客観的に確認してみましょう。

誤字脱字がなく正しい文章で書かれているか確認する
提出前に読み返し、誤字脱字や、文章のつながりがおかしい部分・読みにくい部分がないか確認しましょう。Wordなどの校閲機能を使うこともおすすめです。
応募先が求める経歴やスキルをアピールできているか確認する
応募先の事業・規模・形態・担当業務などを見直し、求められる経歴やスキルを記載できているか確認しましょう。同じ業種でも、職務経歴書を使い回すことは避けてください。
応募先での活躍を具体的にイメージできるか確認する
採用担当者に「会ってみたい」「一緒に働きたい」と思ってもらえるような文章・活躍のイメージが膨らむ文章になっているかを確認しましょう。実績を伝えるときは数値や根拠を記載することで、内容の具体性や信憑性が増します。

職務経歴書の構成や内容に迷い、なかなか書き進められない場合は、例文や他の人が書いた職務経歴書を参考にすることがおすすめです。最初から完璧な職務経歴書を作ろうとせず、何度も改善を加えながら完成させていきましょう!

転職のプロが、あなたらしさを引き出す書き方を
アドバイスします♪(完全無料)

まとめ

栄養士が職務経歴書を作成する際は、読み手を惹きつける職務要約文を書き、職務経歴を簡潔にまとめることが重要です。また自己PRでは、これまでの取り組みや仕事に対する熱意をしっかりアピールし、採用担当者に「会ってみたい」と思ってもらえるような職務経歴書を目指しましょう!

とはいえ、「自己PRがなかなか思い浮かばない…」「採用担当者に刺さる志望動機がわからない…」などの悩みは出てくるかと思います。

マイナビコメディカルでは、専任のアドバイザーがご自身の希望に沿った形で職務経歴書・履歴書を添削するサービスを無料で行っています。

誤字脱字などのチェック作業はもちろん、履歴書の志望動機欄や職務経歴書の自己PR欄などの書き方も丁寧にアドバイスさせていただきます。
書類作成の他にも、応募先に合った面接の練習など実践的なサポートも行っているため、就職や転職を検討している方は、お気軽にマイナビコメディカルへご相談ください。
転職が初めてという栄養士の方でも安心して転職活動を進めることができるよう、サポートさせていただきます!

転職のプロがあなたにマッチする職場探しをお手伝いします♪マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルで
管理栄養士/栄養士の求人を探す
【関連リンク】マイナビコメディカルへの
よくあるご質問

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

管理栄養士/栄養士(NRD)の転職ノウハウ

管理栄養士/栄養士(NRD)の記事一覧を見る