管理栄養士が治験コーディネーターに転職する方法・求められるスキル

最終更新日:2021年12月27日
 公開日:2021年2月15日

治験コーディネーターは、治験を滞りなく実施するために治験関係者の人間関係を円滑に保つ役割を果たす重要な職業です。医療関係の資格者であれば特別な保有資格がなくとも応募できると聞いて、治験コーディネーターに興味を持った管理栄養士の人もいるでしょう。

そこで今回は、治験コーディネーターの概要と仕事内容、転職するメリット・デメリットについて解説します。管理栄養士から転職する方法やポイント、求められるスキルについても解説するため参考にしてください。

治験コーディネーターとは?概要と仕事内容を紹介

治験コーディネーター(CRC)とは、主に製薬会社に勤務し、新薬の開発で行われる治験を円滑に進めるため医療関係者と被験者の関係性を取り持つ職業です。
以下は一般的な治験コーディネーターの仕事内容となります。

1.治験の実施準備
・治験実施計画書を熟読し、新薬や治験の内容を理解する
・医療機関に出向き、医師や看護師のスケジュールを確認・調整する
・製薬会社と医療機関のミーティングに必要な資料を作成する
・ミーティングに参加する(司会を務めることもある)
2.被験者の募集
・医療関係者からの紹介や募集広告などを利用して被験者を選考する
・治験の説明書や同意書を作成する
・治験の説明に同席し、質問・相談に応じる
・治験関係者と被験者の情報を共有する
3.治験の実施
・被験者に服薬方法などを理解させる
・治験関係者の日程を調整する
・被験者のメンタルケアに努める
・治験薬を管理する
4.報告書の作成
・医師の診察に同席し副作用の有無や服薬の状況を記録する
・有害事象発生の場合には、経緯を24時間以内に製薬会社と医療機関に提出する
・治験中に発生した症例や検査データ、治験結果などをまとめる

最後に治験終了の報告書を作成し、製薬会社と医療機関に提出したらひとつの治験が終了します。

【関連リンク】管理栄養士・栄養士の給料事情は?
年齢や施設ごとに総まとめ!
【関連リンク】マイナビコメディカルで
管理栄養士・栄養士の求人を探す

管理栄養士が治験コーディネーターとして働くメリット・デメリット

管理栄養士が治験コーディネーターとして働くメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット

◯週休二日が期待できる
治験コーディネーターの勤務先は民間企業が多く、ほとんどの場合で土日祝日が休みとなります。年末年始やゴールデンウィーク、お盆などに連休が取れることも珍しくありません。

◯収入アップが期待できる
特に外資系の製薬会社に転職することで、高水準の収入が期待できるでしょう。
また、治験コーディネーターは、管理職などへ昇進しやすい傾向です。勤続年数に応じた昇給幅が大きい職場も多いため、収入アップが見込めます。

◯未経験者でも採用されやすい
新薬の開発を急ぐ製薬会社のなかには、治験コーディネーターの数が足りていない会社も少なくありません。
治験コーディネーターとしての経験がなくとも、条件を満たしていれば採用されやすい傾向です。

デメリット

◯栄養指導業務に携われない
治験コーディネーターの仕事のなかには、栄養指導業務は一切含まれません。
管理栄養士として患者さんと直接関わることが好きな人にとっては、デメリットといえるでしょう。

◯気疲れしやすい
治験を円滑に進めるためには、すべての人の納得を得て、気持ちよく治験が進められるように動かなければなりません。
精神的なストレスが溜まりやすく、人付き合いが苦手な人は負担に感じやすい仕事です。

◯勤務地や担当先が選べないことがある
製薬会社がどの医療機関と協力して治験を行うかは、治験コーディネーターの一存で決められません。また、どの治験を担当するかも自分自身で選べないため、配属先が自宅から遠い場所や通いにくい場所になる場合もあります。

管理栄養士と治験コーディネーターでは業務内容が大きく異なるため、メリット・デメリットを踏まえて実際に転職するかを判断しましょう。

管理栄養士が治験コーディネーターになるためには?

治験コーディネーターになるために必須の資格はありません。
しかし治験に深く関わるだけに、医学・薬学・医療システムに対して深い造詣があり、即戦力となれる人材が求められます。

また、治験コーディネーターに関しては未経験者歓迎としている求人であっても、下記の2つを必須条件として挙げているケースがほとんどです。

  • ・医療系の国家資格を取得済み
  • ・2年以上の臨床経験がある

現在管理栄養士の資格しか持っておらず、臨床経験もない人の場合、まず応募要件を満たすことができません。
反対に、病院やクリニックなどで医療現場の経験を積み、カルテの判読や医療関係者と折衝した経験がある場合は未経験であっても十分に活躍が可能です。加えて臨床経験が3年以上であれば、2年以上の人に比べて応募できる求人が大幅に増えます。

管理栄養士として2年以上臨床経験がある場合は、転職アドバイザーに相談することで募集可能な求人を見つけることができるでしょう。

治験コーディネーターに求められるスキル

治験コーディネーターには、主に下記の3種類のスキルが求められます。

◯コミュニケーション能力
治験コーディネーターの最も重要な仕事は、製薬会社・医療機関・被験者などのスケジュールや意見の調整です。
治験を滞りなく進めるためには、情報の伝達以外にも人間関係を良好に保たなければならないため、高いコミュニケーション能力が求められます。
◯書物などの読解力
治験コーディネーターは「治験実施計画書」に示されているとおりに治験を遂行しなければなりません。
計画書の内容や治験薬を管理する手順、データを記録するための様式などを理解し正しく実行するために、書物などの読解力が求められる職種です。
◯説明力
医学や薬学の専門知識を持たない治験の被験者に対して、十分に理解を得られるだけの説明をしなければなりません。
また、異例の事態に見舞われた場合にも解決に必要な情報やアイデアを必要な相手へ的確に伝えるためには、高い説明力を必要とします。

治験コーディネーターを目指す場合は、日頃から意識して上記のスキルを伸ばすようにしましょう。

管理栄養士が治験コーディネーターに転職する際のポイント

企業が治験コーディネーターを選考する際は、看護師・薬剤師・臨床検査技師など他の職業に就いている人が優先されるケースがほとんどです。
管理栄養士が不利となる理由には、病気や薬に関する知識や臨床経験の少なさが挙げられます。

しかし、管理栄養士であるからといって、すべての求人にチャンスがないわけではありません。管理栄養士から治験コーディネーターに転職するためには、下記のポイントを押さえることが重要です。

◯応募書類はPCで作成する
治験コーディネーターには、データの記録や書類作成などの事務仕事でPCを使う状況が多くあります。応募書類、特に職務経歴書のレイアウトや表記方法には個人差が出るため、ここでPCスキルをアピールすることも可能です。
◯面接前に治験コーディネーターについて理解を深めておく
仕事に対する理解の少なさは、選考に落ちる大きな原因となります。
治験コーディネーターの仕事内容や治験で果たす役割などを深く理解したうえで、管理栄養士としての経験をどのように活かせるか説明できるようにしましょう。
◯転職に成功した人の事例を知ったうえで履歴書や面接などの対策を講じる
転職に成功した人には、応募書類の書きかたや面接時の受け答えなどにある程度の共通点があります。応募者の成功事例以外にも、企業側の選考ポイントを含めた調査をしたうえで対策を講じることが大切です。
◯転職アドバイザーがいる転職サイトを活用する
管理栄養士は、治験コーディネーターへの転職に関しては不利な資格といわざるを得ません。転職アドバイザーがいる転職サイトであれば、数多く掲載されている求人情報のなかから管理栄養士が応募可能で希望する条件に近い情報を見つけることができます。
また、応募書類の作成や面接対策を行っているサイトや登録することで非公開求人が閲覧できるサイトもあるため、ぜひ活用して成功率を上げましょう。

まとめ

治験コーディネーターは治験を円滑に進行するために、製薬会社・医療機関・被験者などの調整役として活躍します。需要も多く、未経験でも採用されやすい状況にありますが、ほとんどの企業で看護師などの他の資格保持者が優先して選考対象となる傾向です。

治験コーディネーターへの転職において、管理栄養士は資格よりも経験が重視されるため、入念に事前準備を行うことが大切です。
転職活動に不安を感じたら、マイナビコメディカルの無料転職支援サービスにぜひご相談ください。書類作成・面接対策からキャリアプランのご相談まで、転職活動をサポートさせていただきます。

マイナビコメディカルの
キャリアアドバイザーに転職相談する(完全無料)

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

管理栄養士/栄養士(NRD)の転職ノウハウ

管理栄養士/栄養士(NRD)の記事一覧を見る