茨城県における理学療法士の給料相場は?稼ぎやすいエリアも紹介

最終更新日:2021年10月12日
 公開日:2021年7月19日

茨城県は、関東地方を構成する1都6県のひとつです。県民の人口は全国で11番目に多く、285万人以上の人々が暮らしています。

(出典:総務省統計局「人口推計(2019年(令和元年)10月1日現在)‐全国:年齢(各歳),男女別人口 ・ 都道府県:年齢(5歳階級),男女別人口‐」/
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2019np/index.html)

社会の高齢化は日本各地で起きていますが、茨城県も例外ではありません。現在、県民で65歳以上の人が占める割合は3割近く、今後は割合がさらに上昇すると見込まれています。高齢者のリハビリに関わる理学療法士の需要も一層高まるでしょう。

そこで当記事では、茨城県における理学療法士の給料相場や需要、求人状況を詳しく解説します。

【関連リンク】茨城県の理学療法士の人気求人・給料ランキングはこちら!

【茨城県】理学療法士の給料相場|全国平均との比較

最初に、茨城県における理学療法士の給料相場について解説します。

給料相場は都道府県によって異なるため、茨城県以外と比較できるように、下記の表では茨城県の給料相場と全国平均の金額を併せて示しています。「平均年収」「平均月収」「手当・賞与」の3つの項目で、各々の金額を比較してみましょう。

平均年収 平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国(※) 約410万円 約29万円 約65万円
茨城県 約320万~400万円 約20万~25万円 約53万~65万円

(※出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)

全国平均は厚生労働省の調べによる数字です。一方、茨城県の給与相場は求人情報サイト「マイナビコメディカル」を基に算出した金額です。求人ごとに施設・運営形態やエリアなど条件が異なるため、相場の金額として幅を持たせています。

以上を踏まえたうえで、茨城県における理学療法士の給料相場は、平均年収と平均月収、手当・賞与のいずれも全国平均よりおおむね低い傾向です。

平均年収に関して茨城県の平均相場は約320万~400万円で、全国平均の約410万円よりも下回り、その差額は10万~90万円程度です。

平均年収と同じく茨城県の平均月収は全国平均よりも下回り、差額は4万~9万円程度です。月々数万円ほどの差額ですが、平均年収が全国平均よりも低くなる一因となっています。

手当・賞与についても茨城県は全国平均と同額程度か、下回る金額です。持っている資格や経験などに応じて手当・賞与の金額は異なるため、茨城県の手当・賞与の相場は上限額と下限額で10万円以上の開きが出ています。

表で見る限り、茨城県の給料相場は全国平均よりも低いものの、求人案件の中には月収や手当・賞与が給料相場を超えるところも存在します。そのため、茨城県で働く理学療法士として全国平均を上回る年収を得ることは十分に可能です。

【茨城県】理学療法士の給料が特に高い市区町村はどこ?

ここまで解説したように、茨城県の給料相場は全国平均よりも下回っています。
しかし、給料相場の金額は県内一律ではなく、市町村やエリアによって大きく異なります。

茨城県で給料が高い傾向にある市区町村は、「つくば市」「土浦市」「水戸市」「古河市」「日立市」です。

下記は、5つの市の年収と月収をまとめた表です。いずれの金額も、「マイナビコメディカル」の求人情報から算出しています。

つくば市 土浦市 水戸市 古河市 日立市
年収 約352万~432万円 約368万~448万円 約352万~432万円 約320万~400万円 約368万~432万円
月収(※) 約22万~27万円 約23万~28万円 約22万~27万円 約20万~25万円 約23万~27万円

(※)手当・賞与分を含めていません

茨城県の中で最も給料が高い市は土浦市であり、年収は約368万~448万円、月収は約23万~28万円です。年収の上限額となる約448万円は、全国平均年収の約410万円を大きく上回る金額となっています。

土浦市に次いで給料が高い市は日立市で、年収は約368万~432万円、月収は約23万~27万円です。年収や月収の上限額はつくば市や水戸市と同じですが、下限額が2つの市の金額よりも15万円以上も上回っています。

5つの市の中で、年収や月収が最も少ない市は古河市です。しかし、年収と月収は茨城県の給料相場と同等の数字となっており、茨城県の理学療法士としては平均的な収入と言えるでしょう。

表からわかるように、土浦市をはじめ、日立市やつくば市、水戸市では全国平均を上回る年収や月収を得られる見込みはあります。また、古河市でも就職先によっては年収や月収が全国平均を上回る可能性はあるでしょう。

茨城県における理学療法士の需要と将来性

ここからは、茨城県における理学療法士の現在の需要と、将来的な見通しについて解説します。

茨城県の人口は、2020年10月1日時点で285万4,131人です。このうち、65歳以上は84万4,209人で人口の29.9%を占めています。

(出典:茨城県「茨城県の年齢別人口四半期報(令和2年10月1日現在)」/
https://www.pref.ibaraki.jp/kikaku/tokei/fukyu/tokei/betsu/jinko/nenrei/index.html)

2000年時点で茨城県における65歳以上の割合は16.6%であることから、20年間で高齢化率が着実に進んでいることは明白です。
また、茨城県の将来推計によると、総人口に占める65歳以上の割合は2030年で33.5%、2045年には40%と5人に2人が65歳以上の人口構成になると見込まれています。

(出典:茨城県「高齢化の指標(令和2年7月1日付け)」/
https://www.pref.ibaraki.jp/hokenfukushi/chofuku/choju/stats/documents/koureikashihyou.pdf)

このように、茨城県は今後も高齢化が進行すると予想されるため、理学療法士は活躍が大いに期待される職業のひとつです。

理学療法士は、障害を抱える人々が自立して日常生活を送れるように身体機能のリハビリ指導を行う専門家です。病気やケガに起因する障害のリハビリのほか、加齢に伴って衰える立ち座りや歩行といった基本動作の維持・回復のリハビリも仕事に含まれます。

現在でも理学療法士の需要は低くないものの、茨城県内の高齢化が進むにつれて人材の必要性がますます高まることは確かです。

茨城県における理学療法士の求人状況

高齢化が進む日本では理学療法士の需要は高く、今後も需要が高まると予想されています。
では、茨城県において理学療法士の需要はどの程度あるのでしょうか。

【茨城県】理学療法士の求人数 148件(2020年11月時点)

(出典:マイナビコメディカル/https://co-medical.mynavi.jp/)

「マイナビコメディカル」の検索結果によると、茨城県における理学療法士の求人数は2020年11月時点で148件です。求人情報一覧に表示されない非公開求人を含めると、実際の求人数はさらに多くなるでしょう。

求人を施設形態別で見てみると、特別養護老人ホームやデイサービス、訪問看護などを含む介護福祉施設の求人が最も多く、全体の約半数を占めています。2番目に多い施設は病院となり、3番目は在宅医療です。

雇用形態は正社員が全体の9割近くを占めているものの、非常勤やパートの募集も少なからず出ています。

また、郡部よりも都市部に求人が集中しており、つくば市や土浦市、水戸市など5つの市で全体の約4割を占めています。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
茨城県の理学療法士求人を探す

理学療法士の就職・転職なら「マイナビコメディカル」の利用がおすすめ!

茨城県で理学療法士の就職・転職を検討している人は、医療関係者のための求人情報サイト「マイナビコメディカル」をぜひご利用ください。

無料の会員登録を行うと、一般には掲載されていない非公開求人をキャリアアドバイザーに紹介してもらうことが可能です。職場環境や離職率データなどの詳細な情報も入手できます。面接の日程調整や履歴書の添削作業などのサポートも受けられるため、しっかりと準備を整えて面接に臨むことができるでしょう。

まとめ

茨城県で働く理学療法士の年収は、全国平均と比べると低い傾向にあります。しかし、土浦市や日立市などには全国平均より年収の高い求人があるほか、手当・賞与が厚遇な就職先を選択すれば、茨城県の給料相場を上回る収入を得られるでしょう。

理学療法士として茨城県で働きたいと考えている場合は、マイナビコメディカルをお気軽にご利用ください。無料の会員登録を行えば、プロのキャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることができます。「マイナビコメディカル」を活用し、希望条件に合う就職先を見つけてください。

【関連リンク】マイナビコメディカルに転職相談する (完全無料)

※当記事は2020年11月現在の情報を基に作成しています

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

理学療法士(PT)の転職ノウハウ

理学療法士(PT)の記事一覧を見る