大阪府における理学療法士の給料相場は?求人状況と将来性も解説

最終更新日:2021年10月12日
 公開日:2021年7月19日

大阪府は理学療法士として、キャリアを積める地域です。大規模な病院や介護施設が多いため、多くの患者をサポートすることができます。
既に理学療法士として働いている人も、大阪府では就職・転職活動が行いやすく、理学療法士としてスキルアップを図れるでしょう。

当記事では、全国と比較した際の大阪府における理学療法士の給料相場と、大阪府内のエリアにおける給料相場を解説します。
また、求人状況や将来性についても詳しくまとめているため、大阪府で理学療法士としての就職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

【関連リンク】大阪府の理学療法士の人気求人・給料ランキングはこちら!

【大阪府】理学療法士の給料相場|全国平均との比較

大阪府における理学療法士の給料相場は、全国平均に比べて高い傾向にあります。ただし、実務経験者向けの求人と、実務未経験者である新卒向け求人では、年収額に差が見られます。

下記は、全国平均と大阪府における理学療法士の給料相場を比較した表です。

平均年収 平均月収
(賞与含めず)
手当・賞与
全国(※) 約410万円 約29万円 約65万円
大阪府 約370万~460万円 約25万~34万円 約55万~65万円

(※出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html)

大阪府における平均年収・月収・手当・賞与のデータは、マイナビコメディカルの求人情報から算出した金額です。そのため、上記の大阪府における給料水準は、あくまでも推定値であり、施設の運営形態やエリアなどの条件により実際の給料額は異なります。

大阪府における理学療法士の給料相場を全国平均と比較すると、かなり高い水準にあります。大阪府は人口880万人以上を抱える、西日本最大の都市です。
日本全国における人口の約7%が在住しており、多様な商業施設や医療施設が集まっています。人口が多く発展している都市であるため、給料水準も高くなっていると考えられます。

(出典:大阪府「大阪府の毎月推計人口」/
http://www.pref.osaka.lg.jp/toukei/jinkou/)

大阪府は、理学療法士の求人数が多く、エリア全体でニーズが高いという特徴があります。大阪府には各地域に小規模のリハビリ施設やデイサービス施設が点在しており、多くの利用者が通っています。
また、最新の医療設備が整った大規模な病院も多く、他府県から通う患者も少なくありません。その結果、理学療法士の需要が高く、全国と比べても求人数が多い傾向にあります。

大阪府では、実務経験者向けの求人では、年収460万円を超えるような高収入の求人も見られます。大阪府には患者数が多いため、病院や介護施設では理学療法士が不足しているケースがあります。
そのような施設では即戦力となる実務経験者の求人募集を行っており、雇用条件として年収が460万円を超える求人も少なくありません。実務経験者の場合、他府県からの転職であっても非常に有利です。

資格を取得したばかりの新卒者の募集求人では、全国平均に比べてやや低い年収額からスタートする場合があります。しかし、さまざまな経験が積める大阪府は、早い段階からのキャリアアップによる昇給を期待できる地域です。

【大阪府】理学療法士の給料が特に高い市区町村はどこ?

大阪府で理学療法士として勤務する場合、エリアによっても年収が異なります。大阪府の中でも、特に理学療法士の給料が高い市区町村は、下記の通りです。

大阪市 堺市 豊中市
年収 約340万~466万円 約327万~446万円 約340万~469万円
月収(※) 約24万~35万円 約23万~33万円 約24万~35万円

(※)手当・賞与分を含めていません

上記は、マイナビコメディカルの求人情報から算出した推定値です。

表を見ると、大阪市と豊中市の給料が非常に高いことがわかります。次いで給料が高い地域は堺市です。いずれの地域も、理学療法士の全国平均年収である約410万円を上回る給料水準を期待できます。

大阪市は大阪府内で人口が最も多く、商業的に発展している大阪府の中心地です。大阪府には有料老人ホームや特別養護老人ホームが多数あり、介護福祉施設が充実しています。
大阪市では高齢者が一人暮らしをしているケースも多いため、訪問業務を専門とする事業所が増加傾向にあります。

豊中市は住宅都市として発展している地域です。高齢者を含む家族で住んでいる世帯が多く、デイサービスやリハビリ施設などの通所施設が多い傾向にあります。

堺市は7つの行政区から構成される広い都市です。大阪市や豊中市に比べると落ち着いた住宅街が多く、看護ステーションやリハビリデイサービスなどの介護施設が数多く点在しています。

大阪府で理学療法士として勤務する場合、自分が働きたい病院や介護施設の条件と合わせながら、大阪市・堺市・豊中市で求人を探すと高収入を期待できるでしょう。

大阪府における理学療法士の需要と将来性

大阪府では、今後も理学療法士の需要は高まると予想されています。また、大阪府は将来性も十分に見込めるでしょう。

大阪府には高齢者が多く、今後も高齢化が続くと予想されるため、理学療法士は需要が高く、将来性もあります。
大阪府の高齢者数は約228万人です。また、大阪府における高齢化率は26.1%となっており、大阪府では年々高齢者の数が増加しています。

(出典:大阪府「高齢者の現状と将来推計」/
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/18262/00281844/03_dai2syou.pdf)

今後も高齢化が進むと予想されている大阪府は、介護施設や福祉サービスはさらに発展していくでしょう。

特に、単身で住んでいる高齢者を対象とした訪問介護や訪問リハビリなど、訪問業務を専門とする事業所は今後も増えると予想されています。それに伴い、理学療法士の需要もさらに高まるでしょう。

理学療法士の患者は高齢者に限らないため、純粋な介護職に比べて幅広い需要があります。理学療法士は、怪我や病気により身体に障害を持った人に対するリハビリも行います。大阪府は人口が多いため、高齢者以外の患者が理学療法士を必要とするケースが少なくありません。
したがって、高齢者数の増加によって考えられる需要の拡大よりも、実際のニーズはさらに高いと予想できます。

大阪府では、理学療法士として勤務できる場所が多いため、理学療法士に高いニーズがあります。都市部である大阪府は人口が多く、病院や介護・リハビリ施設が多数存在しています。
理学療法士として勤務できる場所が多いため、就職に困ることは考えにくいでしょう。また、多くの経験を積むことができるため、将来性も見込めます。

大阪府における理学療法士の求人状況

今後も高齢化が進む大阪府において、理学療法士の需要は年々高まっています。また、怪我や病気などで理学療法士を必要とする患者も多く、理学療法士の将来性も見込める地域です。

【大阪府】理学療法士の求人数 907件(2020年11月時点)

(出典:マイナビコメディカル/https://co-medical.mynavi.jp/)

上記の求人数のうち、給料が高い地域である大阪市の求人数は393件、堺市が60件、豊中市が48件です。また、正社員の募集は750件以上となっています。

勤務先は、訪問看護ステーション・介護老人保健施設・デイサービス・整形外科クリニック・障害児施設など、さまざまです。機能訓練指導員やスポーツ外傷専門職員の募集など、事業所や病院の業務内容により応募要件は大きく異なります。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
大阪府の理学療法士求人を探す

理学療法士の就職・転職なら「マイナビコメディカル」の利用がおすすめ!

「マイナビコメディカル」は、医療分野に特化した求人サイトです。

マイナビコメディカルは、無料の会員登録を行うことで、専門のキャリアアドバイザーと面談の上で、アドバイスを受けることができます。
また、応募する施設の離職率データや、実際の職場環境に関する情報を会員向けに提供しております。非公開求人の紹介も行っているため、より広い選択肢から応募する施設を選択できます。

就職・転職活動が苦手な人には、面接の日程調整や履歴書の添削サポートも行っています。理学療法士としてのキャリアプランを組み立てて、自分に合った就職・転職活動を行うことができます。
理学療法士の就職・転職には、ぜひマイナビコメディカルをご利用ください。

まとめ

大阪府における理学療法士の給料相場は、約25万~34万円となっており、全国平均の約29万円に対して高い水準にあります。実務経験者の場合は、年収が460万円を超えるものも見られます。

大阪府では高齢化の進展により、今後も理学療法士の需要は高まるでしょう。大阪府は病院や介護福祉施設といった勤務施設が多く、将来性も見込めます。そのため、大阪府は理学療法士として働くにあたって、十分に魅力のある地域です。

理学療法士として大阪府で勤務したい人は、キャリアアドバイザーによるサポートが魅力である「マイナビコメディカル」の利用をご検討ください。

【関連リンク】マイナビコメディカルに転職相談する (完全無料)

※当記事は2020年11月現在の情報を基に作成しています

信頼と実績のマイナビが運営する
安心のサービスです

理学療法士(PT)の転職ノウハウ

理学療法士(PT)の記事一覧を見る