大分県作業療法士(OT)の公開求人一覧

条件に該当する公開求人
35件(28事業所・施設)掲載中(1~15件目を表示中)

  • マイナビコメディカルに大分県の作業療法士(OT)求人はどのくらいありますか?
    大分県の作業療法士(OT)求人は35件あります。(2022年05月27日更新)
    サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。
  • 大分県の作業療法士(OT)求人ではどのような条件が人気ですか?
    大分県×土日祝休
    大分県×残業少なめ
    大分県×住宅手当・補助あり
    大分県×正社員(正職員)
    大分県×病院
    他の条件でも人気の求人がございますので、「こだわり条件」から検索いただくか、お気軽にお問い合わせください。
  • 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?
    無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。

【大分県】作業療法士の求人情報|平均給与・求人を探すポイントも 【大分県】
作業療法士の求人情報|平均給与・求人を探すポイントも

九州東部に位置する大分県は、由布市・別府市などを中心に温泉を楽しむことができる都道府県です。また、大分県には「とり天」「城下カレイ」などのご当地グルメが多数あることも、魅力の一つです

県庁所在地である大分市の人口が最も多いものの、日高市・中津市・佐伯市など、東西南北に人口が分散しています。そのため、県内のさまざまなエリアで作業療法士の求人を探すことができるでしょう。

この記事では、大分県における作業療法士求人の特徴・平均給与から、作業療法士の求人が多いエリアまでを紹介します。

1.大分県における作業療法士求人の特徴

作業療法士が活躍できる施設は、病院・一般診療所などが挙げられます。大分県の病院・一般診療所の数は、下記のとおりです。

施設数
病院 153
一般診療所 948

(出典:厚生労働省「医療施設動態調査(令和3年4月末概数)」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m21/dl/is2104_01.pdf

大分県における施設数の内訳は、病院が153、一般診療所が948です。全国における施設数の平均は、病院が約175、一般診療所が約2,200となっています。大分県の施設数を全国平均と比べると、病院の数は同等であるものの、一般診療所の数は少ない状況です。

ただし、近隣かつ人口が同水準である宮崎県では、病院が133、一般診療所が897であるため、大分県の施設数が特別少ないというわけではありません。

大分県では、今後さらに高齢者が増加することを見越して「おおいた高齢者いきいきプラン」を実施しています。主に介護職にフォーカスした取り組みではあるものの、理学療法士・作業療法士をはじめとした専門職の活躍も、おおいた高齢者いきいきプランの実現には不可欠です。
(出典:大分県「おおいた高齢者いきいきプラン」/
https://www.pref.oita.jp/uploaded/attachment/2113896.pdf

次に、大分県における作業療法士の求人数を紹介します。

大分県の作業療法士求人数
16件(11事業所・施設)

(出典:マイナビコメディカル/https://co-medical.mynavi.jp/

マイナビコメディカルに掲載されている、大分県の作業療法士の求人数は16件(11事業所・施設)であり、人口・施設数の多い福岡県や熊本県よりは少ない状況です。

また、大分県では病院から多くの作業療法士求人が出ていることが特徴です。急性期病院やケアミックス病院においては外科術後などの患者をサポートし、精神科病院ではレクリエーション活動を通して患者の社会生活への適応を支援します。

大分県における作業療法士求人数の特徴は、以下のとおりです。

●大分県における作業療法士求人の特徴(1)正社員を募集する求人が多い
大分県では正社員の募集が多いため、長く働くことができる職場を見つけやすいといえます。また、経験者だけでなく「作業療法士資格」を持っている人であれば、未経験者でも応募可能です。

●大分県における作業療法士求人の特徴(2)完全週休二日制を採用している施設がある
施設によっては、完全週休二日制を土・日で採用しています。家族・知人と予定を合わせやすく、ワークライフバランスを保つことが可能です。

2.【大分県】作業療法士の平均給与

以下では、大分県と全国の作業療法士の平均年収を紹介します。なお、平均給与は作業療法士だけでなく、理学療法士・言語聴覚士・視能訓練士も合わせた統計値である点に注意してください。

作業療法士の平均年収
男女平均 男性 女性
全国 約419万円 約439万円 約397万円
大分県 約398万円 約409万円 約381万円

(出典:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」/
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/index.html

大分県における男女を含めた平均年収は全国に比べ、約20万円低い状況です。大分県の平均年収が低い理由は、「残業なし」「経験不問」の作業療法士求人の占める割合が高いためと考えられます。

マイナビコメディカルに掲載されている、大分県における作業療法士求人のモデル年収を見ると、ほとんどが350万円前後の傾向です。ただし、施設によっては年収が400万円を超える場合もあります。

また、資格手当・皆勤手当などの有無によっても給与が1万円前後変動するため、支給される諸手当の種類・金額も確認すべき項目です。

3.【大分県】作業療法士の求人が多いエリア

最後に、大分県の作業療法士求人が多いエリアにおける求人情報の特徴を紹介します。

求人情報の特徴
大分市 ・求人件数が県内のなかで最も多い
・年収レンジは250万~380万円である
日田市 ・残業少なめの求人や、年間休日120日以上の求人がある
・経験者である場合は、年収400万円以上を得られる可能性がある
中津市 ・賞与実績が4か月以上の求人がある
・家族手当や皆勤手当など、諸手当が充実している

大分県では経験の有無だけでなく、勤める施設によって100万円近く年収が変動する傾向にあるため、エリアに関係なく求人情報を比較することが大切です。

大分県で最も求人数が多いエリアは、大分市であり半数を占めます。それ以外では、日田市・中津市に複数の求人があるのみで、別府市・杵築市の求人数は1件です。そのため、大分県で作業療法士の求人を探す際は、大分市を中心に探すことが基本となるでしょう。

また、日高市・中津市に在住している人であれば、大分県と隣接する福岡県・熊本県・宮崎県も含めて作業療法士の求人を探すと、選択肢が広がります。

まとめ

大分県の施設数は全国と比較すると、病院は同数程度であり一般診療所は少ないといえます。ただし、人口が同水準である宮崎県と比較すると施設数に大差はなく、大分県の施設数が特別少ないとはいえません。

大分県では、「おおいた高齢者いきいきプラン」という介護事業に力を入れた取り組みが実施されています。大分県の求人数は多くありませんが、高齢化に伴い今後は作業療法士の活躍できる場面が増えていくでしょう。

大分県で作業療法士の求人を探す際は、人口・求人数の多い大分市を中心に探してみるとよいでしょう。

※当記事は2021年7月現在の情報をもとに作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。