【理学療法士(PT)向け】 履歴書作成のポイント・職場別の例文も

更新日 2022年11月11日 公開日 2022年06月27日

#書類準備 #応募 #面接・選考

理学療法士は、病院や介護施設、在宅医療・介護の現場、企業などのさまざまな領域で活躍できますが、理想の職場でこれまでの学びを生かすには、就職・転職活動を成功させることが肝心です。採用側は履歴書を見て、応募者の人物像を大まかに把握するため、まずはポイントを押さえた履歴書の書き方を習得しておきましょう。

当記事では、履歴書を作成する際に意識するべきポイントや注意点を詳しく解説します。履歴書のなかで特に重要視される「志望動機」についても、病院、クリニック、介護福祉施設など、職場別の例文を紹介しますので、理学療法士として就職・転職をお考えの方は、ぜひお役立てください。

初めてでも安心!キャリアアドバイザーが
書類の添削も行っています♪(完全無料)
img

【理学療法士(PT)向け】履歴書の各記入欄の書き方

履歴書は、応募先からの指定がない限り、任意の履歴書用紙を使って構いません。ただし、新卒採用と中途採用では履歴書におけるアピールポイントが異なります。新卒の方は「職歴」の欄が短い代わりに、「趣味」「特技」「自己PR」の項目が設けられている履歴書を選ぶと記入しやすいでしょう。一方、転職回数が多い方は、職歴を多めに書けるフォーマットを選ぶのがおすすめです。

履歴書の作成方法は手書き・パソコンのどちらでも問題ありません。ただし、丁寧な字を書くことが苦手な場合は、読みやすさの面からも、基本的にはパソコンで作成するほうが良いでしょう。以下では、理学療法士の方に向けて、履歴書の各記入欄の書き方・ポイントを紹介します。

基本情報記入欄の書き方・ポイント

日付、氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスといった情報を記入し、証明写真を貼付します。

日付は、履歴書の記入日ではなく、郵送ならば送付日、面接に持参するならば面接日を記入しましょう。年の表記は西暦・和暦のどちらでも構いませんが、履歴書全体で統一してください。住所は、番地やマンション名を省略せず、住民票の通りに記入しましょう。

証明写真は、3カ月以内に撮影したものを使用します。理学療法士としてふさわしい清潔感のある身だしなみで、明るい印象の写真を使うと好印象でしょう。

学歴・職歴記入欄の書き方・ポイント

学歴・職歴欄は、古い経歴から順番に書くのが一般的です。学校名や施設名、所属部署は正式名称で記入しましょう。

どの時点からの学歴を書くかは厳密に決まっていませんが、義務教育期間を終えた高校以降を記載することが多いようです。入学・卒業の年月をきちんと書き、どの学校に何年間在籍したのかがひと目で分かるようにしてください。

職歴については、過去の職場が正社員採用だった場合、医療福祉分野でなくても記載するのが一般的です。パートやアルバイトの場合は、理学療法士と関係のある業務内容なら積極的に記載しましょう。すべての学歴・経歴を書き終えたら、次の行に右寄せで「以上」と記入します。

志望動機、自己PR、趣味・特技、本人希望記入欄の書き方・ポイント

志望動機や自己PRは、「これまで自分がどのような経験をしてきて、そうした経験を新しい職場にどう生かせるか」をアピールする項目です。仕事に対する熱意や意欲を自由に記入して構いませんが、誰が読んでも伝わるように簡潔かつ具体的な文章でまとめましょう。

趣味・特技には、できるだけ仕事に生かせるものを書くのが理想です。本人希望欄には具体的な希望を書かず、面接の際に仕事内容を確認しながら伝えると良いでしょう。

【関連リンク】【理学療法士(PT)向け】
職務経歴書作成のコツ・職場別の自己PR例文

【理学療法士(PT)向け】履歴書に書く志望動機の例文6つ

履歴書の志望動機欄はスペースが限られているので、「応募先を選んだ理由」「自分のスキルや強み」「理学療法士として活躍するイメージ」の3つを重点的に書くのがおすすめです。応募先の業務内容や理念を事前に確認し、自分の経験やスキルとの共通点をアピールすると、熱意が伝わりやすい志望動機になります。志望動機を固めておくと、書類通過後の面接でも堂々と発言できるでしょう。

ここからは、理学療法士が活躍できる施設ごとの志望動機例を紹介しますので、履歴書作成の参考にしてください。

病院求人に応募する際の例文

病気や事故によって心と体にダメージを負われた患者様の支えになりたいと考えています。私は学生時代にけがをして、リハビリを受けました。担当の理学療法士の方は、親身になって話を聞いてくださり、身体面だけではなく精神面でも支えられたことを覚えています。採用していただいた暁には、貴院で実習を行った際に指導してくださったスタッフの皆さんのように、患者様の気持ちを大事にできる理学療法士として精進したいと考えております。

病院では、さまざまな疾病、病期の患者さまを担当することになるため、積極的に学んでいく姿勢や、他職種との協働といった点を志望動機に盛り込んでみましょう。中途採用の場合は、これまでの経験と新しい職場の仕事内容を結び付けて、志望動機を作成してみてください。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
病院勤務の理学療法士求人を探す

クリニック求人に応募する際の例文

病院での経験を生かして患者様の在宅生活を支援したいと考え、貴院を志望しました。5年間勤務しているリハビリテーション病院では、回復期の患者様を担当しています。病院では順調にリハビリが進んでも、自宅に戻ると機能低下が見られる患者様が多く、もどかしい思いをしていました。貴院の「住み慣れた地域で安心して暮らしていただく」という理念のもと、患者様とのコミュニケーションを大事にしながら、その人らしく過ごせるように支援したいです。

クリニックの理学療法士には、決められた期間で効果的なリハビリを提供するスキルが求められます。これまでの経験から学んだ「患者さまに向き合う姿勢」について記載すると、具体性のある志望動機になるでしょう。

また、クリニックは診療科によってリハビリ内容が異なるので、応募先がどのようなリハビリを提供しているのか事前に調べておくことも大切です。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
クリニック勤務の理学療法士求人を探す

介護福祉施設求人に応募する際の例文

利用者様のよりよい生活のため、チームでの支援に力を入れたいと考えています。前職の総合病院では、医師、看護師、栄養士、作業療法士、言語聴覚士といった他職種とチームを組み、支援に必要な情報を積極的に交換しておりました。他のスタッフからご本人様の普段の様子を聞くことで、限りある時間のなかでも効率的なリハビリができます。チームケアを大事にしている御社の介護老人保健施設ならば、これまでの経験が生かせると考えて志望いたしました。

介護福祉施設では、歩行、入浴、排せつといった生活のさまざまな場面に必要な訓練を行います。利用者さまの日常生活をサポートするには、他職種との協働が欠かせないため、チームでの連携や支援の経験は志望動機に書きやすいエピソードです。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
介護福祉施設勤務の理学療法士求人を探す

訪問リハビリ(在宅医療)求人に応募する際の例文

介護老人保健施設で理学療法士として働いていましたが、在宅復帰後の支援に携わりたいと考え、貴所を志望しました。業務のなかで、利用者様がその人らしく暮らせるのは自宅だと気付き、お手伝いをしたいと考えるようになりました。現在は、利用者様の在宅復帰にあたって、福祉用具の選定や住宅改修にも関わっています。これまで培った知識や他職種との連携力を発揮し、利用者様のニーズに合ったリハビリを提供したいです。

訪問リハビリは、利用者さまの自宅で支援を進めることになるため、臨機応変な対応が求められることも少なくありません。理学療法士が1人で利用者さまや家族に対応する場面も出てくるので、家族に対する支援の経験やスキルがあれば、志望動機に盛り込んでみると良いでしょう。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
訪問リハビリ(在宅医療)の理学療法士求人を探す

企業求人に応募する際の例文

理学療法士の業務経験を生かして、病気やけがを予防する機能訓練に関わっていきたいと考えています。総合病院で急性期・回復期の患者様を支援するなか、日頃の生活習慣が予後に大きく関わっていることを知りました。貴社のスポーツジムで採用いただいた際には、会員様の健康な体を作るお手伝いとして、理学療法士の観点から一人ひとりの体質や習慣に合わせたメディカルフィットネスを提供したいと考えています。

理学療法士を募集している企業は、福祉用具取扱業者、リハビリ機器販売業者、スポーツジムなど多種多様です。企業によって理念や業務内容も異なるため、事前にしっかりと企業研究を行い、自分のスキルや強みといかにマッチしているかをアピールしましょう。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
企業勤務の理学療法士求人を探す

保育園求人に応募する際の例文

子どもとじっくり関わり、成長の手助けをしたいと考えています。在職中の病院では、発達障害児や肢体不自由児のリハビリを担当する機会が多くありましたが、限られた時間のなかで関わるため、生活の全貌が見えない部分もありました。もともと療育に興味があったため、子どもとまっすぐ向き合いたい気持ちを強く持っています。転職先を探していたところ、求人情報に掲載されていた貴園の自然豊かな環境を知り、のびのびとした環境で子どもたちを支援したいと思い、志望いたしました。

理学療法士の保育園求人は、障害児の療育分野が多くなります。療育は、治療や機能回復と異なり、子どもの成長に合わせて支援方法を工夫する分野です。自分の経験、スキルとともに「子どもを支援したい」という熱意や意気込みを書くと、心に響く志望動機になるでしょう。

【関連リンク】マイナビコメディカルで
保育園勤務の理学療法士求人を探す
マイナビコメディカルの
キャリアアドバイザーに転職相談する(完全無料)

まとめ

履歴書は、新卒採用か中途採用かによって使いやすいフォーマットが異なるため、自分に合った書式を選びましょう。住所や所属先の名称などは省略せず、誰が読んでも分かるように、簡潔かつ詳細に書くことが大切です。

志望動機は、履歴書のなかでも採用担当者の目に留まりやすい項目です。自分のこれまでの経験からスキルや強みを洗い出し、応募先の理念、業務内容とマッチするように書いていきましょう。事前にインターネット、パンフレットなどを用いて応募先の情報を収集しておくと、志望動機作成に困りません。

マイナビコメディカルに無料登録すると、非公開求人のご紹介が可能になります。経験豊かなキャリアアドバイザーが理学療法士の皆さまの転職をサポートいたしますので、自分らしい働き方を目指す理学療法士の方は、ぜひマイナビコメディカルにご相談ください!

【関連リンク】マイナビコメディカルで
理学療法士の求人を探す
転職のプロがあなたにマッチする
職場探しをお手伝いします♪
マイナビに相談する
【関連リンク】マイナビコメディカルへのよくあるご質問

理学療法士(PT)の転職ノウハウ 記事一覧

理学療法士(PT)の記事一覧を見る

人気コラムランキング

直近1ヶ月でよく読まれている記事を
ランキングでご紹介します。

職種・カテゴリから記事を探す

キーワードから記事を探す

著者・監修者から記事を探す