条件に該当するweb公開求人2件(1事業所・施設)※非公開求人は除く

信頼と実績のマイナビが運営する安心のサービスです

【山形県】臨床工学技士の求人情報|平均給与や求人が多い地域とは? 【山形県】
臨床工学技士の求人情報|平均給与や求人が多い地域とは?

臨床工学技士は、医師や看護師、臨床検査技師とともに医療機関で働き、透析業務や血液浄化装置、人工心肺装置の操作・管理を担当する重要な職業です。臨床工学技士免許取得者に対する需要は山形県においても高く、一定数の求人が存在します。

ここでは、臨床工学技士の求人を山形県で探すための基礎知識を紹介します。地域医療の現状や臨床工学技士の平均給与、雇用形態や勤務内容に関して詳しくご確認いただけます。
IターンやUターン転職を行い、山形県の医療施設等で理想のキャリアを掴むためのノウハウとして有効にご活用下さい。

1. 山形県における臨床工学技士求人の特徴

山形県では、全ての県民が安心して医療、保険等のサービスを受けることのできる体制を目指し、積極的な施策を実施しています。医療業界で働く人の教育や医療従事者等の育成に尽力する都道府県にも該当し、長期キャリアを志す人が働きやすい環境が整えられています。

県内に勤務する臨床工学技士の多くは、山形県臨床工学技士に所属します。山形県臨床工学技士会は、人工透析業務や手術機器の操作、管理など、実務に役立つ内容の学会や勉強会を定期的に開催し、会員の資質向上を支援する団体です。

このような山形県の臨床工学技士の求人は、病院から出されている点が特徴です。現状では、人口10万人に対し15.5人(常勤換算)の臨床工学技士が山形県内の病院で勤務しており、透析患者のケアや人工呼吸器管理などの仕事に携わっています。
診療所に勤務する臨床工学技士の人数は、人口10万人に対して2.3人程度(常勤換算)です。全国平均の約半数程度の水準に留まるため、今後の伸びしろが期待されます。

(出典:第7次山形県保健医療計画「職種別就業場所別従事者数(常勤換算)」/https://www.pref.yamagata.jp/ou/kenkofukushi/090001/plan_dept/hokeniryo_plan7/chapter5.pdf

1-1. 山形県の臨床工学技士採用状況

山形県は、県職員として、若干名の臨床工学技士の募集を行います。採用人数は、1名から2名程度が目安です。募集情報の詳細は、山形県職員採用案内ページに掲載されます。申込方法や受験資格を確認し、事前準備を行いましょう。

民間の病院・診療所・透析クリニックの行う求人は、転職サイトに掲載されます。希望する就業形態・募集職種・応募資格・プロフィールの登録などを行い、転職支援を受けましょう。
人気の求人は、新着情報に掲載を控え、非公開求人として扱うことがあります。転職支援を利用することにより、非公開求人の紹介を受けることが可能です。

山形県には、全国展開を行う医療法人の病院、年間300件以上の手術をこなす大規模な病院など、多様な医療機関が存在します。病院独自の教育制度や実務経験を通じ、スキルアップを実現できる求人も多く、思い描く将来像に応じた選択が可能です。

2. 【山形県】臨床工学技士の平均給与

山形県で働く臨床工学技士の平均給与は、月給18万円から26万円程度です。また、資格の保有状況や家族構成に応じ、8,000円から2万5,000円程度の各種手当が支給されます。各種手当まで含む給与で考えると、全国的な臨床工学技士の平均給与と遜色ない水準です。全国的な臨床工学技士の参考平均年収は300万~450万円程度となっています。

山形県の最低賃金時給は790円(2019年10月1日より)と、全国加重平均額を下回ります。この点を考慮すると、臨床工学士として転職を行うことは、山形県で効率的に収入を得るための有効な選択肢の1つといえます。
(出典:厚生労働省 「地域別最低賃金の全国一覧」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

山形県に勤務する臨床工学技士の年収は、経験キャリアや保有スキルにも影響されます。実務経験を積み、以下のようなスキルを身につけることで、平均給与以上の収入を得ることも可能です。

  • ・循環器病院勤務経験など、需要の高い経験を積む
    ・コミュニケーションスキルを養い、チーム医療に貢献する
    ・マネジメントスキルを磨き、管理職のポストに就く

さらに、臨床工学技士の年収は、施設形態にも左右されます。オーバーナイト透析を行う医療施設など、夜勤の多い職場を選択すると、夜勤手当の支給による年収アップが可能です。夜勤手当の支給額は、雇用企業や医療法人ごとに異なります。求人の比較を行う際には、勤務の実態を確認し、各種手当を含む推定年収で比較しましょう。

3. 【山形県】臨床工学技士の求人が多いエリア

山形県で働く臨床工学技士の多くは、村山地域の病院に勤務します。県庁所在地である山形市には大規模な医療施設が存在するため、求人の多いエリアです。

現状の地域別・臨床工学技士の常勤換算人数は、次の表の通りです。山形県で働く臨床工学技士の約半数は、村山地域に勤務します。

村山 最上 置賜 庄内 全県
病院 78.8 17.0 24.0 56.0 175.8
診療所 23.0 1.0 2.0 - 26.0
合計 101.8 18.0 26.0 56.0 201.8

(出典:山形県「第7次山形県保健医療計画」https://www.pref.yamagata.jp/ou/kenkofukushi/090001/plan_dept/hokeniryo_plan7/chapter5.pdf

奥賜地域の川西市、庄内地域の酒田市には、三次救急医療機関が存在します。三次救急医療機関とは、一次救急や二次救急では対応が困難である重症患者に対して、専門的な治療を行う施設です。人工呼吸器や患者監視器など、多くの医療機器を使用するため、救急医療に精通した人材の募集を行う求人が散見されます。

いずれのエリアの求人も、限定的な人数を募集することが多いため、タイミングが重要です。転職サイトの検索機能やサービスを有効に活用し、定期的な情報収集を行いましょう。

まとめ

山形県の求人情報の傾向や臨床工学技士の働き方、業務内容に関して紹介しました。無料の転職サポートを有効に活用し、非公開求人の紹介を受けることが理想の職場と出会うコツです。
転職サポートでは、求人情報の紹介だけではなく、履歴書の添削や模擬面接といった手厚い支援を行います。経験やスキルの効果的なアピール術を身に付け、自信を持ち、転職活動に臨みましょう。

臨床工学技士とひと口にいっても、働き方や職場環境、仕事内容は様々です。10年や20年といった長期的なキャリアプランを今一度見つめ直し、理想の働き方・職場を見つけましょう。

※当記事は2019年9月現在の情報を基に作成しています

自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。

エリアを選択

選択中:
北海道・東北
関東
関西
東海
中国・四国
信越・北陸
九州・沖縄

職種を選択

選択中:
セラピスト
医療技術職
その他・医療介護職

仕事内容・雇用形態を選択

選択中:
仕事内容
雇用形態

資格・こだわり条件を選択

選択中:
資格
こだわり条件