沖縄県言語聴覚士(ST)の公開求人一覧

条件に合う公開求人20

(16事業所・施設)掲載中

非公開求人

(1~15件目を表示中)

(1~15件目を表示中)

  • おすすめ特集

    • マイナビコメディカルに沖縄県の言語聴覚士(ST)求人はどのくらいありますか?
      沖縄県の言語聴覚士(ST)求人は20件あります。(2022年08月12日更新)
      サイト上に掲載されている求人の他に、非公開求人もございます。無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、全求人からご希望条件に合う求人を提案させていただきます。
    • 沖縄県の言語聴覚士(ST)求人ではどのような条件が人気ですか?
      沖縄県×積極採用中
      沖縄県×新卒OK
      沖縄県×残業少なめ
      沖縄県×正社員(正職員)
      沖縄県×病院
      他の条件でも人気の求人がございますので、「こだわり条件」から検索いただくか、お気軽にお問い合わせください。
    • 希望の条件の求人を紹介してもらうことはできますか?
      無料転職支援サービスにお申し込みいただくと、ご希望条件をヒアリングした上で求人をご提案いたします。情報収集や募集状況の確認も、お気軽にご相談ください。

    【沖縄県】言語聴覚士の求人情報|給与相場・人気のあるエリアも 【沖縄県】
    言語聴覚士の求人情報|給与相場・人気のあるエリアも

    観光地としても有名な、沖縄県における言語聴覚士の求人情報について、平均給与や求人数の多いエリアについて紹介・解説しています。沖縄県で言語聴覚士としての就職を目指している方は、ぜひ当記事をご覧ください。

    沖縄県は、沖縄本島を含めた大小160の島で構成されている県です。一年を通して温暖な気候であり、国内の観光地としても有名な県でもあります。
    そういった沖縄県の気候や、観光地ならではの雰囲気に魅力を感じて、沖縄県で言語聴覚士としての就職を考えている人も多いのではないでしょうか。

    そこで今回は、沖縄県における言語聴覚士求人の特徴や給料相場、求人の多いエリアについて詳しく解説・紹介します。

    1. 沖縄県における言語聴覚士求人の特徴

    言語聴覚士の求人募集が出されるところは、主に病院や一般診療所などの医療機関です。沖縄県における医療機関の施設数は、以下の通りとなっています。

    施設数
    病院 90
    一般診療所 900

    (出典:厚生労働省「医療施設動態調査(令和元年12月末概数)」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/m19/dl/is1912_01.pdf

    沖縄県の医療機関数は、同程度の人口規模がある鹿児島県と比べて、少ない傾向にあります。沖縄県に存在する全ての医療機関が言語聴覚士を募集しているわけではないため、一つ一つの求人をきちんと調べて、見逃さないようにしましょう。

    また、沖縄県における言語聴覚士の求人には、以下のような特徴があります。

    ●少人数施設のアットホームな職場が多い
    沖縄県は観光客などが多く訪れるため、医療人材の需要は低いものではありません。言語聴覚士は総合病院のような大規模施設だけでなく、一般診療所・介護施設・福祉事業所からも求められています。施設運営が少人数の求人は、アットホームな職場で働きたい方におすすめです。
    ●自動車で通勤できて無料駐車場ありの職場が多い
    沖縄県の鉄道は、那覇市・浦添市間を結ぶモノレールのみとなっています。県内の主な公共交通機関はバスであり、勤務地への交通手段が限られていることは注意しましょう。
    そのため、沖縄県の言語聴覚士求人では、車通勤可・無料駐車場ありの職場が多く見られます。
    ●リハビリ施設・精神科施設などさまざまな施設から募集されている
    言語聴覚士の仕事内容は、障害を持つ高齢者や施設利用者のサポート・日常生活支援・機能訓練を行うことです。そのため、リハビリ施設・精神科施設など、のさまざまな施設からも求人が出されています。

    2. 【沖縄県】言語聴覚士の平均給与

    全国における言語聴覚士の平均年収と、沖縄県における言語聴覚士の平均年収は、以下の通りとなっています。

    全国の平均年収(※) 約300~400万円
    沖縄県の平均年収 約270~320万円

    (※出典:厚生労働省「平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果」/https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/19/index.html

    沖縄県における言語聴覚士の平均年収は、求人情報に掲載されている正社員の月給・年収情報から算出した金額です。

    全国の平均年収と比べると、沖縄県の平均年収は低い水準であることが分かります。
    ただし、上記金額はあくまで平均であり、住宅手当・職務手当・子供手当などの諸手当が充実している職場を選べば、平均を上回る給与を得ることも可能でしょう。

    非常勤の雇用形態であるパートの求人を探す際は、都道府県の最低賃金を基準として考えましょう。沖縄県の最低賃金は、以下の通りです。

    沖縄県の最低賃金(※) 790円

    沖縄県における非常勤の言語聴覚士求人では、時給1,500円など高時給の求人が見られます。子育てや介護といった事情で正社員勤務できない方は、パートの言語聴覚士として働くことがおすすめです。

    また、職場選択には給与だけでなく、福利厚生の充実も重要です。
    仕事とプライベートのバランスがとれた快適な生活を送るためには、給与と福利厚生、両方の充実が必要であると言えるでしょう。

    3. 【沖縄県】言語聴覚士の求人が多いエリア

    沖縄県の医療機関は、病院・一般診療所ともに、沖縄本島に集中していることが特徴です。そのため、沖縄県における言語聴覚士求人は、沖縄本島をメインにして探しましょう。

    沖縄県の中でも、言語聴覚士の求人が多いエリアは、那覇市・浦添市・沖縄市の3つです。とくに那覇市は、県庁所在地でもあるため、良条件の求人を見つけやすいでしょう。
    それぞれのエリアにおける特徴を、3つのポイントに絞って紹介します。

    求人情報の特徴
    那覇市 ・病院や訪問看護ステーション、リハビリテーションセンターなどさまざまな施設の求人がある
    ・高年収の求人が多い
    ・モノレール駅から徒歩圏内の求人が見つかる
    浦添市 ・放課後等デイサービスなど児童と関わる業務内容の求人がある
    ・教育体制が整ったアットホームな職場で働ける
    ・常勤だけでなくパートの募集も多い
    沖縄市 ・老人ホームなど高年収を狙える介護職求人がある
    ・諸手当の充実した求人が多い
    ・年間休日が充実した求人を見つけられる

    沖縄本島南部の那覇市と浦添市は隣接している市です。言語聴覚士求人の多い市が隣接しているため、那覇市・浦添市に絞ることでも効率良く求人探しが行えます。沖縄市は沖縄本島の中部に位置しており、島北部・中部で勤務したい方におすすめのエリアです。

    まとめ

    沖縄県における言語聴覚士の平均年収は、約270~320万円となっています。全国の平均年収額に比べると低い金額ではあるものの、諸手当が充実した求人ならば平均以上の収入を得ることもできるでしょう。
    アットホームな職場やマイカー通勤可能など、働きやすい環境が整えられている点が、沖縄県における言語聴覚士求人の魅力の一つです。

    沖縄県は医療機関の施設数が少なく、言語聴覚士求人も常に出ているわけではありません。求人を探す際には、言語聴覚士求人が多いエリアである、那覇市・浦添市・沖縄市を中心に探すことで、効率良く就職先が見つけられます。
    沖縄県で言語聴覚士として就職を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

    ※当記事は2020年3月現在の情報を基に作成しています

    自分に合った求人が見つからない方へ求人の40%は非公開求人です。

    「マイナビコメディカル」では、全求人のうち約40%がサイトに掲載できない「非公開求人」。サイトに掲載している求人も企業名非公開がほとんどです。事業戦略に関わる採用を他社に知られたくない、応募の殺到を避けたいなど求人企業によって理由は様々。無料転職サポート」にお申込みいたただくと、キャリアアドバイザーが、「非公開求人・企業名非公開求人」を含む多数の求人の中から、あなたのご経験と、5年・10年後のキャリアプランを考慮した求人をご紹介いたします。